1. トップ
  2. お仕事
  3. 今、働く女性が感じている辛いこと2位は「やりたいことがわからなくなった」!1位は…?

今、働く女性が感じている辛いこと2位は「やりたいことがわからなくなった」!1位は…?

  • 2020.7.9
  • 24280 views

コロナの影響で働き方ががらりと変化し、今現在も変化し続けている環境において、頑張っている働いている女性も多いはず。

2020年6月4日から7日間に渡り、社外メンターの派遣事業を行う株式会社MANABICIAの「Mentor For」が、20代から60代の働く女性180人を対象に「コロナ禍における働き方の外的・内的変化と現状の課題」についてのアンケート調査を実施したところ、働く女性たちのリアルな本音や不安が浮き彫りになりました。

キャリア観や「コロナ禍で最も辛いこと」、相談相手の有無など、働く女性をとりまく状況を調査結果から探ります。

約8割強がコロナ前後で働き方が変化したと回答

コロナ前後で、働き方に変化があったと回答したのは、87.8%に。

「コロナ前後で働き方に変化はありましたか?」
「コロナ前後で働き方に変化はありましたか?」

変化のあった139人のうち、「在宅勤務の導入」が107人、「勤務時間の減少」が32人となりました。在宅勤務になった人は意外と多いようです。

コロナ前後で66.1%のキャリア観に変化アリ

続いて、コロナ前後でキャリア観が変わったかどうか質問したところ、「変化した」と回答したのは66.1%となりました。

「コロナ前後でキャリア観は変わりましたか?」
「コロナ前後でキャリア観は変わりましたか?」

その変化の内容は、次の内訳となりました。

1位「在宅勤務をこのまま継続したいと思うようになった」78人
2位「キャリアチェンジ(転職・異動)を考え始めた」50人
3位「キャリアアップを希望するようになった」41人

またその他の回答として、「副業を考えるようになった」が自由回答として多くなっていました。

多くの働く女性たちにとって、在宅勤務の経験は、これまでの働き方を見直す大きなきっかけになったようです。

コロナ禍で最も辛いことの1位は「コミュニケーションの減少」

また「コロナ禍で最も辛いことはなんですか?」という質問したところ、次の結果になりました。

「コロナ禍で最も辛いことは何ですか?」
「コロナ禍で最も辛いことは何ですか?」

トップ2はこの2つ。

1位「他者とのコミュニケーションが減った」80人
2位「自分のやりたいことがわからなくなった」32人

在宅勤務の導入が進み、悩みや葛藤を他者に相談する環境・機会が減っていることが、悩みにつながっているようです。

その他、自由回答では「子連れで在宅勤務は不可能」「子どもの勉強や家事など、1人何役もこなすことに限界を感じる」という母親としてのつらさも挙がっていました。

働く女性たちが今求めるのはメンター的存在

新型コロナウイルス感染症拡大を受けて、社外メンターを派遣するMentor Forでは、今年3月からメンタリングの依頼が昨年比1.5倍と急増していると言います。

本調査でも、今、キャリアに関しての相談相手、つまり「メンター」と呼ぶべき、利害関係なく本音で話せ、アドバイスしてくれる人生の先輩が必要かどうかの質問をしたところ、「とても必要」「必要」と回答した女性が合わせて82.8%と約8割にも上りました。

「今、キャリアに関しての相談相手はあなたに必要ですか?」
「今、キャリアに関しての相談相手はあなたに必要ですか?」

一方で、今、社内に相談できるメンター的存在がいるかどうかの質問に、「いない」と答えた女性は82.8%で、多くの女性がコロナ禍で働き方の変化と同時にキャリア観の変化も起きている中、メンター的存在が必要であることがわかりました。

「メンター的存在が社内にいますか?」
「メンター的存在が社内にいますか?」

本調査を実施した株式会社MANABICIAの代表池原 真佐子さんは、次のコメントを寄せています。

「最近はコロナ感染拡大に伴うリモートワークで、人とのコミュニケーションも取りづらくなり、キャリア観も変化していく中で不安を抱えている女性が多いことが浮き彫りになりました。マネジメント側は、女性たちの心の不調、生産性低下、離職を防ぐためにも、社内で『何気ない会話から相手の悩みを聞いてあげる』時間をあえて作るとよいでしょう」

働く女性たちは、コロナ禍によりキャリアや自分の真にやりたいことに迷いが出たほか、コミュニケーションにも不安を覚えています。

ソーシャルディスタンスが必要ないま、誰もが孤独を感じやすい時期。しかし心の距離は、上司などのマネジメント側が意識して離さないようにすることが重要であるようです。

アンケート調査概要 実施期間:2020年6月4日~2020年6月11日 調査対象:働く女性(雇用形態は問わず) 有効回答数:180人(20代~60代女性) 調査方法:WEBでのアンケートフォーム入力

問い合わせ先

元記事で読む