1. トップ
  2. マツコも驚くスイカの新常識!“音”に魅力が詰まったスイカを堪能する<マツコの知らない世界>

マツコも驚くスイカの新常識!“音”に魅力が詰まったスイカを堪能する<マツコの知らない世界>

  • 2020.8.18
  • 653 views
「スイカの世界」を語る佐藤洸氏
(C)TBS

8月18日(火)放送の「マツコの知らない世界」(毎週火曜夜8:57-10:00、TBS系)では、「スイカの世界」と「仏像の世界」を紹介する。

【写真を見る】仏像に魅了された現役高校生・宮沢汰佳氏

「スイカの世界」を語るのは、音でおいしいスイカが分かるという絶対音感を持つ佐藤洸氏。

スイカの産地としても有名な熊本生まれの佐藤氏は、子供の頃から1日に大玉1つを平らげるほどのスイカ好きで、18歳でブランドスイカと出合い、全国から取り寄せして食べ比べていたと明かす。

そんな佐藤氏が「叩く」「切る」「食べる」の3つのおいしい音の話を披露するとともに、それぞれの特徴が際立った産地直送のスイカを紹介する。

また、スイカ業界に革命を起こすといわれている最新のスイカ2大品種をマツコデラックスがスタジオで食べ尽くす。さらに、2021年発売予定の最も高い糖度を8年越しに叩き出した貴重なスイカを一足早く味わう。

これまでに300体以上の仏像を制作

そして、幼少期からなぜか仏像を見て興奮していたという現役高校生の宮沢汰佳氏が「仏像の世界」を紹介する。

宮沢氏は、絵本の代わりに母親から贈られた仏像の本で拍車がかかり、3歳で奈良・興福寺の木造千手観音菩薩立像のとりこになった。

また、幼稚園時代から仏像作りを始め、これまでに300体以上の仏像を制作してきたという宮沢氏は、今では全国の仏像を巡りながら、250体以上の仏像を所有。自作の本堂にまつり、毎日、登校前に般若心経を唱える日々を送っている。

宮沢氏はなぜ、仏像に魅了されて求め続けるのか、マツコもおもわず共感したその理由を明かす。さらに、宮沢氏お薦めの仏像を紹介するとともに、その表情や特徴、由来などを紹介。

そのほか、芸術品としての価値が高い彫刻作家の作品や歴史的価値が高いもの、今風のものなど多種多様な仏像を公開する。(ザテレビジョン)

元記事で読む