1. トップ
  2. レシピ
  3. 白い部分にも栄養が? スイカが"天然のスポドリ"たる理由と夏におすすめの取り入れ方

白い部分にも栄養が? スイカが"天然のスポドリ"たる理由と夏におすすめの取り入れ方

  • 2020.7.28
  • 3176 views

熱中症対策に!天然のスポーツドリンク

夏の暑い時に食べたくなる食材のひとつに、"スイカ”を思い描く人は多いのではないでしょうか。色鮮やかな真っ赤なボタニカルカラーと、みずみずしく清々しい香りで涼を味わえるスイカは、夏の味覚を代表する食材ですね。古くから、暑い夏の熱中症予防をサポートし、夏に適した食材として使われてきました。

夏の暑さと共に、昨今ではマスクを着用した新しい生活スタイルにより、例年より熱気にぐったりしがちです。カラダへのダメージを感じやすく、熱中症対策が大切です。

熱中症対策には、水分補給は大事なポイントです。スイカは約90%が水分で出来ているので、まさに夏には最適の食べ物です。スイカは、夏に発汗で奪われやすい体液を補ったり、のどの渇きを潤し、熱の症状からカラダを守ってくれます。汗をかいた時には、水分だけでなくカルシウムやマグネシウム、カリウムといったミネラルも一緒に排出されてしまっているので、水を補給と共に、塩分の摂取も必要です。

スイカには、わすがですが、糖分やカリウム・カルシウム・マグネシウム等のミネラルも含まれています。スイカは、水分量を多く含んでいるので、微量の食塩を加えるとスポーツドリンクと同じような効果が期待できると言われています。「スイカ+塩」の組み合わせは、夏にぴったりのヘルシーなおいしい食べ方。天然のスポーツドリンクとして、取り入れのがおすすめです。

捨てないで!スイカの白い皮の美味しい活用術

スイカは、ジューシーな赤い実がおいしい食材ですが、実はスイカの皮の白い部分にも栄養素が含まれているんです。スイカの皮の白い部分には、赤い果肉の2倍もの量の「シトルリン」という栄養素が含まれています。シトルリンは、体内の老廃物を体外へ排出しするのをサポートしたり、抗酸化作用やコラーゲンの分解を抑えるはたらきがあるので、紫外線から肌を守ってくれるのをサポートしてくれます。

「今まで赤い果肉だけ食べて捨ててしまっていた!」という方も、スイカの白い皮の部分も簡単に調理しておいしく食べることができます。赤い実を食べた後のスイカの活用術をご紹介します。おすすめは、固い外皮をむいて、白い皮の部分を刻んで塩麹と鷹の爪で揉み込んで、数時間漬け込みして作る「スイカの即席漬け」!塩分も同時に摂取出来るので、暑い夏にピッタリな食べ方です。

スイカの即席漬物
photo by Mai Sato

また、千切りにしてサラダやスープにいれたりと簡単に調理できて、どんなお料理にも合わせやすい食材です。今が旬で美味しい季節に、スイカの力を取りいれて、暑い夏を乗り切って過ごしましょう!

ライター/佐藤舞
豊富な知識と、ローフードやヨガインストラクターの資格をもち、楽しみながら実践するオーガニック&ヨガライフを提案。毎日の暮らしの中に「Inner Peace」を大切に、心潤うライフスタイルを送る。休日の楽しみは、料理や、ファーマーズマーケットで生産者さんとの直接の交流を深める時間を過ごすこと。

元記事で読む