1. トップ
  2. 「接吻しかねぇわ!」堀内敬子“昌子さん”暴走!『エール』川俣編で描かれる“強い女たち”

「接吻しかねぇわ!」堀内敬子“昌子さん”暴走!『エール』川俣編で描かれる“強い女たち”

  • 2020.7.15
  • 407 views
川俣銀行の紅一点・昌子さん(堀内敬子)が大暴走!
「エール」第16回場面写真 (C)NHK

【写真を見る】美貌も話題を集めた、堀田真由演じる志津

窪田正孝主演、二階堂ふみがヒロインを務める連続テレビ小説「エール」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)は現在、再放送中。第3週「いばらの道」では裕一(窪田)の“初めての恋”のてん末が描かれている。裕一を取り巻く強い女たちに注目する。

昌子さん、“女心”を語る

作曲家・古関裕而氏と、妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)氏をモデルに、音楽と共に生きた夫婦の姿を描く本作。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため収録を一時中断した影響で、初回から再放送中。

第3週では、実家・喜多一の窮状を救うため、裕一が借金と引き換えに叔父・茂兵衛(風間杜夫)の銀行の跡取りとして川俣での生活をスタートさせた。

初めて社会に出た裕一。その周囲を、美しくも逞しい女たちが彩る。

川俣銀行の事務員・昌子(堀内敬子)は、人気ナンバーワンの踊り子に恋をしてしまった裕一の尻を叩きまくる。

人気の踊り子をモノにするには「接吻しかねえわ!」と息巻き、ややロマンチストな銀行メンバーたちの妄想接吻シチュエーションを「自然でいいけど、慣れてる人向けね」「ギャ~気持ち悪い!」「言葉にするなんて興ざめ」と一刀両断。「いきなりがいいわ」「女はドキドキしたい生き物なの!」と女心を解説し、即興で接吻大作戦のシナリオを練り上げた。

支店長・落合(相島一之)以下、どうにも頼りない川俣銀行の独身男三人衆に対し、昌子は3度の結婚・離婚を経験し、人生経験は豊富。勇ましく男性陣をリードするキャラクターが小気味よい。

そんな昌子が後に裕一の恩師・藤堂(森山直太朗)と結婚し、幸せな家庭を築くというのも感慨深い。

【写真を見る】美貌も話題を集めた、堀田真由演じる志津
「エール」第15回場面写真 (C)NHK

「じゃあね、お坊ちゃま。大人になるのよ」

そして、裕一を虜にしたダンスホールの踊り子・志津(堀田真由)もなかなかのキャラクターだ。

大きな瞳でジッと見つめられ、恋愛初心者の裕一はいとも簡単にノックアウト。距離が近づいてきたところで「ねぇ、もう店には来なくていいから。…これからは、外で会いましょ」と囁くなど、男心をくすぐるポイントもがっちり押さえてくる。

そして、こらえきれなくなった裕一が「好きです。付き合ってほしい」とあふれる思いを口にした途端「あっはは、おかしい!ねぇ私誰だか気づかない?とみよ、とみ。小学校の同級生の」「近づいてほれさせて、ここぞっていう時に『バーカ』ってやってやろうと思ってね」と衝撃のカミングアウト。

積年の鬱憤(うっぷん)をこれでもかと裕一にぶつけ、「あ~すっきりした。じゃあね、お坊ちゃま。大人になるのよ、ふふっ」と勝ち誇った笑顔で去っていった。

子ども時代、裕福な家庭でちやほやされる裕一を目の仇にしていたとみ(白鳥玉季)は、実家の倒産を乗り越えて“大人”になった。“志津”と名乗るこの女性の冷たい横顔からは、つらい境遇に負けずダンスホールの踊り子として必死でのし上がってきたその半生がにじみ出るようだ。

「強い女たち」が裕一に与えた影響

裕一はその後、再び音楽への情熱を取り戻し、これまた逞しい音(二階堂)という生涯の伴侶を得て、強い決意で福島を飛び出していく。

同じく福島県出身の細菌学者・野口英世は、実家の柱に「志を得ざれば再び此(この)地を踏まず(目標を達成するまではこの地に戻ってくることはない)」と彫り付けて世界へと飛び立っていった。いつのまにか裕一も、そんな強さを身につけて音楽家を目指すことになる。

常にボーっとしていて音楽以外何も知らない“お坊ちゃま”だった裕一が家族を捨て、地元を捨ててまで、夢のため未知の世界へと踏み出していくほど強くなった背景には、昌子や志津のような強い女性にもまれた川俣時代の経験が大きく貢献しているように思えてならない。

「エール」第15回場面写真 (C)NHK
KADOKAWA

ここからのエピソードでは、裕一が少しずつ自分の中の熱に気づき、“大人”になっていく過程が描かれる。この再放送の機会、ひとりの男として、人間として成長していく裕一の変化を見守りたい。(文=ザテレビジョンドラマ部)(ザテレビジョン)

元記事で読む