1. トップ
  2. 恋愛
  3. 愛を確かめようとすると、傷つけ合いになる理由:DJあおいの結婚偏差値ノート60

愛を確かめようとすると、傷つけ合いになる理由:DJあおいの結婚偏差値ノート60

  • 2020.8.7
  • 3404 views

月間約600万PV、twitter約36万フォロワー(2アカウント合計)! 日本一恋愛相談を受けている大人気ブロガー DJあおいさんによる恋愛講座。

結婚偏差値50の問題です。  

愛情は信じるものではなく、○○○○○○○○もの

◯◯◯◯◯◯◯◯に当てはまる8文字を入れて、正しい文章を完成させてください。

正解は「疑ってはいけない」ものでした。私は「この人は私のことが本当に好きなのだろうか」なんて、あまり気にしたことはないんですよね。「どうすれば気にしなくなるんですか?」と尋ねられることもあるけれど、そもそも何か特別なことを心掛けているわけでもなく、ただただ素で気にしていないだけなんです。  

敢えて言うのなら、そんなことを気にしても答えがないのはわかっているからでしょうか。どんなに気を病んでもその答えなんてわからないし、「私のこと好き?」と尋ねてもその答えを信用できるとは限らないし、エスパーでもない限り人の本心なんてわからない。だから、考えても無駄なのかなと疑問を切り捨てて、いちいち疑うのを止めたという感じです。

イヤなら別れを切り出してくるだろうし、好きかどうかは知らないけれど、一緒にいるということは最低限イヤではないんだろうな、愛されているかどうかはイマイチわからないけど、最低限自分の愛情は受け取ってくれる。それで満足できるようになると、恋愛も結婚も上手くいくようになる気がします。

「自分は本当に愛されているのか」を過剰に気にする人は、愛情を確認するために「試し行為」をしてしまうんです。意味もなく不機嫌な態度で接したり、理由もなく突然LINE等の連絡を無視したり、相手に否定的な発言をしたり、何かある度にすぐ「別れる」と言ってみたり、試し行為をする人は「いかに相手を傷つけ困らせるか」を無意識でやってしまうんです。そしてそれらの行為が許されることによって「愛されている」という実感を得ようとするわけですね。 

でもこれって「私はあなたのことを愛していませんよ」と言っているようなもの。そんなことを延々と続けていたら「愛していない」という気持ちがビンビンに伝わってしまうじゃないですか、そうなると男性側も「試し行為」に走ってしまうことが多く、傷つけ合い困らせ合うだけの関係になり、無惨に終わってしまうことが多いんです。試し行為は破壊行為、愛情は信じるものではなく、疑ってはいけないものなんですよ。以上、DJあおいでした。

元記事で読む