1. トップ
  2. ヘア
  3. 前上がり派? それとも前下がり派? お似合いシルエットで【旬顔ショートヘア】へ

前上がり派? それとも前下がり派? お似合いシルエットで【旬顔ショートヘア】へ

  • 2020.7.11
  • 39581 views

レングスが短いためにシンプルにまとまりがちなショートヘア。「トレンド感やお洒落感を演出するのが難しい」と感じている方も少なくないはずです。そこでまず意識したいポイントが“シルエット”になります。今シーズンは“前上がり”のスタイルに注目が集まっていますが、さり気なく周りと差がつくお洒落スタイルを手に入れるコツをチェックしてみましょう。

グッと大人可愛くキメるなら“前上がりシルエット”が◎

フェミニンで大人可愛いスタイルを目指したい方にオススメなのが、今シーズンのトレンドとなっている“前上がりシルエット”のスタイルです。

前髪も含め全体的に丸みをもたせることで、より大人可愛い印象が叶います。スタイル作りのポイントは、あまりレイヤーを入れず、毛先が自然と内巻きになるようにすること。少々厚みの出やすいスタイルなので、サイドを耳かけするのが重見えを回避のコツです。

同じく前上がりのシルエットでも全体を“ひし形”にまとめることでシルエットの丸みがより際立ち、大人可愛さがグッと高まります。

作り込みすぎないナチュラルなスタイリングで、ワックスを揉み込みながら束感を演出するのが似合わせのポイント。また、前髪に透け感をさらにプラスしてエアリーに仕上げるのもオススメです。

個性的な印象の出るパーマを採り入れたスタイルも前上がりシルエットならスッキリ感も高まるのでオンナらしさをさり気なくキープできます。

出典:@hair.cm/英太

パーマはクセ毛のように柔らかなカールで採り入れるのがポイント。前髪を分けたことで甘さが少し抑えられるので一見マニッシュな雰囲気もありつつも、同時に毛先の自然な動きと全体の丸みで大人可愛く仕上がります。また、インナーカラーを程良く入れて自然な明るさを引き出すのも大人可愛さを高める一手です。

大人感を前面に演出するなら“前下がりシルエット”で

大人感を前面に出しつつオンナらしい表情に仕上がる“前下がりシルエット”はサイドから見たときに後ろ髪より前側の髪の方がレングスの長くなるため、洗練された雰囲気を醸しつつどこか色っぽいのが魅力です。

後ろ側の髪の長さで輪郭や骨格と好相性なバランスを見つけるのが似合わせのポイント。ただし、顔周りが重見えしてしまわないように、髪色を気持ち明るめにしたり、レイヤーを入れて軽さを出したりなど、抜け感をプラスすることを意識しましょう。

また、洗練度も色っぽさもより高めるなら、ワンレンタイルで横顔まできれいに見せましょう。

ハンサムなのにオンナらしい印象に仕上がるのが魅力で、毛先に動きをほんのり出しつつボリュームが出過ぎないようにスタイリングするのが似合わせのコツです。かっこいいのに色気も感じる、大人っぽさを前面に醸した旬スタイルに仕上がります。

シルエットが少し変わるだけで雰囲気チェンジが叶うのがショートヘアの魅力です。もっと大人可愛く、もっと大人度高めにと、なりたい雰囲気に合うシルエット作りでお似合いの旬顔スタイルにアップデートしていきましょうね。<top image出典:@hair.cm/金子颯汰/ kyli表参道>

元記事で読む