1. トップ
  2. 檀れいと国仲涼子、Wヒロインが“嫉妬”バトル

檀れいと国仲涼子、Wヒロインが“嫉妬”バトル

  • 2020.8.16
  • 533 views
檀れい・国仲涼子がWヒロインを演じる「嫉妬」が8月16日放送
(C)テレビ朝日

8月16日(日)夜9時から、檀れいと国仲涼子がWヒロインを務める「ドラマスペシャル 嫉妬」(テレビ朝日系)が放送される。タイトルの通り、二人の女性が“嫉妬バトル”を繰り広げる。

【写真を見る】喪服に身を包んだ野口姿津花(檀れい)と、野口聖子(トリンドル玲奈)

故・藤本義一氏の同作は、1971年に岩下志麻と浅丘ルリ子の共演で映画化された。今回、現代版へとアレンジを加え、およそ半世紀の時を経て復活した。

主人公・野口姿津花(しづか)(檀れい)は誰からも妬まれないよう目立つことを避け、“嫉妬”という感情とは無縁の人生をひっそりと送ってきた平凡な主婦。

だがある日突然、夫の高史(たかし)(原田泰造)が、銀座のクラブママ・永井文奈(ふみな)(国仲涼子)と心中事件を起こして死亡。ただ、文奈は一命を取り留める…。

夫の裏切りに一度は奈落の底に突き落とされた姿津花だが、“ある出来事”から夫は正義のために動いて殺されたのではないかと直感する。

真実を突き止めるため、偽名を使い、メークを変えて別人に成りすまし、ホステスとして心中相手の文奈がママを務めるクラブに潜入する。

野口姿津花役 檀れいコメント

――別人になりすまして夫の死の謎を探る野口姿津花を演じられましたが、演じる上で大切にしたことは?

このドラマは自分の気持ちを抑えて生きてきた姿津花が、夫の死の真相を突き止めるために嫉妬と不安の感情の中で真実にたどり着いていく物語。1枚1枚、薄紙がはがれていくかのように変わっていく姿津花を表現できれば…と思いました。

――同じ女性として、姿津花のことはどう思いますか?

大切なものを失い、真実を突き止めようとする彼女の強さには、とても共感することができました。

――国仲さんと“女の闘い”を演じるに当たって、話し合われたことは?

撮影に当たって、お互い話し合って…というようなことはありませんでした。国仲さんとのお芝居は、「今日はどう来るのか!」という緊張感を持ってワンシーンごとに撮影しました。

はぐらかされたり、揺さぶられたり…つかみどころのない文奈を追いつめるために丁寧に演じました。

永井文奈役 国仲涼子コメント

――今回の役柄を演じる上で大切にされたことは?

脚本を読んで、つかみどころがなく、行動が読めない、何を考えているのか分からない女性をイメージしました。

それでいて、つらい経験があったからこその“強さ”と、男性を本気で好きになってしまった“弱さ”みたいなところも見せたいと考えました。

――檀れいさんと“女の闘い”を演じるに当たって、話し合われたことは?

檀さんとは、現場ではほとんどお話しすることはありませんでした。不思議とそういう(打ち合わせなどの)会話もなく、だからこそ、いい意味でお互いにピリッとした現場を作ることができたんだと思います。(ザテレビジョン)

元記事で読む