1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 部屋を「夏らしく」彩ろう。夏に気をつけたいお花の飾り方と、おすすめのお花って?

部屋を「夏らしく」彩ろう。夏に気をつけたいお花の飾り方と、おすすめのお花って?

  • 2020.8.8
  • 4560 views

注意したい、夏のお花の飾り方

いよいよ梅雨が明けましたね。ベランダなどで育てていた植物も、なかなか日が当たらず、すっかりしおれてしまった、という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回ご紹介するのは「夏のお花の飾り方」。

夏はお日様が当たってよく植物が育つ一方、高温多湿・直射日光・エアコンの風が当たるなど、屋内外に関わらず、お花にも様々なケアが必要となってきます。「乾燥」は、お花の退色や劣化の原因となってしまい、「湿気」はカビの原因にもなるのです。この季節は特に、脱衣所など湿気が溜まりやすい場所でお花を飾ることはあまりおすすめできません。

夏におすすめのお花って?

ケアが難しい夏の季節。でもお部屋の中でも涼しさや彩りなど、夏らしいお花を飾りたいものですよね。

できるだけ長くお花のある生活を愉しみたい、という方は、生花ではなく、ドライフラワーを束ねたスワッグなどがおすすめ。空気中に湿気が多いため、できるだけ水分量が少なく、からりとドライになった植物で束ねたスワッグを飾るといいでしょう。

定番のおすすめのお花① ユーカリ

スワッグの定番の「ユーカリ」は、ドライが深まるにつれ、香りの変化も楽しんでいただけます。

定番のおすすめのお花② 宿根スターチス

細い茎が枝分かれしているタイプの「宿根スターチス」は、シンプルに、そのままで束ねたスワッグがおすすめです。

定番のおすすめのお花③ バンクシア

バンクシアは、高温多湿の地域でよく育つ花で、乾燥すると松ぼっくりのような見た目に変化します。夏から秋、冬にかけて楽しめるお花です。

定番のおすすめのお花④ ラベンダー

ラベンダーの香りには精神を安定させる効果があると言われているので、寝室の枕元にそっと飾ってもいいですね。

お部屋を涼しげにしたいなら

グリーンやブルーなど、爽やかな色味のものを束ねて作られたスワッグがおすすめ。写真は、ルリ玉アザミ・ブルーファンタジア・スターチスを使用。

グリーンのみのカラーリングでお部屋をシンプルに彩るスタイルもおすすめ。写真はユーカリとアレカヤシを使用。

やっぱり夏らしくしたいなら

夏と言えば、やっぱりひまわり!ひまわりはドライになると、花びらのところがしぼんできて、くしゅっとして姿を変えますが、明るさは健在。きっと毎日眺めるたびに元気をもらえるはずです。

夏が過ぎたらスワッグは捨てたほうが良い?

夏を過ぎて葉や花の退色が著しかったり、明らかに夏のお花を飾っていた場合、処分するべきか悩みますね。

結論から申し上げると、飾っていただく皆さんが、「綺麗ではない」「お部屋を新しい印象にしたい」と感じたのであれば、それがお花の替えどきです。

経年変化は、ドライフラワーの種類や飾る環境によって異なります。日の光がよく当たる場所や、日中暑くなる場所では、特に退色の進行がはやくなるんです。

こちらの写真は束ねたばかりのスワッグ(上)と、およそ1年間リビングに飾ったもの(下)。

フレッシュな色から、くすんだ色になる、その過程を愉しんだ後、ご自身で判断してみてください。

枯れたわけではないので、どうしても処分する気になれない、という方におすすめなのは、スワッグなどは一度ばらして、新しいドライフラワーを加えて再度束ね直すこと。

こうすることで、これまで育ててきた風合いを残しつつも、新しい印象を持たせることができるのでおすすめです。

*

夏らしく、そして涼し気に。飾る場所やお花の種類を見極めながら、ぜひ夏のお花のある暮らしを楽しんでみてください。

土と風の植物園

スワッグ・ドライフラワーのある暮らしを提案するオンラインショップ。倉敷市の中心部から少し離れた緑豊かな小さなアトリエで制作したドライフラワーを販売。厳選したドライフラワーや道具、動画を見ながら作れるスワッグ手作りキットなど、各種取り揃えています。

元記事で読む