1. トップ
  2. 冷製パスタ、はじめました! 夏を乗り切るカペッリーニ5選

冷製パスタ、はじめました! 夏を乗り切るカペッリーニ5選

  • 2020.7.20
  • 684 views
「かに缶とまぐろの冷製カペッリーニ」 料理:阿部洋平 撮影:本多康司
「かに缶とまぐろの冷製カペッリーニ」 料理:阿部洋平 撮影:本多康司

【画像を見る】華やかな見た目の「ミニトマトとえびの和風カペッリーニ」

毎年この季節になると、町中に「冷やし中華はじめました」の文字があふれかえるもの。もう食べ飽きてしまった…という人のために、今回はあえて“冷製パスタ”のレシピをご紹介していきます。通常のスパゲッティよりも細いカッペリーニを使うため、いつもとはひと味違った味わいを楽しめますよ。

かに缶とまぐろの冷製カペッリーニ

【材料・2人分】

カペッリーニ 160g、まぐろ(刺し身用) 1/2さく(約80g)、かに缶 1缶(約150g)、牛乳 小さじ4、アボカド 1個、レモン汁 小さじ1強、トマト 2個、塩、しょうゆ、オリーブ油、粒マスタード、砂糖

【作り方】

1. まぐろはさくのまま塩少々を全体にふり、ラップをかけて冷蔵室に約1時間おく。5mm角に切って、しょうゆ少々を加えて混ぜる。まぐろは塩をふってしばらくおくと、味がなじみ、全体がしまる。さらにこれを粗みじん切りにして、しょうゆであえ、食べやすくする。

2. アボカドは縦半分に切ってスプーンで身をすくい取り、ボウルに入れてフォークなどで潰す。牛乳、オリーブ油小さじ2、レモン汁、塩少々を加えて混ぜ、なめらかにする。

3. トマトを乱切りにし、ミキサーでなめらかになるまでかくはんする(ミキサーがなければ、すり鉢などでする)。オリーブ油大さじ2、粒マスタード10g、塩、砂糖各少々を加えて混ぜ、調味する。

4. 鍋に湯を沸かして塩適量を加え、カペッリーニを袋の表示どおりにゆでる。氷水にとって冷やし、ざるにあけてペーパータオルで水けを拭く。別のボウルに入れて、3、かにの半量を加え、あえる。

5. 器に盛り、2をスプーンですくってのせ、1のまぐろ、残りのかにものせる。好みでディルやルッコラを飾る。

(735Kcal、塩分2.8g)

かに缶とまぐろの刺し身で作る、さっぱりとしたトマト風味のパスタです。まぐろは塩をふってしばらくおいたあと、粗みじん切りに。最後にディルやルッコラをのせると、彩りや風味がグッとよくなります。

ミニトマトとえびの和風カペッリーニ

トマトは少し切り込みを入れてから手で割ると、調味料とからみやすくなります。オリーブ油としょうゆで、まとまりのある味わいに仕上げましょう。

【画像を見る】華やかな見た目の「ミニトマトとえびの和風カペッリーニ」 料理:植松良枝 撮影:邑口京一郎
【画像を見る】華やかな見た目の「ミニトマトとえびの和風カペッリーニ」 料理:植松良枝 撮影:邑口京一郎

きゅうりと甘えびのカペッリーニ

レモン汁をたっぷりとふりかけて、甘えびの身を引き締めるのがポイント。皮ごと搾ることによって、さわやかな香りになります。

「きゅうりと甘えびのカペッリーニ」 料理:佐竹弘 撮影:澤井秀夫
「きゅうりと甘えびのカペッリーニ」 料理:佐竹弘 撮影:澤井秀夫

おろしきゅうりのカペッリーニ

少しにんにくをきかせると、食べやすい風味に。お好みでオリーブ油をたらし、風味をプラスしてもいいかもしれません。

「おろしきゅうりのカペッリーニ」 料理:きじまりゅうた 撮影:竹内章雄
「おろしきゅうりのカペッリーニ」 料理:きじまりゅうた 撮影:竹内章雄

冷製トマトソースのカッペリーニ

トマトのうまみを凝縮したソースは、冷蔵庫で3~4日ほど保存可能。冷やして食べることで、一段と甘みが引き立ちます。

「冷製トマトソースのカッペリーニ」 料理:神保佳永 撮影:邑口京一郎
「冷製トマトソースのカッペリーニ」 料理:神保佳永 撮影:邑口京一郎

カペッリーニはそうめんのようなつるっとした喉ごしが特徴。この機会にレシピを覚えて、冷たい主食のレパートリーを増やしてみてはいかがでしょう?

元記事で読む