1. トップ
  2. ダイエット
  3. 1日1回! 夏冷えで体がガチガチ&たまった疲労を解消するストレッチ

1日1回! 夏冷えで体がガチガチ&たまった疲労を解消するストレッチ

  • 2020.8.18
  • 6303 views
寒川さんの肩甲骨周りストレッチ

夏冷えによる疲労を解消するストレッチ

寒川さんが脚を開いて立っている

(1)両脚を肩幅に広げ、つま先を外側に向けて立ち、両ひじをつかみ、肩の力を抜きます。

寒川さんがお尻を下ろしている

(2)(1)のポジションのままお尻をななめうしろに下げて、ゆっくり息を吐きながらひざの高さまで下ろして5秒キープします。つかんでいる両腕は肩の高さまで前に出します。ひざはつま先より出ないことがポイント。

寒川さんが脚を開いて立っている横側

(3)ゆっくりひざを伸ばし、両腕をもとの位置に戻します。これを10セットくり返します。

次は肩・肩甲骨周りのストレッチです。

右側の肩甲骨周りのストレッチ

(1)脚を肩幅に広げて背すじをまっすぐに伸ばして立ちます。
腕を上げて右ひじを左手でつかみ、わきを伸ばし肩甲骨を寄せるイメージで5秒キープ。
腕はなるべく頭のうしろ、顔が前に倒れないように正面を向いたまま。お腹に力を入れて腰が反らないように気をつけます。

左側の肩甲骨周りのストレッチ

(2)逆側も同じように、左ひじを右手でつかみ、わきを伸ばし肩甲骨を寄せるイメージで5秒キープ。左右交互に5セットくり返します。

次にフェイスタオルを用意します。
脚のストレッチです。

タオルを使って右脚をストレッチ

(1)あお向けに寝転び、タオルを右足裏にかけてひざをまっすぐに伸ばし、右脚を90度近くまで持ち上げます。つま先を手前に倒すように足首を曲げて太ももの裏側をしっかり伸ばして10秒キープします。自然な呼吸を意識しながら行います。

タオルを使って左脚をストレッチ

(2)左脚も同じように90度近くまで持ち上げて、つま先を手前に倒すように足首を曲げて太ももの裏側をしっかり伸ばして10秒キープ。左右交互に3回ずつくり返します。

入浴剤&マッサージオイルは疲労解消にマスト!

入浴剤とオイル

私たちは汗をかくことで体温を調整していますが、肌が冷たくなっていたり、1日中エアコンの効いた部屋にいると足先やお尻、腕や肩周りが冷えることもあります。

そんな日は入浴剤を活用して1日の冷えや疲労を回復させたり、マッサージオイルで肌の保湿をしながらリンパを流すだけでも疲労解消のサポートになります。

エアコンによる体の冷えや疲労をため込まないように、休憩中やお風呂上がりに太ももや肩甲骨周りをストレッチを行い、入浴剤やマッサージオイルなどのアイテムをとり入れながら疲労ケアを行ってみてはいかがですか?

元記事で読む