1. トップ
  2. インテリア
  3. 北欧インテリアを楽しもう!実例から学ぶオシャレなコーディネートテクニック♪

北欧インテリアを楽しもう!実例から学ぶオシャレなコーディネートテクニック♪

  • 2020.8.6
  • 45745 views

北欧インテリアに囲まれた暮らし

海外ならではのオシャレな雰囲気を楽しめる北欧インテリアは、とても人気のあるテイストです。ナチュラルなのに個性も出せる、落ち着いた雰囲気の素敵なインテリアは、年齢を問わず楽しめるものです。

今回は、そんな北欧テイストをより楽しむために、参考になるインテリア実例をピックアップしました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

北欧インテリアをより楽しむために♪参考インテリアをチェックしよう!

北欧ポスターをアクセントに

お部屋の雰囲気に合わせたディスプレイで、空間はより洗練されていきます。メインになるようなアイテムを中心に、空間のコーディネートを整えていきましょう。

ドライフラワーやフラワーベースなどは、クロスなどの基本カラーに合わせた配色にしておくのがベター。

引き締めカラーが入っていると、メリハリのある印象になりますよ。

季節の花を添えて楽しむ

北欧雑貨を集めたオシャレなテーブルコーディネートには、季節の花をプラス。一気に季節感が出て、全体の雰囲気も柔らかくなりますね。

コーディネートを華やかにしてくれるだけでなく、植物ならではの活き活きとした瑞々しさや、清清しいような雰囲気を感じることができます。

ナチュラルでくつろげる空間

優しいナチュラルカラーをメインにコーディネートされたリビングは、家族みんながくつろげるようなリラックス空間に仕上がっています。

床の素材やカラーに合わせたダイニングテーブルやテレビ台が、お部屋に一体感を生み出していますね。

肌の色に近いようなナチュラルカラーをチョイスすることで、お部屋全体が優しい雰囲気にまとまっています。

家具や雑貨はこだわりのセレクトを

北欧テイストの家具や雑貨をこだわって選ぶこともまた、北欧インテリアの楽しみの1つです。

お部屋のテイストがしっかりと定まったら、ブレないようにアイテムで固めていきましょう。

北欧テイストは木製のアイテムと相性が良いので、家具は木製のものがおすすめです。角ばっているものよりも、少し丸みのあるデザインを選ぶのがおすすめです。

雰囲気のあるアイテムをディスプレイ

1つ1つ存在感のあるアイテムを、組み合わせてディスプレイした実例です。

単体でも雰囲気があるアイテムは、組み合わせることでまた違った魅力を感じることができるものです。北欧を極めるには、空間の雰囲気作りがカギ。

ちょっとしたスペースでも妥協せずに、理想の空間を追求していきましょう。

ほんのりとしたあかりでムーディーに

間接照明やミニライトなどのアイテムは、空間の雰囲気作りには欠かせないと言っても過言ではありません。

ほんのりと灯る明かりは幻想的で、素敵なインテリアをよりムーディーに引き立ててくれます。夜限定にせずに、明るいうちから楽しむのも良いですね。

ミニライトなどのアイテムは、100均でコスパ良く手に入りますよ。

色合いを絞ってスッキリデスク

インテリアの色合いを絞ると、スッキリとまとまった印象に仕上がります。

家具や大きなアイテムはシンプルに、差し色で細々としたアイテムをディスプレイすると、垢抜けた雰囲気になりますよ。グリーンや花を飾っても素敵ですね。

収納スペースにも気を配ろう

収納スペースというのは、必要不可欠な割にはあまりスポットのあたらない場所でもあります。

そのためついつい見栄えの面で手を抜いてしまいがちですが、北欧インテリアを極めるならばそう言った所にもしっかりと着目する必要があります。

収納アイテムを北欧テイストのアイテムにするだけでも、だいぶ印象は違って見えますよ。

グリーンを上手に活用

北欧インテリアの良いアクセントになるのが、グリーンの存在です。

フェイクの物はちょっぴりくすんだカラーなど、フェイクならではの加工が施されているものもあり、インテリアの雰囲気によってベストな物を選ぶことができます。

北欧はカラーはパステルであったりと、はっきりとした強めのカラーを組み合わせるのは難しいため、色合いだけで考えるならば、フェイクの方がおすすめです。

北欧ならではのキャラクターをプラス

北欧では、オシャレなキャラクターアイテムが大変人気です。

ムーミンやリサラーソンなど、北欧テイストならではのオシャレなキャラクターは、インテリアアイテムとしても数多く採用されています。

お気に入りのキャラクターを見つけて楽しんでみてくださいね。

北欧インテリアを楽しむためのポイントを抑えよう

オシャレな北欧テイストのインテリア実例をご紹介しましたが、お気に入りの実例は見つかりましたか?

それぞれの実例に、北欧をより楽しむためのポイントが隠されています。ご紹介した実例を参考にして、理想の北欧コーディネートを目指してみてくださいね。

元記事で読む