1. トップ
  2. インテリア
  3. 取り入れなきゃ損!!《ボールのようなフラワーベース》が可愛すぎる♡

取り入れなきゃ損!!《ボールのようなフラワーベース》が可愛すぎる♡

  • 2020.7.28
  • 3701 views

クーイーデザインのフラワーベースが流行中

クーイーデザインというスウェーデン発のインテリアブランドから販売されているフラワーベースはコロンと丸い形をしていて、とてもおしゃれなんです。

今回はクーイーデザインのフラワーベースを取り入れているインテリア実例を紹介させていただきます。おしゃれな飾り方について学び、ぜひ取り入れてみてくださいね。

丸いフラワーベースを取り入れたインテリア

インスタグラムでも人気のアイテム

インスタグラムでも人気があるクーイーデザインのフラワーベースは、コロンとした丸いフォルムが印象的です。

まるでボールのような形がお部屋の雰囲気をよくしてくれます。ココナッツカラーだそうですが、どんなインテリアにも合いそうですね。

○△□のアイテムを取り入れる

こちらのスペースはクーイーデザインのフラワーベースを筆頭に、四角い小物と三角のトレー、丸いトレーを立てかけてディスプレイされています。

○△□といろんな形のものを組み合わせると、とてもバランスがよくなりますね。

ダイニング横に飾る

フラワーベースはそれだけでも十分存在感があるので、ダイニング横に1つだけ飾るのも素敵です。

季節のお花を飾ってあげれば、毎日の食事ももっと楽しくなりそうですよね。大きいサイズは20㎝もあるので、お部屋のアクセントになります。

ドライフラワーを挿す

色鮮やかで華やかさをプラスしてくれる生花も素敵なのですが、ドライフラワーを挿してもかわいいですよね。

ベージュカラーのようなくすみカラーとドライフラワーの相性が抜群で、海外インテリアのような雰囲気が出ます。

小さいものを2つ並べる

クーイーデザインは、スウェーデンのインテリアブランドなのですが、和の要素を取り入れてもおしゃれなんです。

8㎝と10㎝のミニサイズを並べているので、玄関先やトイレの棚など小さなスペースに飾りやすいですよ。

トレーの上に飾る

少し大きめのトレーの中に、フラワーベースやドライフラワーを取り入れても素敵ですね。

トレーを置くことによってバランスよく飾りやすくなりますし、きれいにまとまるのでおすすめです。後ろに立てかけている洋書も素敵。

洋書の上に置く

クーイーデザインのフラワーベースは単品で飾ってもいいのですが、洋書の上に置いて飾るのもおすすめです。

またサイズ違いで2つ並べてあげると、よりバランスが良くなります。気分によって2つ並べたり、1つずつ使ったりとディスプレイを楽しめますよ。

ウォールシェルフに飾る

ウォールシェルフにフラワーベースを飾ると、飾り棚に華やかさがプラスされます。

マットな質感、コロンとしたフォルム、ドライフラワーや生花、グリーン何でも合う万能さが魅力です。モノトーンでまとめると、統一感が出てすっきり。

3サイズを並べて飾る

クーイーデザインのフラワーベースを並べて3つ飾るというアイデアも取り入れたいですね。

大きいもの、小さいもの、さらに小さいものの3つを取り入れており、バランス良くディスプレイされています。

全部くすみカラーで色味が似ているので、どの色を組み合わせてもおしゃれになりますよ。

同じくフラワーベースを3つ並べているのですが、色やサイズが変わると雰囲気がガラッと変わりますよね。

似たサイズですが3つともバラバラのサイズで、色も全部違うものをディスプレイしています。お花を挿さなくてもおしゃれです。

フラワーベースを取り入れたインテリアまとめ

今回は、クーイーデザインのフラワーベースを取り入れたインテリアを紹介させていただきましたが、クーイーデザインのフラワーベースはとてもおしゃれですよね。

1つでも可愛いですが、2つ3つ並べるのもおすすめ。トレンドのアイテムなので、おしゃれなフラワーベースを探している方はチェックしてくださいね。

元記事で読む