1. トップ
  2. メイク
  3. 抜け感と色気をまとめて演出【キャンメイク】限定色「クリームチーク」で自然な血色感をON

抜け感と色気をまとめて演出【キャンメイク】限定色「クリームチーク」で自然な血色感をON

  • 2020.8.13
  • 6193 views

潤いたっぷり、質感サラサラ。「頬にのせた瞬間スッと馴染む!」と大人気のキャンメイクの「クリームチーク」から、秋を感じさせる落ち着いたブラウン系カラーの“19 シナモンミルクティー”と“20 ビターチョコレート”が2020年7月31日より限定で発売されました。

抜け感と色気を肌に演出。秋トレンドを押さえた2つのカラー

限定発売された2色はどちらもブラウンベース。従来の「クリームチーク」にはなかった大人っぽさをプラスできるカラーとなっています。

抜け感と色気をまとめて演出【キャンメイク】限定色「クリームチーク」で自然な血色感をON

▲キャンメイク「クリームチーク」 限定2色 各¥580(税抜)

“19 シナモンミルクティー”は抜け感のあるミルクティーベージュで、ブラウンメイクや目元や口元のワンポイントメイク時にぴったりな血色カラー。チークレスなメイクをしたいときに、チークをなしにしてしまうと物足りないと感じてしまうときにオススメです。ベージュが肌の色に溶け込んで、頬の主張をせず自然な血色感を肌に与えてくれます。

抜け感と色気をまとめて演出【キャンメイク】限定色「クリームチーク」で自然な血色感をON

一方、“20 ビターチョコレート”は色っぽ肌を演出するピンクブラウンで、ブラウンが入っているため通常のレッド系のクリームチークよりも肌になじみやすく普段使いしやすいのが特徴。大人でも使いやすい赤みチークで、自然な発色とツヤ感でじゅわっと内側からにじみ出る血色感に仕上がるのでこれからの夏にもピッタリです。

一般的にクリームタイプのチークはファンデーションを剥がしてしまうイメージもありますが、キャンメイクの「クリームチーク」はサラサラな質感でパウダーファンデーションの上からでもスルっと馴染むのも優秀ポイント。一気にお洒落顔に仕上がるので、ぜひ早めにチェックしてみてくださいね。<text&photo:Ruka Suzuki>

元記事で読む