1. トップ
  2. 恋愛
  3. 天野原みちるの星とタロットの物語2020年7月31日(金)~8月6日(木)

天野原みちるの星とタロットの物語2020年7月31日(金)~8月6日(木)

  • 2020.7.30
  • 30472 views

<今週の星物語>

知性とコミュニケーションの水星が、発展の木星、制限の土星、変革の天王星と、よくない角度をつくるの。話が大きくなりがち、融通が利かない、勝手な解釈をしやすく、されやすいといったことが予想されるわ。第六感の海王星との角度はいいので、直感を大切にすることが救いになりそう。いやな予感がしたら予防線を張っておくといいかも。

★おひつじ座 オズの魔法使い/逆位置

保守的になりがちなときです。冒険を嫌って堅実な道を選びたくなったり、力の強い存在に守ってもらいたくなったりもしそうです。世間体や建前が気になることもあるでしょう。しかし、オズが自分を大魔法使いに見せかけて身を守っていたように、今は建前や守りの姿勢が必要なようです。あえてリスクを冒す必要はないでしょう。

オズからあなたへ

えへん。私はオズである……と威張ってみたが、引っくり返っていたのでは威厳も何もあったものではないね。さて、今週は思いを表現したり、行動を起こしたくなったりしそうだが、あまり過激なことはしないほうがいいようだ。何事も実力行使ではなく、話し合いで解決や合意に持っていきたいものだね。

★おうし座 青い鳥/正位置

愛を感じられるときです。あなた自身、周囲に対して愛情深く接することができ、それに伴って繁栄や成長、結実など、豊かさや喜びを味わうことが多いでしょう。恋、妊娠・出産、結婚、家庭などにまつわるうれしい知らせが舞い込むこともあるかもしれません。青い鳥が自分の家にいたように、幸せは身近なところにあるようです。

チルチルからあなたへ

こんにちはっ。えーとね、いろんなことがあるかもしれないけど、あわてなくても大丈夫だよ。落ち着いて、ひとつひとつの出来事に向き合っていこう。そうすれば、きっと幸せをつかめるよ。もしかしたら、恋や結婚をきっかけに人生が変わる……なんてこともあるかもしれないね!

★ふたご座 モモ/逆位置

物事は、今が盛りのようです。さらなる進展を求めて深追いしても、思うような結果は得られないでしょう。マンネリや退屈を味わうこともありそうですが、最近、面倒を嫌って、人と深くかかわることを避けていたりはしませんか? 誰とでも分け隔てなくつき合うモモのように、とはいかないまでも、人との交流を大切にしましょう。

モモからあなたへ

こんにちは。あなたに会えてうれしいわ。私も今週は、無理に前進したり、手を広げたりしないほうが安心だと思うわ。今向き合っていることに誠実に取り組んでね。人間関係も同じよ。友達や仲間を新しく増やすことを考えるより、今そばにいる人たちのことを大事にしようね。

★かに座 サンドリヨン/正位置

才能や努力に日が当たりそうなときです。認められ、支持される喜びや、成功・達成・勝利などを手にする感激を味わうことができるでしょう。開放的かつアクティブになれるときでもあります。一人でお城の舞踏会に乗り込んだサンドリヨンのように、自分からアクションを起こすとラッキーです。恋にも、おおいに勝算があります。

サンドリヨンからあなたへ

ごきげんよう。身動きがとれないことがあっても、少しずつ事態を打開していけそうですわ。何でも簡単にあきらめず、粘り強く取り組むとよろしいのではないでしょうか。でも、あなたのことですもの。一気に局面が変わるような、鮮やかな逆転劇を見せてくださることもありそうですわね。

★しし座 レ・ミゼラブル/逆位置

周囲への配慮を心がけたいときです。強引な行動は反発を招きやすいので、共感や協力を得たいなら、無理に強がって見せるより、むしろ自分の弱さを見せたほういいかもしれませんね。また、少女コゼットに限りなくやさしかったジャン・バルジャンのように、弱者に対して温かい視線を向けることが、開運のアクションになります。

ジャンからあなたへ

やあ、元気だったかい? いろいろ制限があって動きにくいかもしれないが、その中でもできることはある。やれる範囲でベストを尽くせば、おのずと道は開けるはずだよ。学びたいとか知りたいという知的欲求が飛躍のきっかけになることもある。向上心を押し殺さないようにしよう。

★おとめ座 ロビンソン・クルーソー/正位置

一人で静かに過ごす時間が充実しそうです。仕事や勉強、趣味などは、おおいにはかどるでしょう。無人島で孤独をかみしめながら自分を見つめ直し、さまざまなことに思いを馳せて、深くものを考えたロビンソンのように、内面の成長や高い精神性を獲得することが可能なときでもあります。遠距離恋愛、年の差恋愛に縁があることも。

ロビンソンからあなたへ

部活や趣味はもちろん、勉強や仕事もけっこう楽しんでやることができそうだよ。他人のことは気にせず、あくまでもきみのペースで取り組もう。しだいに調子が出てきて、やる気がわいてくるはずだ。そこからさらに勢いがつけば、思った以上のことができるかもしれないよ。

★てんびん座 指輪物語/逆位置

時流や環境の変化など、自分ではどうにもできない大きな力の影響を受けがちなときです。無力感を味わうこともあるでしょう。しかし、ホビットのフロドが覚悟を決めて指輪をめぐる冒険の旅に出たように、避けられない出来事を潔く受け止めれば、大きく成長できるはずです。ピンチがチャンスに変わることもあるでしょう。

フロドからあなたへ

やあ、調子はどうだい? いろんなことがあるだろうけど、物事には、気の持ちようで、つらくも楽しくもなるという部分があるよね。心配してもどうにもならないことは心配するのをやめて、なるべく心を楽に持とう。シビアな状況の中できたえられ、成長できるのも、心にゆとりがあればこそ、だよ。

★さそり座 幸福の王子/正位置

周囲の事情や環境に影響されやすいときです。あちらを立てれば、こちらが立たずといった具合で、台座に固定された銅像の王子のように、身動きがとれなくなることもあるかもしれません。力を十分発揮できず、もどかしくても、ここは我慢のしどころでしょう。自我を捨て、周囲の求めに従うなど、流れに身をまかせるといいようです。

幸福の王子からあなたへ

おやおや、これは苦しいですね。あなたが先に意思表示すると波風が立ちそうなので、相手の出方を見てから動いたほうがいいかもしれませんよ。実は、そろそろ活躍のチャンスが近づいているのです。だから、ここでダメージを受けて、気力や体力を消耗するのは得策ではない。慎重に立ち回るべきでしょう。

★いて座 美女と野獣/逆位置

人のいい面が顔を出しそうです。みんなから好かれ、あなたのまわりに人が集まってくるので、寂しい思いをすることはないでしょう。残念なのは、近づいてくる人のすべてが善人ではないかもしれない、ということ。妹を陥れようとしたベルの姉たちのような、意地の悪い人がまぎれ込んでくる恐れもあります。少しだけ用心しましょうね。

ベルからあなたへ

ごきげんよう。うまい話や甘い言葉には、気をつけたほうがいいようですわね。とはいえ、途方もない話は笑って聞き流し、堅実に過ごしていれば、間違いはないはずですわ。とくに、週の後半からは、人の善意を信じて行動したほうが、いい結果につながりそうな気がしますの。

★やぎ座 ライオンと魔女/正位置

自信を持って堂々と振る舞えそうです。というのは、心身ともに健康で、気持ちが安定しているからでしょう。誰かとの間に、ルーシーとアスランの間に芽生えたような、深い信頼関係が生まれることもあるかもしれません。一途な強い想いが、相手に伝わることもありそうです。それに伴って恋が叶うことも、十分に考えられます。

ルーシーからあなたへ

こんにちは。また会えたね。何だか縁を感じるな。あなたも縁を大切にしてね。あと、いい知らせが舞い込むこともありそうよ。いろんな問題が一気に片づいちゃうくらいのね。逆に、あなたからの連絡や便りを待っている人もいるはずなの。返事や発信は、まめにすることをおすすめするわ。

★みずがめ座 愛の妖精/逆位置

何かに夢中になりそうです。情熱を注ぐ対象があるのはいいことですが、それ以外のことがお留守になりがちなことが心配です。どんなに時間が惜しくても、最低限のやるべきことは、きちんとやっておきましょうね。そうすれば、あなたの恋や仕事や夢を、周囲も応援してくれるはずです。みんなに愛されたファデットがそうだったように。

ファデットからあなたへ

興味が外に向かなくなるのかもしれないけど、それは悪いことではないと思うの。ただ「自分さえよければ」という考えにならないように気をつけてね。ちゃんとみんなのことも考えたうえで自分の世界を大切にするなら、何の問題もないわ。好きなことを思いきり楽しみましょうね。

★うお座 不思議の国のアリス/正位置

ハプニングやアクシデントなど、急激な状況の変化を経験するかもしれません。そして、いきなり穴に落ち、不思議の国に迷い込んだアリスのように、驚き、ショックを受けるでしょう。けれども、落ち着いて対応すれば、最小限の被害ですむはずです。あわててパニックを起こさないようにしましょう。発想や方針、視点の転換は吉。

アリスからあなたへ

いろいろありそうで大変ね。でも、画期的なアイデアを思いつく、仲間に恵まれるなど、いいことも多いはずなの。そんなことに力を得て、がんばる勇気がわいてくるような気がするわ。あなたの場合、気持ちさえ折れなければ、たいていのことは乗り切れると思うの。落ち込みを引きずらないように心がけてね。

監修/天野原みちる先生

元記事で読む