1. トップ
  2. 恋愛
  3. 愛妻家芸能人が語った正論 浮気バレと離婚で2億円失うリスク

愛妻家芸能人が語った正論 浮気バレと離婚で2億円失うリスク

  • 2020.8.15
  • 795 views

男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。昨今の夫婦の話題といえば浮気や不倫ばかりで、世の男性はみんな浮気するというイメージを持ってしまうと先の結婚生活も不安になりますよね。
しかし、大丈夫です。安心してください。奥さんが一番大事で、浮気をしない男性もきちんと存在するのです。そんな愛妻家さんたちのお話をご紹介したいと思います。

【山崎世美子のオトナ女子相談室】

そもそも浮気とは? 浮気の定義

その浮気はおいくら?(写真:iStock)
その浮気はおいくら?(写真:iStock)

“浮気”と言っても、どこからが浮気なのかというボーダーラインは人それぞれに異なります。極端な話、異性と2人きりでディナーに行くのがアウトの人もいますが、ひとまずプロのお店以外で肉体関係があるというのが“浮気”と定義づけましょう。

「私の知らない女とこっそりLINEのやりとりしているのも許さない!」という旦那大好きオトナ女子もいます。SNSが普及した今では新たな出会いは簡単に作れます。特に女性の浮気が増えたのもこれが大きな原因です。

その浮気、そんなに値打ちありますか?

それでも浮気したいのか(写真:iStock)
それでも浮気したいのか(写真:iStock)

かつて、「なるほど」と思わずうなってしまう理論で浮気をしない理由を語ったのが芸人の土屋晃之さん(47)。愛妻家芸人との呼び声も高い土屋さんは「浮気がバレて離婚することになると、仕事も減るし、子供4人分の養育費払って慰謝料払って、家も明け渡してって考えると、なんだかんだ言って2億円ぐらいの損害になるんじゃないの?」と浮気の代償の大きさをイメージしやすく語ってくれたのです。

とどめには「その浮気に2億円の価値があるのか?」とのぼせ上ったオトコたちが目を覚ますような発言をしてくれました。もっとわかりやすく言うと、「その浮気に2億円の価値」→「そのエッチに2億円の価値」と言葉を変換するだけで、目からウロコ。もっと尻込みするのではないでしょうか。

よく昔から使われる他人へのアドバイスで、「そんなに時間にルーズだと、あなた自身が損するわよ」というフレーズは、なんとなく伝わるもののピンとはきません。「そんなに時間にルーズなら“5万円”損するよ」といった具合に、遅刻にはきちんと罰金があり、お金を失うことになると認識させたほうが、気も引き締まり、同じ失敗は繰り返さないはずです。

具体的に金額を織り込んで「浮気リスク」を語ってくれたつっちーさんに感銘を受けたものです。

誰にでも優しいのは、特定の人には優しさではない

いつだって妻のことが最優先(写真:iStock)
いつだって妻のことが最優先(写真:iStock)

「嫁さんが今日死んだら明日ボクも死にます」――。こう話す有名な愛妻家・伊集院光さん(52)があるテレビ番組で語っていたこと。

「こんな不細工なボクと結婚してくれただけでも感謝ですよ~。ボクは奥さんがこの世で一番大好きなんです」

こんな美しい謙虚な考え方の人ばかりなら、きっと世の中、平和で戦争もなくなりますね。

周りからヤジを言われて「もし飛びきり美女から『ご飯誘ってください』って言われたらどうするんや!?」という質問に対しては、「行きませんよ。もしどうしても行かなくてはいけないなら、嫁さん呼んで3人で食事します」。(スタジオどよめき)

「誘った女性が傷ついて泣いたらどうする?」と聞かれた時に放った言葉は最高でした。

「うちのカミさんがチョットでも悲しい顔をするぐらいだったら、別にその美人が泣いたって構わないです」と言ってのけたのです。えらいぞ! 伊集院光さん。誰にでも等しく優しいのは、特定の人にとっては優しさではありません。

まとめ

今回のコラムで紹介したお二人の芸能人は、結婚20年以上も経っていて新婚さんではありません。そう思わせる奥様方もすごいですが、芸能人というお仕事を通してたくさんの女性と知り合うチャンスもあるはずなのに、不倫リスクをしっかりと理解して奥様を大切にしています。

相手を心配な気持ちにさせないのが一番の愛情です。確かに「不倫」はいけないことですが、恋愛は理屈では割り切れないもの。そんな時はきちんとケジメをつけて再スタートするのもありです。

しかし、軽いノリで浮気交際を始めるのは何の得にもなりません。女性も同じく2億円の損失かもしれませんよ!

(山崎世美子/男女問題研究家)

元記事で読む