1. トップ
  2. 上白石萌歌と中村勘九郎が”親子”に!『劇場版ポケットモンスター ココ』ゲスト声優が決定

上白石萌歌と中村勘九郎が”親子”に!『劇場版ポケットモンスター ココ』ゲスト声優が決定

  • 2020.7.31
  • 762 views

「ポケットモンスター」劇場版23作目にして最新作となる『劇場版ポケットモンスター ココ』。今冬に公開を控える本作に、上白石萌歌と中村勘九郎がゲスト声優として参加することが発表された。

【写真を見る】固い絆で結ばれたココとザルード

上白石萌歌と中村勘九郎が”親子”役に挑戦! [c]Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku [c]Pokémon [c]2020 ピカチュウプロジェクト
上白石萌歌と中村勘九郎が”親子”役に挑戦! [c]Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku [c]Pokémon [c]2020 ピカチュウプロジェクト

本作は、ポケモンの楽園といわれるオコヤの森を舞台に、ポケモンに育てられた少年ココと、幻のポケモンであり、ココの育ての親でもあるザルードの”親子愛”を描いた物語。自分のことをポケモンだと信じて生きてきたココが、サトシとピカチュウと出会ったことで、自分の存在について疑問を抱くようになる。さらに、森に招かれざる客が侵入してきたことで、ココたちの平穏な日々は一変してしまう。

重要なキャラクターであるココ役に抜擢された上白石は、「今回私が演じるのは“ポケモンに育てられた少年”ですが、血がつながっていなくても親子だということだったり、人とポケモンとの絆など、いろいろなつながりがテーマの作品なのかなと思いました」と、作品に込められたメッセージについてコメント。一方、ザルードの声を演じる中村は「僕も子どもが生まれてから、子どもを見て学ぶことがほんとうにたくさんありますが、今回の物語はココを育てながら自分のことも見つけていくザルードの成長物語だと思います」と、自らも子を持つ親として役柄を語っている。

また、サトシが訪れるオコヤの森で最先端技術を研究する“ビオトープ・カンパニー”のゼッド博士を山寺宏一が、女性研究員カレンを中川翔子が務めることも決定。“ポケモンが人間を育てる”という、いままでにないカタチの絆が描かれる本作に、期待が高まるばかりだ。

【写真を見る】固い絆で結ばれたココとザルード [c]Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku [c]Pokémon [c]2020 ピカチュウプロジェクト
【写真を見る】固い絆で結ばれたココとザルード [c]Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku [c]Pokémon [c]2020 ピカチュウプロジェクト

<キャスト&スタッフ コメント>

●上白石萌歌(ココ役)

「『劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ポケモンレンジャーと蒼海(うみ)の王子 マナフィ』(06)は小学一年生の時初めて観た映画で、家族と一緒に映画館に観に行きました。ニンテンドーDSのゲームもやっていて、ポケモンという文化にずっと触れてきたので一緒に育ってきた感覚です。メキシコに住んでいた時も、現地の学校ですごく流行っていて、これが日本発信の文化なんだというのを身に染みて実感しましたし、ここまでみんなポケモンが好きなんだというのを海外に住みながらもずっと感じていました。小さいころは“ポケモンかわいいな”っていう視点で見ていたものが、大人になったいま、こんなに深いメッセージが込められていたんだと感じるようになりました。今回私が演じるのは“ポケモンに育てられた少年”ですが、血がつながっていなくても親子だということだったり、人とポケモンとの絆など、いろいろなつながりがテーマの作品なのかなと思いました。ザルード役の勘九郎さんはザルードにどう息を吹き込むんだろうと楽しみにしています」

●中村勘九郎(ザルード役)

「『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』(98)は、高校生の時に映画館で観ましたし、昨年公開した『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』(19)も子どもたちと一緒に観に行きました。僕たちは歌舞伎の稽古では長い時間一緒にいますが、なかなか普段遊びに行くのもスケジュールが合わないので、そういう時に子どもたちと一緒に観に行けるポケモンのような作品は、貴重な親子の時間になりますね。ゲスト声優に抜擢された時は、アニメの声優をやりたいとずっと思っていたのに加えて、初めて挑戦する声優のお仕事がこんなに長く愛されている『ポケモン』だというのがうれしかったです。僕も子どもが生まれてから、子どもを見て学ぶことがほんとうにたくさんありますが、今回の物語はココを育てながら自分のことも見つけていくザルードの成長物語だと思います。“親子愛”の物語ですが、僕がとても涙もろいので、脚本を読んだ時もずっと泣いていました。歌舞伎俳優は、伝統を代々つないでいくなかで絆が生まれてくるものですが、ザルードも掟を守り続けているポケモンなので、共感できる部分も多くてグッとくるものがありました」

●山寺宏一(ゼッド博士役)

「今年もポケモン映画にオファーをいただけてうれしかったです。ここ数年は、人間の役とポケモンの役を交互に演じさせていただきましたが、本作で僕が演じるゼッド博士には中川さん演じるカレンが助手としてついているようなので心強い限りです。予告編を拝見させてもらいましたが、映像を観たところ、今回も矢嶋監督が新しい風を届けてくれそうだなとワクワクしました。僕自身もいち早く映画を観たいです!」

●中川翔子(カレン役)

「ポケモン映画には本作で13作目の出演となりうれしいのですが、昨年は主題歌を歌わせてもらい、ポケモン映画として集大成的なことなのかな?と思っていたので、今年もオファーをもらった時は、実は驚きの方が大きかったです。本作で私が演じるカレンは、私からすると憧れの大人の女性!しかもリケジョ!!矢嶋監督が描く新しいポケモン映画で、私もたくさんチャレンジしたいです。どうぞお楽しみに!!」

●小学館 岡本順哉(エグゼクティブプロデューサー)

「オファーを受けていただいて、ほんとうにありがとうございます。文句なし。伝説級の配役です。だって、お二人と役柄のビジュアルを見比べてみてください。これで親子役なんですよ。“親子ってなんだ”人類普遍のテーマをポケモンが描くとこうなるんだ、という映画をお届けしますので、公開をもう少しだけお待ちください」

●株式会社ポケモン 片上秀長(エグゼクティブプロデューサー)

「子どものころにポケモンを楽しんでいただいた方々が大人になり、改めてポケモンのゲームや商品、サービスを楽しんでくれています。その世代を代表する女優の上白石さんがココ役を演じていただけると聞いた時、まさにピッタリの配役だと感じました。そして、森の掟に反してまでココを育てることにした幻のポケモン・ザルード役を、公私ともにお子様と過ごしながら、師匠としても、父親としても、責任を全うされている勘九郎さんが引き受けていただけたことは光栄で、同じくピッタリの配役。お二人の声が入った映画を観るのが僕自身も楽しみです」

文/トライワークス

元記事で読む