1. トップ
  2. レシピ
  3. アーモンドとプルーンが効く!? 食べれば生理痛が軽くなる2大食材&簡単レシピ

アーモンドとプルーンが効く!? 食べれば生理痛が軽くなる2大食材&簡単レシピ

  • 2015.5.5
  • 5016 views

生理がはじまる前から下腹部が重たい感じ、痛みを感じて憂鬱……。毎月の生理痛に悩まされている女性は多いものです。中では寝込んだり、仕事が手につかない人も。鎮痛剤で痛みを抑えることはできますが、毎月のこととなるとできればナチュラルに痛みを和らげたいですよね! 今回は、栄養学に基づいた、生理痛を軽減する効果が高い2大食材と簡単レシピをご紹介します。

生理痛の原因は血行不良!?

月経痛の主な原因は血行が悪いことにあるのだそう。冷え、新陳代謝が悪いと経血の通りが悪くなり、痛みを引き起こすケースが多いといわれています。お腹を温めると生理痛が和らぐのは血流がスムーズになるからです。日常で冷えないように注意したり、入浴や運動で代謝を上げておくことも大切です。また食べ物で血流をうながすこともできます! 下腹部を温めて血行を促進してくれるのは「アーモンド」と「プルーン」です。

アーモンドなら美肌効果も得られちゃう

アーモンドは食品の中でもビタミンEの含有量が一番多い食品といわれています。ビタミンEにはホルモン分泌作用、血行促進作用があります。美肌効果はもちろんですが、血行不良や冷えを改善して、生理痛を和らげる効果があるのです。1日6粒ほど目安に食べるとカロリーも気にせず食べやすいですよ!

プルーンなら不足しがちな鉄分も補給できちゃう

プルーンは、生理痛の原因である女性ホルモンのバランスを整える効果があります。また鉄分を多く含んでいるので、生理時に不足しがちな血液を補って、血のめぐりをよくします。生理による貧血予防にも役立ちます。鉄分が不足すると、顔のくすみや目のクマなどの原因になるので、生理中のお肌トラブルを解消するためにも、意識して食べておきたいですね!

ほっとリラックスおやつ【プルーンの紅茶漬け】

そのまま食べても美味しいプルーン。プルーンは生で食べるよりもドライの方が、ビタミンAや食物繊維の量が増えます。

材料・ドライプルーン:お好みの量

・紅茶:プルーンの2~3倍量

・ハチミツ・レモン:スプーン1杯ほど

作り方1.冷やした濃いめの紅茶にプルーンを漬けます

2.漬けたまま冷蔵庫で一晩冷やします3.お好みでハチミツやレモンを加えれば、簡単おやつのできあがり♪

生理時のご褒美おやつ【アーモンドキャラメル】

ハチミツでヘルシーに甘さを加えて。オリーブオイルも加えて美肌効果もアップ! 生理中の疲れを和らげてくれるあま~いおやつです!

材料・ハチミツ:50g

・レモン汁:小さじ2分の1

・オリーブオイル:小さじ2分の1

・スライスアーモンド:50g


作り方1.フライパンにオリーブオイルとハチミツを入れて火にかけ、レモン汁を加えて溶かします。

2.色づいてきたら火を止めて、スライスアーモンドを加えてかき混ぜます。

3.クッキングシートにのせて粗熱をとり、固まったら適当な大きさに切って出来上がり!

満足な甘さなのにとってもヘルシー。ポリポリした食感もクセになります♪ 美味しく食べて生理痛を改善しましょう!