1. トップ
  2. レシピ
  3. 森のハーブバターでフレッシュな風が通る食卓

森のハーブバターでフレッシュな風が通る食卓

  • 2015.4.30
  • 1607 views

週末の本棚へようこそ!

4月は新しい環境や出会いがあり楽しい時期ですが、知らず知らずのうちに結構パワーを使っていますよね。

少し疲れてしまったなという時は、主人公が森の中で癒されていく『西の魔女が死んだ』という本とハーブを取り入れたテーブルをおすすめします。

 

中学校に入ったばかりのまいは、学校に行くことが苦痛になってしまい、一定期間学校を休むことにしました。

休養先は山の中にあるおばあちゃんの家。

裏庭には、料理の最中に台所から出てきてすぐ採れるように、パセリやセージや、ミントやフェンネルが植えてあります。

まいは、その裏庭で真っ赤なルビーのような野いちごの群生を見つけたり、見晴らしの良い丘で遠くの薄青に輝く山をみつめたりしながら

「エスケープ」

と小さく声に出します。

そしてもう一つまいを癒したのはおばあちゃんの深い愛です。

おばあちゃんは外国の人なので、まいも感情をストレートに出しやすい相手。

「おばあちゃん大好き!」とことある事に連発しても、いつも微笑んで

 「知っていますよ」と応えてくれます。

まいは、おばあちゃんの提案で規則正しい生活をし、ちゃんとご飯を食べて、自然の中で体を動かすことを習慣づけます。

 

それは、学校生活に戻ってからもとても役に立つことでした。

少し息切れをしてしまったら簡単なところから変えてみたらいいのかもしれません。

すぐにおばあちゃんの家のような森に行けなくても、ハーブを使って食事を楽しんでみましょう。

ハーブバターは作るのがとっても簡単です。

お好みのハーブを刻んで常温で少し柔らかくなったバターに混ぜるだけ。

冷蔵だと一週間もつようです。

今回は二種類用意してみました。

左側が、ローズマリーとオレガノを入れたシンプルなもの。

右側が、タイムとニンニクのすり下ろしとレモン汁を入れたものです。

ハーブは市販のスーパーの野菜売り場で購入できます。

自分だけのオリジナルブレンドができるので楽しいですよ!

エビとも相性抜群!

今回は鶏肉を焼いてみましたが、他のお肉でも美味しいと思います!

※焼いた後に、バターをのせて、生のハーブを散らすと見た目が綺麗です。

 

 

もし、ちょっと疲れちゃったなと思ったら香りに癒されながら、ハーブバターを作ってみませんか?

少しだけでも生活にハーブを取り入れたら、心にフレッシュな風が入ってくるかもしれません。