1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 100均手ぬぐいで作る♪簡単縫わないヘアアクセサリー

100均手ぬぐいで作る♪簡単縫わないヘアアクセサリー

  • 2020.8.4
  • 16673 views

100均手ぬぐいで作る、シュシュとリボンヘアゴムの作り方をご紹介します。 縫わずに布用ボンドと両面テープを使うので、簡単に工作感覚で作ることができます♪

100均手ぬぐいで作るヘアアクセサリー

今日は100均手ぬぐいで作る、シュシュとリボンヘアゴムの作り方をご紹介します。
両方とも100均の布用のボンドと両面テープを使って作るので、縫う工程はありません!お子さんと一緒に工作感覚で簡単に作ってみてくださいね♪

まずはシュシュから

こちらのシュシュを作っていきます♪

<材料・道具>

<材料・道具> シュシュ1コ分

・手ぬぐい
セリアで購入した手ぬぐい風タオルです。タオルという名前ですが厚みや手触りは手ぬぐいです。
シュシュ1個につき、11×50センチ使用しました。
縦(短い辺)は手ぬぐいの短い辺を3等分した長さです。
横(長い辺)が長いほどギャザーが寄ります。お好みの大きさで作ることができますが、50センチ以上あったほうがいいです。

・ゴム
25センチ使用しました。

・接着剤
100均で購入したサクラクレパスのクラフト小町を使用しました。アイロン接着もできるので布を使った手芸におすすめです。

・はさみ
・定規
・チャコペン
・クリップ、洗濯ばさみなど
・ゴム通し
・アイロン
・アイロン台

作ってみましょう!

それでは画像とともに作り方をご紹介します。
作り方の主な流れは下記の通りです。

①手ぬぐいをカットする。

②生地を接着して筒状にする。

③左右の端を接着して輪にする。

④ゴムを通してシュシュの完成です!
 

①手ぬぐいをカットする。

こちらが今回使用するセリアで購入した手ぬぐい風タオル(33×90センチ)です。リバティ調の花柄がかわいいですね。
まず長い辺が50センチになるようにカットします。

100均の手ぬぐいは四方を三つ折りで処理されていることが多いですが、小物にリメイクする時は三つ折りの厚みが邪魔になってしまうので、カットしてしまうかリッパーでほどきます。

長い辺を50センチにカットしたら、今度は短い辺を3等分するようにカットします。大体、11センチくらいです。

②生地をボンドで接着して筒状にする。

カットした手ぬぐい生地を1枚取り、裏面が上になるように置きます。
写真のように上下を1センチ折ります。ここがのりしろになります。

上下を1センチ折ったら、短い辺が半分になるように折って中心に折り目をつけます。

折り目をつけたらもう一度開きます。
上ののりしろ(1センチ折ったところ)にボンドを塗ります。左右の端から7センチあけて塗ります。

作業する台にボンドがつかないように下に紙を敷いて作業をしました。
今回使用したクラフト小町はノズルが細いので使いやすかったです。

ボンドは薄く伸ばします。牛乳パックを切って作ったヘラで伸ばしました。
はみ出しても大丈夫ですが、なるべくのりしろから大きくはみ出さないようにしましょう。

ボンドを塗ったら、先ほどつけた折り目に合わせて半分に折ります。

のりしろ部分にアイロンをかけて接着します。
アイロンをかけなくても接着しますが、アイロンをかけた方が早いです。
これで筒状になりました。

③左右の端を接着して輪にする。

次は工程②で筒状になった布の端と端を貼り合わせて、シュシュの形になるように輪にしていきます。
まず、ボンドを塗っていない端の部分を開きます。

開いたら端の表面に写真のようにボンドを塗ります。

ボンドを塗ったら、反対側の端も開いて中表に重ねます。

端にアイロンをかけて接着します。

両方の端が接着したら、ボンドをつけた部分を左右どちらか一方に倒します。

これで輪になりました!
これからゴムを通すのですが、開いている部分が13センチくらいあり、これではゴムを通しにくいので開いている部分を狭くします。

ゴムの通し口2センチを残して、のりしろにボンドを塗ります。

アイロンで接着します。

④ゴムを通す。

ゴム通し口からゴムを通していきます。

反対側の端はスルッと中に入ってしまわないように、クリップや洗濯ばさみをとめておくといいですよ。

お好みの大きさに合わせて、ゴムの端と端を結びます。

ゴム通し口にボンドをつけて接着して塞ぎます。

シュシュの完成です!

続いてリボンヘアゴム!

続いてこちらのリボンヘアゴムの作り方をご紹介します。

<材料・道具>

<材料・道具>
・手ぬぐい
セリアで購入した手ぬぐい風タオルです。シュシュを作った残りを使用しました。

・リングゴム
リングゴムでない場合は結べばOKです。

・布用両面テープ
ダイソーで購入した布用両面テープです。

・クリップか洗濯ばさみ
・糸
・ハサミ
・ペン
・定規

作ってみましょう!

それでは画像とともに作り方をご紹介します。
作り方の主な流れは下記の通りです。

①手ぬぐいをカットする。

②手ぬぐい生地を折って両面テープでとめる。

③ひだを寄せてゴムをとめる。

④帯を作ってリボンに巻いて完成!

①手ぬぐいをカットする。

大きいリボンも小さいリボンも作り方は同じです。
大きいリボンの場合は17×25センチ、小さいリボンの場合は13×17センチに手ぬぐいをカットします。

②手ぬぐい生地を折って両面テープで貼る。

布を長い辺が横方向に、裏が上になるように置きます。

縦(短い辺)が半分になるように折ります。折ったら中心に折り目をつけます。

折り目をつけたら一度開きます。
下の辺を中心の折り目に合わせて折ります。

折った下の辺の端に写真のように両面テープを貼ります。

両面テープの剥離紙をはがして、上の辺を下に向けて折って重ねて接着します。

次に長い辺が半分になるように折って、中心に折り目をつけます。

一度開いて、左側の辺を中心についた折り目に合わせて折ります。

中心にきている左側の端に両面テープを貼ります。

右側の辺を折って端を重ねて接着します。
この状態だと中心が左にズレているので、少し右側に動かします。

右側に動かしました。
次にひだを寄せていきます。

③ひだを寄せて、ゴムをとめる。

ひだを寄せてクリップで仮どめします。

糸とゴムを用意します。
リングゴムでない場合は結んで使います。

リボンの裏側にゴムを置いて、糸をリボンとゴムに巻き付け固定します。

④帯を作ってリボンに巻いて完成!

リボンの中心に巻き付けた糸を隠すために帯を作ります。
手ぬぐい生地を3×10センチにカットします。

手ぬぐい生地の裏が上になるように置きます。
中心に両面テープを貼ります。

両面テープの剥離紙を剥がして、上下の布を中心に向かって折って接着します。

折って接着した上にさらに両面テープを貼ります。
これで帯の完成です。リボンの中心に巻き付けていきます。

リボンの中心に帯を巻き付けます。

巻き終わりは端を5ミリくらい内側に折ります。

折った端に両面テープをつけます。

剥離紙を剥がして、巻き終わりをとめて完成です!

迷彩柄の手ぬぐい生地でも作ってみました♪蝶ネクタイとして使えそうです。

柄が変わると雰囲気も異なりますね!

いかがでしたか?

100均手ぬぐいで作る、シュシュとリボンヘアゴムの作り方をご紹介しましたがいかがでしたか?

100均の布用のボンドと両面テープを使えば縫う工程もなく、簡単に工作感覚で作ることができます。
リボンもシュシュも直線裁ちなので手ぬぐい生地を無駄なく使うことができて、1本の手ぬぐいからシュシュが3つとリボンヘアゴムが4つを作ることができました!
簡単に作れるだけでなく、コストパフォーマンスもいいのでバザーなどにもぴったりですね。

手ぬぐいの柄を変えるとまた違った雰囲気のヘアアクセサリーが作れます。ぜひお気に入りの柄の手ぬぐいでオリジナルのヘアアクセサリーを作ってみてくださいね♪

 

手ぬぐい1本から上の写真のようにシュシュが3つと、リボンヘアゴムが大小あわせて4も作れました!
簡単に作れるだけではなく、コストパフォーマンスもいいですね♪

大体、このような感じに裁断すると7つのヘアアクセサリーが作れました。

元記事で読む
の記事をもっとみる