1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【手相占い】知能線×流年法で見る知的運勢 才能開花&スランプの時期はいつ頃?

【手相占い】知能線×流年法で見る知的運勢 才能開花&スランプの時期はいつ頃?

  • 2020.7.24
  • 559 views

いつだって知りたいのは、今とこれからの運勢。いつ何が起こるのか事前にわかっていれば、そのための準備もできるし、前向きな気分もわいてきます。今回は、手相の秘伝ともいうべき「流年法」をご紹介。線の読み方をマスターすれば、今とこれからの運勢が一目瞭然です!

■流年法とは?

線の流れを読むことで、人生のイベントや危険を知る方法のこと。3大線といわれる「生命線」「知能線」「感情線」のほか、「運命線」「太陽線」「結婚線」にも、それぞれ流年法があります。

<第6回>「知能線」の流年法の出し方をマスターしよう!

人差し指と親指の間から、手の平を横切って伸びる線を「知能線」といいます。知能線の流年法で知的活動がアップする時期やスランプ時期を読むことができます。

<知能線線の流年の出し方>

知能線の流年は、親指側からスタートします。人差し指中央の真下を10才、中指中央の真下を30才、薬指中央の真下を50才、小指中央の真下を80才とします。
※さらに詳しく知りたいときは、それぞれの区間を等間隔に分けて年齢を出します。線が短い人は、端まで伸びていると仮定して流年をとっていきます。

■流年法でズバリ! 今とこれからの運勢

流年法で現在の自分の年齢にあたりをつけたら、そこに何かのサインが出ていないか調べます。サインにはハッピーなものとネガティブなものが存在します。目をこらしてよく見てみましょう。コピー機で手のコピーをとって、流年を書き込んでみるとわかりやすいです。

■出てたらうれしいハッピーサイン!

・上向きの支線が出ている……知的活動スタートのサイン
知能線の上向きの支線は、その年齢に知的活動が盛り上がり、新たなスタートラインに立つ可能性を示唆しています。進学、留学、ビジネスチャンスなどあるかもしれません。

・下向きの支線が出ている……新しい才能出現のサイン
知能線の下向きの支線は、その年齢に新たな才能が芽生えることを暗示しています。

■あったら要注意のバッドサイン

・「島」や「空白」がある……スランプを経験しそう
知能線の途中にあらわれる丸い形をした「島」、線が途切れる「空白」などがあらわれたら、その年齢にスランプを経験したり、精神的な悩みを抱えて苦悩する可能性があります。

知能線は枝分かれが多い線であり、出る場所や形状も人によって大きく異なります。そのため、プロでも流年をとるのは難しい線です。知能線の流年を見る際には、細かい年齢にこだわるより、おおまかな運の流れをつかんで、チャンスやスランプに備えるための目安として活用するといいでしょう。
(夏川リエ)
※画像出典/shutterstock

元記事で読む