1. トップ
  2. Mrs. GREEN APPLE『インフェルノ』は「いま鳴らせる自分たちのギターロック」

Mrs. GREEN APPLE『インフェルノ』は「いま鳴らせる自分たちのギターロック」

  • 2020.8.5
  • 344 views

Mrs. GREEN APPLEの山中綾華(Dr.)と髙野清宗(Ba.)が、TOKYO FMのレギュラー番組に出演。7月8日(水)リリースのベストアルバム『5』に収録されている「インフェルノ」についてのエピソードを語りました。

(TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! ミセスLOCKS!」8月4日(火)放送分)

【Mrs. GREEN APPLE - インフェルノ(Inferno)】

髙野:この「インフェルノ」は、アニメ『炎炎ノ消防隊』第1期のオープニング曲ということで、大森(元貴)先生が書き下ろした楽曲なんですけど……。

当時、元貴から聞いた話なんですけど、アニメスタッフの方と「どういう曲にしましょう」っていう初めての打ち合わせの日の午前中に、自分たちメンバーはスタジオに入ってたんです。そのスタジオで即興でというか、「こういうコードでちょっと演奏してみてよ」っていうのがありまして。それを大森先生がボイスメモで持って行って、「こういうイメージなんですけど……」と聞かせたところ、「じゃあその感じでいきましょう!」って打ち合わせがすぐ終わったって。びっくりですよね、このスピード感。

山中:本当に! そのときは自分たちも、何のために即興で演奏を録ってるか知らなかったから……打ち合わせで流したんだって聞いて「えっ! そうだったの……!」みたいになって。それが「インフェルノ」の原曲というか……になっています。なんか自分で今話していても、鳥肌が立つようなびっくりするエピソードだなって思います。

髙野:ね! 即興で合わせた段階で、元貴の中ではイメージがある程度できていたってことだろうね。

山中:そうだね!

髙野:「炎炎ノ消防隊」はアニメということで、海外からの反応とかも結構いただいて。

山中:そう! たくさんコメントもあったし、歌のカバーとかバンドでのカバーだったりもすごくありましたよね〜!

髙野:ね〜! 嬉しかったですね〜。

山中:驚いたのは……もちろん歌詞は日本語で書かれているんだけど、英語に訳してみたりいろんな国の言葉に訳して歌ってたりっていうのがあって。世界中に届いてくれたんだなって思って、すごく嬉しかったですね〜。

髙野:本当に嬉しかったですね。楽曲のアレンジとかのことで言うと、インディーズのころのギターロック感というか……が、あったと思うんですけど。当時とは違った熱量の楽曲になってたなって思って。なんだろうな、約5年ぐらい経って……自分たちもツアーだったりリリースだったりいろいろあった中で、いま鳴らせる自分たちのギターロックっていうのが、「インフェルノ」ですごく表現できたんじゃないかなって思ってます。

山中:原点回帰感がありますよね。あと、ミュージックビデオでは、「インフェルノ」っていう楽曲なのに水の演出があったじゃないですか。

髙野:あったね!

山中:あれ、打ち合わせのときに、すごくびっくりしたんです。「水使っちゃうんだ! 正反対のものを入れるんだ!」と思ったけど、改めて映像見るとすごくそこがアクセントになっていて……。

髙野:ねー、カッコいいですよね。

山中:素敵なMVだなと思いますね。

髙野:はい。あと、2019年の年末からやったアリーナツアー「エデンの園」の1曲目が、「インフェルノ」だったんですよね。もう1曲目からめちゃくちゃ飛ばして、演出とかもすごかったんですけど。何よりもステージに上がって見渡したときの景色にすごい感動して……忘れられないですね。

山中:すごかったよね〜!

髙野:本当に。歓声とかもすごかったし。

山中:うんうんうん! もちろん自分たちも、1曲目がバーンって始まったときの想像はしてたんだけど、それ以上のものが返ってきたからね。忘れられないシーンになりましたね。

髙野:はい。動画も上がっていますので、チェックしてもらえたらと思います!

undefined

Mrs. GREEN APPLE は、7月8日にフェーズ1の完結と活動休止を発表しましたが、当番組は引き続き放送しています。

<番組概要>

番組名:SCHOOL OF LOCK!

パーソナリティ:さかた校長、こもり教頭

放送日時:月~金曜 22:00~23:55

番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/

元記事で読む