1. トップ
  2. 白濱亜嵐、“ド派手な”マレーシアロケを満喫「見たプール、見た海には全部入りました(笑)」

白濱亜嵐、“ド派手な”マレーシアロケを満喫「見たプール、見た海には全部入りました(笑)」

  • 2020.7.23
  • 2226 views
映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」初日舞台あいさつに登場した長澤まさみ(中央)、小手伸也(左奥)、白濱亜嵐(右奥)
※提供写真

7月23日に都内で行われた映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」の公開初日舞台あいさつに、長澤まさみ、東出昌大、小日向文世、小手伸也、白濱亜嵐、関水渚、古川雄大が登壇。作品の魅力などを語った。

【写真を見る】長澤まさみ、東出昌大、小日向文世ら豪華キャストが勢ぞろいした舞台あいさつとなった

同作は、3人の信用詐欺師の暗躍を描くコメディー「コンフィデンスマンJP」シリーズの劇場版第2弾。

主人公の美しきコンフィデンスウーマン・ダー子に長澤、若きコンフィデンスマン・ボクちゃんに東出、百戦錬磨のコンフィデンスマン・リチャードに小日向が扮(ふん)し、大富豪一族の10兆円にも及ぶ莫大な遺産を狙い、マレーシアの伝説の島・ランカウイ島で史上最大のコンゲームに挑む。

全国47都道府県の201の劇場で生中継された今回の舞台あいさつ。本作でダー子たちが狙う「10兆円の遺産」に絡め、「10兆円あったら何に使いますか?」というトークテーマに対し、一同はクロストークで盛り上がった。

小日向が「映画『コンフィデンスマンJP』を100本ぐらい作る!そして『寅さん』を抜く!」と楽しそうに話すと、長澤は「1本にすごいお金をかけるっていうのはどうでしょうか?」と提案。これに小日向から「宇宙に行けるよ!」と声が上がり、「それいいですね!宇宙に行きましょう!」と長澤も乗っかり、キャスト陣だけで「月面編」の構想を立てて笑い合った。

小日向文世「ゲストの人数分、劇場に」

さらに、「『プリンセス編』の魅力を一言で言うと?」というトークテーマでは、それぞれフリップに書いて回答することに。

長澤まさみが「FAKE」と答えた他、東出昌大は「笑」と回答し、「出演者もスタッフさんも本当に仲が良くて、和気あいあいと楽しい空気の中で撮っています。その楽しい“笑い”みたいなものが通底しているからこそ、この作品ができていると思うので、その“笑い”がお客さんに届けばいいなと思っています」とコメントした。

そして小日向は「豪華なゲスト陣」と紹介。「主役を張れるようなゲストの方々がたくさん出演していて、何とぜいたくなんだろうと思っています。その豪華なゲストの人数分、劇場に足を運んでもらえれば…10回、20回、楽しんでもらえると思います(笑)」ときっちり宣伝につなげ、小手伸也は「マジか五十嵐」、関水渚は「(ダー子、ボクちゃん、リチャードの)3人の掛け合い」とそれぞれ答えた。

他にも、白濱亜嵐は「ド派手」と回答。「キャストも豪華だし、ロケーションもマレーシアで撮影したりと、この映画の規模がとにかくド派手! 僕自身も休みの日、ジェットスキーで島中を回ったり、楽しませてもらいました。見たプール、見た海には全部入りました(笑)」と明かし、その満喫ぶりに他のキャスト陣も驚いていた。

また、古川雄大は「豪華」と答え、「とにかくゲストが豪華ですし、スケール大きい、世界観も華やかで、この豪華さが、この物語に息を吹き込んでくれているのだと思います」と作品をアピールした。(ザテレビジョン)

元記事で読む
の記事をもっとみる