1. トップ
  2. ダイエット
  3. 20kg減量に導いたダイエット効果大の簡単ルール、みるみる“下半身痩せ”が叶う簡単習慣など今週注目の話題

20kg減量に導いたダイエット効果大の簡単ルール、みるみる“下半身痩せ”が叶う簡単習慣など今週注目の話題

  • 2020.8.2
  • 137302 views

今週(2020年7月26日~2020年8月1日)お届けした話題の中から特に反響の大きかった話題を紹介☆ キレイな体型づくりのためにも参考にしたい『20kg減量に導いたダイエット効果大の簡単ルール』『みるみる“下半身痩せ”が叶う簡単習慣』など、週末のひとときまとめてチェックしておきましょう。

20kg減量したYouTuberが公開!簡単ダイエットルール3つ

ダイエットを始めたものの「途中で挫折した」、「ダイエットに成功したつもりがリバウンドしてかえって体重が増えてしまった」という失敗経験を持つ方は少なくないと思います。そんな方の参考になるのが、20kgの減量に成功した韓国のYouTuber・ジェシが公開した【簡単ダイエットルール】です。

▲動画(字幕は英語のみ)で明かされるダイエットの全貌

(1)ダイエットを生活の一部にする

ダイエットを実践する中で一番の課題になるのがリバウンド。それを避けるために、ジェシはまず無理のない範囲での食事管理と運動からダイエットをスタート。そして“ダイエットそのものを生活の一部にしてしまう”ことを心がけたと言います。特に食事は極端な制限をするほどリバウンドのリスクを招くので、とにかく“無理のない範囲で行う”ことが鉄則。また運動も「1日2時間運動する!」と現実とかけ離れた目標を決めてプレッシャーに押しつぶされないように、「1日10分でもいい」と甘めに設定したそうです。

(2)好物はランチタイムに食べる

ダイエット中は「ランチだけ好きなものを食べるようにしていた」というジェシ。ある日の彼女の食事内容を見てみると、

朝食:バナナ1本、豆乳コップ1杯、りんご1個

ランチ:魚&海藻類、肉(脂身の少ない部位)、豆腐

夕食:ヘルシーバー、鶏のささみ100g

と食事量から想像するに少々厳しめの内容です。朝食は消化に良いものをチョイスして食べ過ぎないように注意すること、ランチは特に制約なく食べてOKだけれどタンパク質は必ず1種類取り入れること、そして夕食は1日の調整でなるべく軽めにすませるというのがルール。また、甘いものを食べたいときは、シリアルに牛乳を注いで冷凍フルーツを投入した低カロリーな簡単スイーツで満足感を得るようにしていたそうです。また、食事と同じくらい「とにかくこまめに水分を摂ることがとても大切」とも語っています。

(3)家でできる簡単な運動を短時間でも実践する

運動についても、ジェシはストレッチや家でできる簡単なエクササイズから気軽に始めることを推奨しています。例えば、ジェシのYouTubeチャンネルでは10分間でできる簡単エクササイズを紹介する日本語字幕付の動画も配信されていますので、それを見ながら画面に映る彼女と一緒に運動するのもオススメです。

大幅な減量とはいかなくても「2〜3kgくらいダイエットしたい」と考えている方にとってすぐに真似できそうなジェシのダイエットルール。ぜひ参考にしてくださいね。

痩せにくいお腹&太ももを“丸ごと”引き締める簡単習慣

引き締めたいパーツとして真っ先に上がるのが下半身。特にお腹から太ももにかけては脂肪がつきやすい上に痩せにくいと厄介です。そんな悩めるお腹から太ももにかけて“丸ごと”引き締めるために習慣に採り入れたいのが、ヨガの簡単ポーズ【パリヴリッタ・ウトゥカターサナ(ねじった椅子のポーズ)】になります。体幹と太ももを一気に強化する【椅子のポーズ】にお腹のねじりを加えたポーズで、お腹の引き締めやくびれ作りに効果的です。

(1)背筋を真っ直ぐに伸ばして立ち、腰を落とす

20kg減量に導いたダイエット効果大の簡単ルール、みるみる“下半身痩せ”が叶う簡単習慣など今週注目の話題

▲膝が前に出ないようにお尻を後ろに引くイメージです

(2)胸の前で合掌する

20kg減量に導いたダイエット効果大の簡単ルール、みるみる“下半身痩せ”が叶う簡単習慣など今週注目の話題

(3)上半身を右にねじって、ねじれるところまでねじったらゆっくり3呼吸(約30秒間)キープする

20kg減量に導いたダイエット効果大の簡単ルール、みるみる“下半身痩せ”が叶う簡単習慣など今週注目の話題

▲視線を天井方向に向けます

反対側も同様に行います。なお、期待する効果をきちんと得るためには「お腹を引き上げた状態で上半身をねじること」がポイント。そのために必要なのはしっかりとしたバランス力。猫背の状態、身体が前のめりになった状態にならないように注意して実践してみてくださいね。<ヨガ監修:Minami(インストラクター歴3年)>

元記事で読む
の記事をもっとみる