1. トップ
  2. ファッション
  3. ZUCCa 2015-16年秋冬コレクション - 現実と超現実の狭間で生まれる違和感の美

ZUCCa 2015-16年秋冬コレクション - 現実と超現実の狭間で生まれる違和感の美

  • 2015.5.5
  • 1283 views

ZUCCa(ズッカ)の2015-16年秋冬コレクションが発表された。

本コレクションのテーマを“Between The Real & Surrealism”としたZUCCa。現実と超現実の間に介在する、空間に着目したワードローブが展開される。

現実と超現実が出会うのは、偶発的な間違い。例えば、ボタンを掛け違えたようなピンクとブラックのトップスが象徴的なルックでは、ニットと光沢のある素材を、アシンメトリーに扱い世界観を表現。さらにスカートのドレープ感は、空間の歪みを意図しているのかもしれない。

抽象画が描かれたカットソーに、身頃にオリエンタルな装飾をあしらったジャケットを纏ったルックでは、ブラックのワントーンながら、パンツにはグレーのパッチワークをプラス。無造作にロールアップされた裾やレザーバングルの光沢も相まって、調和の中にどこか不自然さを残したコーディネートとなっている。

ホワイトのシャツワンピースは、袖に特徴が。人の目などのイラストがブラックでプリントされ、まさしくシュールリアリズムを象徴しているよう。また足元は、ストレッチレザーのレギンスとプラットフォームスニーカーが彩った。ファブリックの質感と好対照を演出している。

ダークグリーンのマキシワンピースには、グレーのニットスヌードでフォルムに変化を。マキシ丈のワンピースは重心が低くなりがちだが、ボリューム感のあり首元のニットを合わせることで、上下のバランスを心地よく保っている。