1. トップ
  2. UFC最新大会、メインは「ミオシッチvsコーミエ Vol.3」! 完全決着戦のゆくえを“世界のTK”が展望

UFC最新大会、メインは「ミオシッチvsコーミエ Vol.3」! 完全決着戦のゆくえを“世界のTK”が展望

  • 2020.8.15
  • 507 views

WOWOWライブでは、 アメリカ・ネバダ州ラスベガスのUFC APEXにて開催される「UFC252」の模様を、8月16日(日)朝11:00より生中継する。

【写真を見る】UFC226で行われた第1戦では、ダニエル・コーミエが王座を奪取!

新型コロナウイルスの感染対策として無観客にて開催される今大会。メインイベントは、スティーペ・ミオシッチとダニエル・コーミエによるヘビー級タイトルマッチだ。

両者はこれまで2度タイトルを懸けて戦い1勝1敗。今回が決着戦となる注目の一戦の見どころを、WOWOW「UFC-究極格闘技-」の解説者としても知られる“世界のTK”高阪剛に語ってもらった。

過去2戦を分析し見えてきたのは二人の“弱点”!?

王者・ミオシッチと挑戦者・コーミエによる3度目のヘビー級タイトルマッチは大注目! 「UFC252」がWOWOWライブにて8月16日(日)放送
Getty Images

――王者ミオシッチvs挑戦者コーミエのヘビー級タイトル戦は、1年ぶりの再戦となります。ミオシッチにとっては3試合連続でコーミエ戦です。

高阪剛:これはやりにくいでしょうね。お互いに手の内がわかった上で、勝つための戦略を練らなければならないわけですから。

今回、改めてミオシッチvsコーミエの1試合目と2試合目を見てみましたが、この2試合は“未知の部分”があったからこその展開になっている。例えば1試合目の時、コーミエは序盤、ミオシッチの打撃を過剰に警戒していたように見えたんです。

――ミオシッチはそれまで、マーク・ハント、ファブリシオ・ヴェウドゥム、アリスター・オーフレイム、ジュニオール・ドス・サントスといったそうそうたるヘビー級の猛者をKOしています。

高阪:だからコーミエは“打撃を食らうのは嫌だ”という意識が先行して、体を横に向けて顔を背けるようなシーンが何回かあったんです。

でも、何度かクリーンヒットではないパンチを受けてから、“そこまで恐れるほどじゃない”と感じたんじゃないかと思うんです。これは超一流であるコーミエレベルでの話ですが。

――これまで戦ってきた相手と比べて、飛び抜けてパンチが強いわけじゃないぞ、と。

高阪:それをコーミエが感じて、思い切って前に出てクリンチが組めてからアッパーを入れたら、ミオシッチが少し嫌がったので。そこからペースを握りだしたんです。

そもそもコーミエって顔面が打たれ強いので、ミオシッチの方からすると、「これだけ打撃でプレッシャーをかけているのに、なんでこいつは怯まないんだ?」という感じだったと思うんです。そしてクリンチを対処している時、至近距離の右フックをもらってしまいKOされてしまった。

【写真を見る】UFC226で行われた第1戦では、ダニエル・コーミエが王座を奪取!
Getty Images

――コーミエが王座奪取したのが1試合目でした。

高阪:そして再戦となる2試合目は、コーミエが最初から打撃を恐れずミオシッチの顔面を狙いにいって。チャンスがあったらテイクダウンを狙いにいくという展開で正直、余裕がありましたよね。

ところが3ラウンドに一回、ミオシッチの前蹴りが入ってコーミエの動きが一瞬止まったんです。そこから今度はミオシッチの方が、「コーミエは顔面は怖がらないけど、腹に穴があるんじゃないか?」と悟ったんじゃないかな。そこからボディを執拗に攻撃して、4ラウンド目はほぼボディ狙いで。そこから打撃で畳み掛けましたね。

――逆転TKO勝ちで王座を奪回しました。

高阪:なので2試合を並べてみると、どちらも最初に劣勢だった方が、試合中に活路を見出して逆転勝ちしているんです。これなんか、手の内が完全にわかっていないからこその試合展開だったと思うんです。

相手を知り尽くした二人が見せる「新たな戦略」とは?

――今回は、お互い手の内がしっかりとわかった上での3試合目になると。

高阪:だからこの3試合目はお互いやりづらいと思うんです。コーミエからしたらボディブローのディフェンスはしっかりと準備してくるでしょうけど、ミオシッチもそれを見越しているから、そのままボディ狙いでくるとは考えにくい。また、相手の攻撃に対処するというやり方だと、どうしても後手後手に回ることになりますから。

――となると、先の先を読むというか、また新たな戦略を考えなければならないわけですね。

高阪:そういうことです。だからコーミエ側からすると、抜群のレスリング力を持っていながら、1回目も2回目もそこまでタックルを混ぜてくることはなかったし、グラウンドコントロールに徹することはやっていないので。前半は寝かせたり、ケージレスリングで体力を削っておいて、後半、打撃勝負を仕掛けるということも考えられます。

UFC241での第2戦では、スティーペ・ミオシッチが逆転KOで王座奪還!
Getty Images

――コーミエ自身も「今回はテイクダウン地獄を味わわせる」と言っています。

高阪:テイクダウンまで行かなくても、ケージに押し付けてのコントロールも容易でしょうからね。ケージに押さえつけられているだけでも体力は奪われているので、そこもミオシッチは気をつけながら試合をしなきゃいけない。

だからコーミエの攻撃にミオシッチがどう対応するか、という展開になると思うんです。普通、挑戦者が王者への攻略法を練るものですけど、この二人に関しては、王者の方が対策に時間をかける必要がある。

――確かにコーミエにとって、ミオシッチのような長身(193cm)のストライカーは、今までライトヘビー級時代も含めて何度も戦っていますが、ミオシッチにとってはコーミエのような体の小さいトップレスラー(180cm)との対戦というのは、コーミエだけです。

高阪:だからコーミエ相手の時だけ、練習内容も試合の組み立ても変えなきゃいけない。またパンチの使い方がコーミエは独特なんです。基本、ジャブと右ストレートですが、微妙な距離設定なんですよ。

普通、こんな身長が低い選手は、ここにパンチは届かないだろうっていうところにも届いてしまう。だから、コーミエのパンチが届く距離を、いかに外して自分の打撃を入れることができるかが、ミオシッチとしてはひとつポイントだと思います。

3度目の激突で完全決着をもくろむ両者の戦いぶりは必見!
Getty Images

――また、コーミエはクリンチもうまいです。

高阪:ただ、ミオシッチも2回目の試合の時、コーミエが前に出て組もうとしてきたところを、サイドステップで体を入れ替えるシーンがあったんです。

前からその動きをやっていたのですが、組みに来る相手に至近距離でそれができたというのは、ミオシッチにとっても収穫だったかもしれない。

1試合目の時は、組みにきたコーミエを前に押し返すか、後ろに下がるかしかやってなかったんですが、「横にずらすと相手がこんな簡単にいなすことができるんだ」という感覚がつかめていたら、あの“いなし”の技術は一つのキモになるかもしれない。

――そこで組ませずに、コーミエにペースをにぎらせなかったら、ミオシッチがKOする可能性も高まるという。

高阪:そうですね。組もうとしたところをいなされると、絶対に対応が遅れるんですよ。そういう時に打撃をもらったりするものなので。

だからスタンドの攻防も、単純に打撃だけでなく、そういった組みも交えた探り合いという、高い次元での攻防が見られるんじゃないかと思います。

――ヘビー級だけれども、大味ではなく細かい技術も駆使した試合になるだろうと。

高阪:そうです。ですから、今回はヘビー級の迫力はもちろんですが、細かい技術の攻防までじっくりと見てほしいですね。(ザテレビジョン)

元記事で読む