1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 【今週の運勢】誕生日で占う キャロル・アドリエンヌの7月27日~8月2日の運勢

【今週の運勢】誕生日で占う キャロル・アドリエンヌの7月27日~8月2日の運勢

  • 2020.7.26
  • 55742 views

アメリカ数秘術界の第一人者、キャロル・アドリエンヌが占う、今週の運勢。あなたの生年月日から導いた「パーソナルイヤー」で今週の運勢を読み解きます。

【パーソナルイヤーの出し方】
生まれた月と日の数字に2020のそれぞれの数字を足してください。その合計の数を一桁になるまで足していきます。その一桁の数字があなたの「パーソナルイヤー」です。

例)11月27日生まれの場合
1+1+2+7+2+0+2+0=15、1+5=6
パーソナルイヤーは「6」となります。

■パーソナルイヤー1……「チャンスまたは変化」
7月最後の数日で、仕事や金銭的な問題は片付いてしまいます。きっと内々の締め切りにプレッシャーを感じているのでしょう。いろいろなことがまもなく落ち着くべきところに落ち着くか、もしくは不安を残すことになるかでしょう。いまは論理的というよりも、感情や自分の本能的な反応で決める傾向にあります。

パートナーや同僚との間で支配権争いが起きるかもしれません(特にコロナによるビジネス上の決定や財政面への影響を受けて)。ネガティブさが少し顔をのぞかせ、他人の事情が気にかかるかもしれません。もうしそうだとしたら、自分が気になっていることが何なのかを探ることです。何が起きるのかは自分では変えられませんが、自分の行動は変えることができます(もし何か起きても)。不安や疑いで一杯になるよりも、物ごとはたいてい一番いい結果になるものだと認めましょう。

★今週のフォーカス
すべてのことに可能性がある。

■パーソナルイヤー2……「方法を変える」
今週はおもしろみのある、驚きの週になるに違いありません。数秘のエネルギーは、これまでの動きを止め、新たな扉を開くのです。あなたの思考は意外な展開をするかもしれません。落ち着かない気分、不安、あるいは時にロマンチックな気分になります。ソーシャルメディア上でのやり取りが忙しいでしょうが、ネガティブな雰囲気を出したり、後悔するようなことを言ったりしないよう気をつけましょう。週末には「新たな始まり」に向けて、新しいアイデアや状況が出てくるでしょう。

8月は人間関係やパートナーとの間で何かを決めることに重点が置かれます。留守をしていた人から返事が返ってくるかもしれません。ウェブ関連、コンピュータ関連、チームワーク、美、アート、写真や、大規模イベントに関わる可能性も高いでしょう。自分の周りの雰囲気ががらりと変わったと感じます。今週は何かのお知らせをしたり、婚約、結婚式、赤ちゃんの誕生などにはいいときです。あなたのやりたいことにエネルギーを注ぎましょう。

★今週のフォーカス
新しいアイデアには前向きな姿勢で。

■パーソナルイヤー3……「うまくやってのける」
今週は、プロジェクトや構想が現実に直面することになります。威圧的に感じた相手に、どうプレゼンすればいいのか不安かもしれません。そんなときは相手の視点になり、彼らにとって何が重要なのかを述べてみましょう。話が面倒な方向になってきても、逆ギレしたりしないように。少し間を置いて穏やかに物ごとを見ることができれば、お互いの本当の問題を理解できるようになります。

これまで日常を周囲の人に合わせてきたかもしれませんが、いまはもっと積極的になっていいときです。婚約しようか考えていますか? 子どもを持ちますか? 新しいサービスを始めますか? 今週は数秘の後押しで、新しい取り組みへと進もうとやる気が起きていることでしょう。

★今週のフォーカス
友情と協力。

■パーソナルイヤー4……「しっかりとしていましょう」
週末にかけ創造性が高まり、きちんとまとめをしたり、誰かに重要事項メモを書いたりします。いつもならいま頃あなたはバケーション用の荷物を準備中かもしれません。でも(コロナウイルスのせいで)いますぐ旅行に出ることはありそうもないので、家を綺麗にすることにエネルギーを使うことにするでしょう。予想外の提案があって、いろいろなことが簡単にできそうです。

今週はたいてい、細々したことや電話のかけ間違い、まちぼうけ、配達の遅れなどにいらいらすることが多そうです。三角関係(あなたを含む3名)で感情的な面で複雑になりそう。おそらく何かを手放すときなのです。子どもが欲しい人は、今週がいいかもしれません。忙しい週になりそうなので、週末は楽しい予定を入れましょう。

★今週のフォーカス
楽天的、ユーモア、独創性を組み合わせたアイデアの探究。

■パーソナルイヤー5……「素晴らしき人生」
週末になると、計画の具体的な進め方について考え始めるでしょう。あなたの人生はすでに変化のときを迎えていますが、他の人よりもすっかり混乱させられているかもしれませんね。今月の最後の数日には、おもしろい人に出会うチャンスがありそうです。仕事をしている人は、仕事ばかりしていますね。公的な、あるいは政治活動に関わるプロジェクトで忙しいでしょう。

節約の話をしたにもかかわらず、あなたとパートナーは将来のバケーション費用やその他の支出について、一部ゴーサインを出してしまいます。結婚式の計画は、今週は高額なプランをやめて駆け落ちしようかという衝動に駆られます。そのほか、ラブコメドラマで盛り上がります。近所のあまり知らないところを散歩してみたり、動物保護団体からペットを迎えることを考えてみましょう。

★今週のフォーカス
目標と優先順位を見据えつつ、週末を楽しく過ごしましょう。

■パーソナルイヤー6……「動揺」
今週、7月の安定したエネルギーから、8月の自由気ままなエネルギーに変化し、まったく新しい方向性について考え始めます。ペースが速まり、いくつかの場面では素早い対応が求められます。大きな動きが来る前にいまやっていることを終わらせようとするでしょう。あるいはいまにも起こりそうなことに落ち着かず自信がありません。

恋愛や真剣な交際においては、最近起きた問題や意見の相違は、愛情深い穏やかな話し合いがプラスに働きます。口調が最も大切です。恋人募集中の人は、真剣なお付き合いを考えているかもしれません。いまの時期はたいてい、にっちもさっちもいかない状況。何が本当に大切なのか思い出し、もう一度見直してみましょう。心の落ち着きには体を動かすことが必要不可欠です。

★今週のフォーカス
柔軟性。

■パーソナルイヤー7……「学び」
何かを思いついたら、同時に違う見方もしてみる必要があります。見えないところに押し込めていた問題がじわじわと視界に入ってきて、注目すべきことが分かるようになります。8月になると、家庭内のことが強調され始めます。もしうんざりするほどたくさんの出来事が並んでも、シンプルにしましょう。リストを作りましょう。できることしかできないのですから。いま進行中のプロジェクトには目を光らせて、エラーや見落とし、重要な部分の確認をしましょう。横着したくなっても、小さく静かな心の声を聞きましょう。

今年の孤独を愛する数秘の影響のもとでは、1人のリラックスタイムがあなたの隠れ家です。8月以降、友人や家族との時間が増えてきます。あるいは家族内での重要な話し合いでいざこざが起こることもあるかも。

★今週のフォーカス
誠実さ。

■パーソナルイヤー8……「分析」
内省モードの8月に入ると、あなたはこの数週間を振り返るでしょう。思いがけない失敗に自分を疑い、いつまでも責めて続けているかもしれません。お偉いさんに締め切りでプレッシャーを与えられたり、仕事を増やされていたりしていれば、今週はまだまだストレスで痛めつけられそうです。今週は重要な変化の計画を真剣に考えるかもしれません。仕事をしている人は、在庫整理や遺失物の追跡、ソフトウェアのインストールなどするでしょう。最終的には落ち着きを取り戻すので、文章を書いたりペットに関するプロジェクトを探したり、自然の中で過ごしたりするでしょう。

8月には思いがけない出来事も待っています。もしもコロナウイルス感染拡大問題の対処で深刻なプレッシャーを感じていても、週末からの、もっと穏やかで窮状をしのげる8月を期待して待ちましょう。のんびりリラックスする時間を取ってください。潜在意識を気楽に感じさせることで、独創的な方法を導くことができるのです。

★今週のフォーカス
平安。

■パーソナルイヤー9……「問題解決ずみ」
今週は進歩と閉鎖の極めて重要な週になりそうです。最近あなたのビジネスが閉鎖に追い込まれていても、8月は新たな努力のフェーズがあるかもしれません(閉鎖後持ち直せないと思うなら廃業を選択するかもしれません)。あなたは仕事に戻るか、主要な財政問題に対処するでしょう。近々、投資や資産の売買、借入金の清算を考えることになるでしょう。法的な問題は専門家への相談が必要かもしれません。

健康に関することがあなた自身もしくは年配の親類について持ち上がるかもしれません。9年サイクルの最後にいるので、引退もまた最優先事項でしょう。今週末の数日間には、予期せぬお金や遺産の話が予想されます。真面目な質問がこれから来年の初め頃まで起こりやすくなります。恋愛面では、金銭的な大きな決断が2人の人生に影響を与えそうです。用心に用心を重ねる傾向にあります。

★今週のフォーカス
信頼に足る情報を得ましょう。

占い監修:キャロル・アドリエンヌ
アメリカの数秘術界の第一人者であり、世界的なスピリチュアル・カウンセラー。ライフ・コーチ、ワークショップ講師などとして活躍。ゲスト・スピーカー、セミナーの主宰・コーディネイターとして、世界10ヶ国以上での講演を行っている。
キャロル・アドリエンヌ未来予言

元記事で読む
の記事をもっとみる