1. トップ
  2. ファッション
  3. シーバイクロエ 2015年冬コレクション - 70'sが香る、等身大“リアルクローズ”

シーバイクロエ 2015年冬コレクション - 70'sが香る、等身大“リアルクローズ”

  • 2015.5.4
  • 2413 views

シーバイクロエ(SeeByChloé)が、2015年冬コレクションを発表した。昨シーズンから、ブランドロゴをピンクに改め、またフランス語でフレンチキスを意味する“リスー”をアイコンに据えた。今季は、フランス・パリの街角でハントした少女たちをモデルとして採用し、ストリート感のあるワードローブが披露。

そんな少女たちだけでなく、クリエイティブディレクターのクレア・ワイト・ケラーが愛するウェス・アンダーソン監督の映画『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』に登場する一人の少女・マーゴにもフォーカスを当てる。マーコの自由奔放で親しみやすいコーディネートに、ほんのりと70'sを香らせて、コレクションは進んでいく。

今季は、首元を包み込んだようなレイヤードスタイルが中心。ざっくりとしたニットポンチョとタートルネックを組み合わせたり、華やかなオーキッドピンクのボートネックトップスにシャツを合わせたり、レトロなミニ丈ワンピースにタートルネックを重ねたり。キュッと首元を引き締めることで、上品で知的なムードを振りまいていく。

ブランドらしい、デニムアイテムも数多く展開。濃淡の違う生地をパッチワークした、フード付きポンチョやトラウザー、パキッとしたインディゴが映えるシャツワンピースなどが揃った。また毛足の長いモヘアも多用され、ライラックとオレンジの鮮やかなチェック柄がコートやストール、ラップスカートなどに華を添えた。

少女が描き出すようなチャーミングなアイデアは、ワードローブのそこらかしこに散らばている。大きくブランドロゴを配したロングTシャツやフラワープリントのワンピースには、ホワイトチーターが隠れている。また、前身頃にデニム地を添えたスウェットトップスにも、アニマルモチーフの刺繍が施された。

パッチポケットの付いたシャツやダブルブレストのアウターから、垣間見えるマニッシュなムード。反して、格子状のレースブラウスや小花柄から湧き出る女性らしさ。様々な観点から長所を引き出し、それらをミックスさせることで、街中にいる女の子たちの等身大“リアルクローズ”が展開された。