1. トップ
  2. スキンケア
  3. そろそろ紫外線が気になる時期! 脱いだらガッカリ! にならないようにうっかり日焼けを防ぎたいパーツ

そろそろ紫外線が気になる時期! 脱いだらガッカリ! にならないようにうっかり日焼けを防ぎたいパーツ

  • 2015.5.5
  • 931 views

他人が見て一番うっかり日焼けが気になるのは首です。自分からは見えない場所なので黒く焼けていても気がつきにくいので要注意です。顔は真っ白をキープしているのにうなじが見えたら日焼けしているとなると、なんだか手抜きでだらしない印象まで与えてしまいます。

鼻や頬が日焼けしやすいように、突起している部分は日焼けしやすいのです。

また、耳の後ろも焼けやすいのですが、耳のあたりまで日焼け止めを塗っている女子は案外少ないのではないでしょうか。見えにくい部分なので意識しないと密かに焼けてしまっていたりします。

塗りにくいパーツですが「耳なし芳一」のように耳だけ真っ黒に焼けた状態になってしまわないように、スプレー状の日焼け止めを使うなどしてケアしましょう。

まぶた

目を開けた状態で日焼け止めを塗ることが多いと思いますが、その状態だとつい目の周りを塗るのを忘れてしまうことも……。

あごの裏

首には日焼け止めを塗っても、あごの裏側を塗り忘れているかもしれません。

アスファルトや砂浜など照り返しでしっかりと紫外線を浴びてしまうので、あごの裏側までしっかりと日焼け止めを塗るようにしましょう。

キスしようとしたら彼に日焼けを気づかれて指摘されてしまった……というのでは恥ずかしすぎますよね。

口の周りは日焼け止めを塗り忘れたり、口紅が嫌いだと唇には何も塗らないままだという方がいらっしゃるかもしれません。ところが、唇は皮膚が薄くシミになりやすいパーツでもあるのでUV対策をした方がいいのです。

顔の皮膚よりも繊細で、口に入ったりしやすい場所なので日焼け止めを口に塗るのは止めましょう。SPFの入ったリップクリームも増えているので、忘れずにそういった商品を取り入れてケアするのも良いでしょう。

髪と頭皮

いつも同じ場所で髪の分け目を作っていませんか? 地肌は案外日焼けしています。同じ場所だけずっと日焼けし続けると、そこだけダメージが強くなってしまうので、分け目をマメに変えるようにしましょう。

頭皮や髪に使えるスプレー状の日焼け止めも市販されています。紫外線は髪へのダメージが大きいので、美髪を保ちたい人は髪と頭皮のケアも忘れずに! 特に、海や山などのアウトドアでは紫外線が強いので髪へのダメージも甚大になります。

また、髪と顔の境目である生え際も日焼け止めが塗りにくい部分です。しっかり日焼け止めを塗るようにしましょう。

足の甲

サンダルの形によってまだらに焼けてしまいやすいのが足の甲です。靴を脱いだときに白黒になっていると非常に目立ってしまいますね。しかし、顔から一番遠い部分でもあるので、ついつい日焼け対策の意識が薄れがちになるパーツでもあります。プールや海に入ったときに最も日焼け止めが落ちやすい部分でもあるので、スプレータイプの日焼け止めなどでマメに塗り直すようにしましょう。

それでも万が一日焼けしてしまったら、しっかり保湿をして美白ケアをしたりビタミンもたっぷり補給してくださいね。