1. トップ
  2. ダイエット
  3. 「お尻と太ももが脂肪だらけ…」隙間時間を使って美脚美尻になれる10分エクサ動画

「お尻と太ももが脂肪だらけ…」隙間時間を使って美脚美尻になれる10分エクサ動画

  • 2020.7.28
  • 13227 views

運動不足が招く下半身太り

デスクワークなど、日ごろから下半身を動かす機会が少ないと血行が悪くなり、筋肉量も低下しお尻が垂れ下がったり、脚のラインも悪くなったりします。なるべく下半身を動かす習慣をつけ、血行を良くし、筋肉量を維持していく必要があります。

日常生活の中でできることは?

1.エスカレーターではなく、階段を使う

2.車ではなく、徒歩か自転車を使う

3お掃除ロボットではなく、自分が動く

などなど、日ごろの生活のちょっとしたことでも運動量を増やすことが大切です。

動画を見ながら美脚美尻10分間エクササイズにトライ!

美脚美尻のためのヨガ&ピラティスエクササイズでたるんだお尻や太ももを引き締めましょう!今回は、前回の記事で好評だった「短期間の運動で絶大な痩せ効果!ヨガ的HIITトレーニング動画」にて紹介させていただいたヨガインストラクター東大貴さんによる10分間エクササイズです。おうちにいながら隙間時間でしっかり運動することができます!

メニュー

1.橋のポーズ
2.レッグレイズ(四つ這い):右
3.レッグレイズ(四つ這い):左
4.膝グルグル:右
5.膝グルグル:左
6.内ももリフト:右
7.内ももリフト:左
8.ダウンドッグ
9.チェアーポーズ
10.女神のポーズ

ポイント

・1の橋のポーズの時は、お尻を引き上げた際にお尻を締める。膝から肩までが一直線。

・2と3のレッグレイズの時は、骨盤を床と平行にしておく。

・4と5の膝グルグルの時は、両手に均等に体重を乗せ、股関節からしっかり脚を回す。ぽっこりお腹や下半身のむくみにも効果あり。

・6と7の内ももリフトの時は、バランスがとれるところに手を置き、土踏まずをまっすぐ上に引き上げる。O脚の改善や太もも外側の張りの解消にも。

・8のダウンドッグの時は、手を大きく開いて床を押す。股関節を引き込んで、お尻を高く上げる。血液の流れが良くなり、足のむくみ解消にも。

・9のチェアーポーズの時は、足幅は腰幅、お尻を下げるタイミングで両手を上げ、股関節と膝を同時に曲げる。お尻や太ももが締まりやすくなる。

・10の女神のポーズの時は、足幅は肩幅より広めにとり、つま先は斜め45度外側。膝を曲げる際はつま先と同じ方向に。内ももの筋肉に刺激を感じながら、腰をしっかり落とす。

美脚美尻に導く10分エクササイズ動画

いかがでしたか?10分だけでもかなりの運動量だったと思います。日常の隙間時間でもできるヨガとピラティス。忙しいからと諦めずに、今年こそは美脚美尻を目指してみませんか?

動画出演/東大貴さん
ヨガインストラクター、パーソナルトレーナー、ピラティスインストラクター。大学卒業後、救急病院に5年従事。婚約者の乳癌発覚をきっかけにリハビリ目的としてヨガを提供すべく、大手ホットヨガスタジオにインストラクターとして転職する。転職後2年目に社内全メンズコンベンションにて総合1位入賞。現在はフリーランスとして【フィットネスに関わる全ての人を健康に】を胸にインストラクターやトレーナーとして活動中。Instagram:@max_retraim

ライター/君嶋瑠里
ヨガインストラクター(RYT200)/F-Rピラティスインストラクター(BI) ヨガスタジオ、ホットヨガスタジオ、フィットネスクラブ、公共施設にてヨガやピラティスを指導。フィットネスクラブでの活動が多数。機能改善やボディメイクについて勉強中。Instagram:@ruripirarucu

元記事で読む