1. トップ
  2. メイク
  3. リップは“下準備”で差が出る!口紅を塗る前にすべき3つのこと

リップは“下準備”で差が出る!口紅を塗る前にすべき3つのこと

  • 2020.7.30
  • 15336 views

毎日のメイクに欠かせない口紅は、塗る前の“下準備”によって仕上がりグッと変わるって知ってた? メイクのプロが実際に行なっている3つのリップメイクテクをご紹介。(フロントロウ編集部)

1.とにかく保湿を徹底する

セレブメイクアップアーティストのマーティンによると、口紅の発色を良くし、長時間キープするためには、とにかく唇を保湿することが第一優先。

画像: 1.とにかく保湿を徹底する

リップスクラブで古い角質を落とした後に、唇のうるおいを閉じ込める“リップパック”や、唇を保護しながらバリア機能を高める“リップオイル”などを取り入れることをオススメ。このひと手間を加えることで、リップメイクの仕上がりが格段に上がるという。

また、これらの保湿ケアはできるだけ唇に長くつけておくことが大事。口紅を塗る“直前”に拭うことで、保湿効果を最大限に引き出すことができるとも話している。

2.コンシーラーで色味をカバー

口紅を塗るとき、とくに透明感のあるシアーリップの場合、素の唇の色が濃くて思うように発色しなかったり、逆に唇のくすみが目立ってしまった経験、誰しも一度はあるのでは?

画像: 2.コンシーラーで色味をカバー

そんなリップの悩みを解決するのが「コンシーラー」。マーティンは「口紅を塗る前に、唇の外側にコンシーラーをつけて、指でポンポンとなじませて」と英メディアGlamourで助言。唇の赤みやくすみ、色ムラが緩和され、口紅のノリと発色が良くなるという。

唇の色味を整える他にも、唇の輪郭を矯正する効果もあり、理想の唇の形に導いてくれるそう。

3.リップライナーでにじみを防ぐ

コンシーラーで整えたら、今度はリップライナーを唇の輪郭に沿って塗り、口紅のにじみをブロック。さらに、メイクアップアーティストのメイク・クインは「化粧下地のように唇全体に塗るのもオススメ」とアドバイス。唇の表面がなめらかになり、口紅の密着度が高まるという。

画像: 3.リップライナーでにじみを防ぐ

でも、いちいち口紅の色に合わせたリップライナーを探すのは面倒…という人は、透明無色のクリアリップライナーを使うのもオススメ。通常の色付きのリップライナーと同じ効果を持ちながら色を気にする必要がなく、しかもラインがはみ出ることもないから楽チン!

メイクのプロが実践する、口紅の仕上がりを格上げしてくれるリップメイクテク。口紅を塗る前にぜひ試してみて。(フロントロウ編集部)

元記事で読む