1. トップ
  2. 恋愛
  3. 美人の秘訣は○○ドリンクとお風呂2時間!? AneCanモデル・森絵里香の美の秘密に迫る

美人の秘訣は○○ドリンクとお風呂2時間!? AneCanモデル・森絵里香の美の秘密に迫る

  • 2015.5.4
  • 7731 views

5月2日に33歳のお誕生日を迎えた、『AneCan』専属モデルの森絵里香さん。32歳はフルマラソン完走に単独での表紙起用、さらには結婚……と、かなり人生のターニングポイントになったようです。

そんな彼女にこれまでの1年について、そしてこれからの1年について、さまざまな角度からうかがうお誕生日の記念インタビュー。今回は最終回です。

★第1回→結婚発表のAneCanモデル森絵里香が33歳に!最近ますます“色っぽかわいい”彼女の、これまでの1年間とは?

★第2回→「結婚願望が全然なかった」と語るAneCanモデル森絵里香が、スピード婚を決めた理由とは?

 

32歳の1年間のこと、結婚生活のことを聞いてきましたが、最終回では彼女のこれからについて。どのような女性に、モデルになっていきたいのかなどについてうかがいます。


Woman Insight編集部(以下、WI) これまでマラソンをずっと続けてこられて、ご結婚されて生活も一変されたわけですが、これからチャレンジしたいこと、始めたいことはありますか?


森絵里香さん(以下、絵里香) ガーデニングや、ベランダ菜園を始めたいんですよね。

 


WI これまでとまたガラッと変わりましたね。


絵里香 いや、結構つながってるんですよ! マラソンで、軽井沢の大会に出たり、ホノルルマラソンに出たり、自然の中を走る機会が多かったんです。それまで「自然大好き!」というわけでもなかったのですが、「なんだか落ち着くなあ……」と思いはじめて。お花をお部屋に飾ったり、家の中に緑があることや生きているものがあることに、元気をもらえると感じるようになってきたんです。

 


WI なるほど! マラソンがきっかけだったんですね。そう聞くと一貫性がありますね。趣味以外に、たとえば美容面で始められたことはありますか?


絵里香 マラソンを続けてきて、少し日焼けをしてしまったんです。日焼け対策はしっかりしていたのですが、結局焼けてしまって……。だから今年は美白をがんばりたいと思っています。ランニングもできるだけジムの中でするようにして、去年はナチュラルに身体を変えていったけれど、今年はトレーナーさんにしっかりついてもらって、より意識的な身体づくりをしていきたいなと思っています。


WI これまでの1年間はホノルルマラソンに向けて「走るための身体づくり」だったのが、これからは「モデルとしての身体づくり」に明確にシフトしていく感じですね。


絵里香 そうですね。これから30代後半に向けてまたいろいろ変わっていくと思うので、その前にきちんと土台になるような身体をつくっておきたいなとは思いますね。

 


WI いま、美白に力を入れられているとのことですが、なにかよかった美容法などはありましたか?


絵里香 肌自体を強くしたいと思って、いろいろ試しています。たとえば、酵素ドリンクを原液で朝と夜に1杯ずつ飲むようにしています。食事をしたりお酒を飲んだりしたときに使われてしまう酵素を、外から入れることができるので、身体の中から強くするために続けています。外出が減ったり、以前とはさまざまなことが変わったので、酵素の効果だけとは言い切れませんが、以前よりも肌荒れする回数が減りましたね。

 


WI ブログを拝見していると、これまでさまざまな化粧品を試されていましたよね。


絵里香 そうなんですよ。化粧品をいろいろ試すのがすごく好きで! でも、一度シンプルにしてみようかなと思って。いまは化粧水とクリームくらい。これまではアンチエイジングとか、効能をいろいろと気にして使っていたんですけど、それを一旦やめてみています。それよりもまず、土台の肌を強くするために、たっぷり使える化粧水でしっかり保湿をするようにしています。かける時間は同じなのですが、ひとつずつに時間をかけるようになりました。


WI 化粧品大好きな絵里香さんがそれだけシンプルにされると、“試したい欲”が募りそうですが。


絵里香 そうなんですよね(笑)。だから、基礎化粧品をシンプルにして、メイクで楽しもうと思っています。あと、生活が変わったらお風呂にゆっくり入るようになりました。最近は、気がつくと2時間くらい入っていたりして……。

 


WI えっ!?


絵里香 そう。「えっ!?」っていつも驚かれるんですよ(笑)。2時間と言っても、水分をとりつつ、浴槽から出たり入ったりをくり返していますよ。でも、実はやりすぎて手がふやけて痛くなってきてしまって……。ふやけているところに髪が当たって傷がついたのか、痛くなってきたので、いまはちょっと控えています。1時間くらいに。


WI お風呂って入りすぎるとそんなことになるんですね……。でもやっぱり、ご結婚されて、ご自宅で過ごされる時間が増えているのでしょうか。


絵里香 そうですね。いま、生活が楽しくなってきていて。だからベランダ菜園を始めたり、お風呂に入る時間を長くしたり……外に出なくても家の中で充実しているんです。

 


WI お話をうかがっていると、なんだか暮らし方が丁寧になった気がしますね。


絵里香 あ、確かにそうかもしれません! いろんなことにかける時間が増えたし、かけるときになんとなくじゃなくてちゃんと意味があると感じながら過ごせていると思います。

 


WI 1年間ご自身と向き合ってこられたからこそかもしれませんね。

絵里香 そうですね。必要なものと不必要なものがわかってきた気がします。それがわかれば、いらないものはなくして、必要なことに時間をかけられるようになってくるんですよね。

 


WI 今後のお仕事も変わってきそうですか?


絵里香 変わってきそうです。自分にかける時間が長いというのは、モデルとして、コンディションよく現場へ行けるということですし。去年パーティなどに積極的に参加して、たくさんの刺激をもらったり、人と出会ったりしましたが、今年はそのときのインプットを、アウトプットに変えていく段階かなと思っています。家で過ごしたり、ひとつひとつを丁寧にすることで、実際にアウトプットできていると感じるので、精神面でもとてもいい状態で仕事に臨めている気がしますね。

 


WI 具体的に、今後どんな女性に、どんなモデルになっていきたいですか?


絵里香 まだぼやっとはしているんですけど、自分のスタイルがある人になりたいとは思っています。もちろん流行を押さえておかなければならないというのはあるんですけど、私だからこう着るとか、こう取り入れているとか、モデルとしての私の基盤となるものを持ちたいと思っています。モデルとしても、女性としても、よりはっきりさせていきたいと思いたいですね。


WI そういえば、なんだか雰囲気が物凄く変わりましたよね。


絵里香 変わりました。というかいま、意識的に変えています。 『AneCan』で“色っぽかわいい”担当って言っていただけるようになりましたが、表紙をやる前までは「なんとなく“色っぽかわいい”担当で……」くらいで、もっとカジュアルで、元気なイメージのお洋服を着る機会も多かったんです。でも、自分ではもっと大人っぽかったり、モードだったり、いろんなイメージを表現できると思っていて。

 


WI なるほど。それで、実際どんなことをされているのでしょう?


絵里香 まずは、私服で出していこうと思ったんです。誌面ではまだそれができなくても、ブログやInstagramなどを使って、私を見てくれている人に対して印象を変えていけたらいいなと思っています。理想は、気張らない大人カジュアルに少し女らしさやモードさが足されたような、そんなスタイルです。


WI そんな印象のモデルになりたいと思ったのには、なにか理由があるのでしょうか。


絵里香 最近、断捨離をしたんです。だからいま、あらゆるものを厳選するようになっていて。そのおかげで「あ、私こういうテイストが好きなんだ」って改めて気づけたり、小さな発見がたくさんあったりして、楽しいんです。ずっとスカート派だったけど、最近はパンツも多くなっているのも変わってきたところかな。新しい私を見せていきたいのと、新しい発見をしていきたいのと、そこからもっと自分に活かしていきたいと思いますね。これまでの“色っぽかわいい”を、進化させていきたいです。

 


WI 昨年1年間をブログで「自分と向き合う年」だったと表現されていましたが、これからの1年間をひと言で表すと、どんな年になりそうですか?


絵里香 「自分を洗練させる年」ですかね。必要なもの、不必要なものがわかってきて、結婚をして日々を丁寧に過ごすようにもなってきて、1年間自分と向き合って見えてきたものを活かして、モデルとしても女性としても、洗練させていきたいです。

 

充実した1年間を過ごし、そこで得てきたものを活かす1年間を過ごしていきたいと語る絵里香さん。ますます美しく、魅力的になっていく今後が非常に楽しみです。(鈴木 梢)