1. トップ
  2. ファッション
  3. 蒸し暑い日でも涼しげ&エレガント!ロイヤルレディーが着こなす、上質な「白トップス スタイル」5選

蒸し暑い日でも涼しげ&エレガント!ロイヤルレディーが着こなす、上質な「白トップス スタイル」5選

  • 2020.7.8
  • 16104 views

湿度の高い真夏に重宝する、機能的で見た目にも涼しげな半袖やノースリーブを着こなすコツとは? 今回は、装いが軽やかな中でも知的で上品に見せることに長けている、世界のロイヤルレディーたちの着こなしに注目していきます。

クリーンな印象の白トップスは真夏の定番アイテムですが、世界を代表するロイヤルレディーたちは単調な着こなしにならないよう、ボリュームや質感などディテール選びにこだわっていました。彼女たちの着こなしテクニックを参考に、白トップスの着こなしバリエーションを増やしていきましょう!

涼しげで華やか。ロイヤルレディーの、洗練された「白トップス コーデ」5選

■1:コサージュ風の「ドラマティックなモチーフ装飾」で華やかに
白Tシャツにパンツのマキシマ王妃
首の詰まったTシャツはロイヤルレディーの御用達

袖が短いと、肌の露出や見た目の物足りなさを感じることも。肩のあたりに、目を惹くディテールが添えてあるタイプのトップスを選べば、ドラマティックな装いに一変します。

オランダのQueen Maxima(マキシマ王妃)は、白Tシャツにパンツという、シンプルなスタイリングで登場。右肩に添えられたコサージュ風のモチーフが、カジュアルを逸脱した華やかな装いへと昇華させています。この特大な装飾が立体感を生み、小顔効果まで引き出しています。

顔周りがパッと明るくなり、パンツスタイルが華麗に変身。同系色で同素材の大ぶりモチーフは、品よく華やがせてくれるので、ぜひ取り入れてみてください。

■2:半袖トップスに高貴な艶めきを与える、光沢のある「サテン生地」
白の半袖トップスにサーキュラースカートのヴィクトリア王女
トップスに気品を添える、張りのある質感

白無地の半袖トップスは、表情が乏しく見えやすいのが難点です。エレガンスをプラスするには、光沢のある生地が役に立ちます。艶めきが加わるサテンは、ロイヤルレディーが好む素材の筆頭です。

スウェーデン皇太子のCrown Princess Victoria(ヴィクトリア王女)は、白の半袖トップスで国際的な公務へ参加。カジュアルになりがちな半袖トップスでも品位が感じられるのは、光沢のある生地を選んだから。高貴な輝きがレフ板のように顔周りを明るく照らしました。

ボトムスには抽象的なフラワープリントのサーキュラースカートを合わせて、白の清潔感やリッチな艶めきを際立たせました。

■3:メリハリボディーをメイクしてほっそり感を引き出す「白×黒」配色
フレンチスリーブの白ブラウスにスティックパンツのレティシア王妃
ブラウスにさりげなく入った縦スリットがシャープさをアップ

半袖トップスをスタイリッシュに仕上げたいなら、相性のよいブラックボトムスを選ぶのが正解! 黒色はレッグラインを引き締めるメリットも期待できます。

スペインのQueen Letizia(レティシア王妃)は、半袖よりも短いフレンチスリーブの白ブラウスを選びました。清楚な白ブラウスのパートナーは、黒のスティックパンツ。すっきりした細身シルエットが際立つ、モダンなコーディネートです。

決め手は白の極太ベルト! ウエストをしっかりとマークして、メリハリを強調しています。

■4:エレガントな女性像を演出する、クラシックな「ボウタイ」 デザイン
白のボウタイブラウスにハイウエストパンツのベアトリス・ボロメオ夫人
ハイウエストにきっちりブラウス裾を収めて、スタイルアップ!

正面にボウタイがあしらわれたブラウスは、それひとつでクラス感をまとわせてくれます。クラシック志向が強い今のおしゃれトレンドにもぴったりです。

モナコ公国のピエール・カシラギ王子の妻で、イタリア貴族出身のBeatrice Borromeo(ベアトリス・ボロメオ夫人)は、白のボウタイブラウスを優美に着こなしました。女性らしい柔らかさを感じさせているのが、ふんわりと風になびく、ボウタイデザイン。ブラウス袖のラッフルが腕を程よくカバーし、美しいアームラインへと整えました。

ボトムスには、脚長効果を発揮するハイウエストのパンツをピックアップ。艶やかな赤のワイドシルエットのパンツが、フェミニンとエレガンスをダブルで盛り上げました。

■5:シンプルな白トップスに華やぎを添える「ジュエリー」の存在感
白ノースリーブと柄入りマキシ丈スカートのメアリー皇太子妃
ノーブルなムードを漂わせる、究極にミニマルなスタンダートトップス

シンプルにまとまりがちな、スタンダードな白トップスは、ジュエリーを加えることで一気に華やぎが増します。大振りのイヤリングを合わせても喧嘩しないので、思いっきり存在感のあるジュエリーを選ぶのも「手」です!

デンマークのCrown Princess Mary(メアリー皇太子妃)は、白のノースリーブと赤の柄入りマキシ丈スカートを合わせてドレスアップ。肩に届きそうなほど大ぶりのイヤリングが、顔周りを華やがせました。

主張の強いスカートをコントロールする上でも、シンプルな白トップスは優秀! 適度にジュエリーの輝きを添えて、全体をうまく調和させることで、上級者の仲間入りを果たして。

定番の白トップスは、ともすればシンプルになりすぎる傾向がありますが、デザインや生地、合わせる小物などを意識することで、変化を楽しむことができます。日射しを顔周りに反射させるレフ板効果も働いて、若々しく見せてくれるという点でも高ポイントです!

これから訪れる真夏にも重宝する、ロイヤルレディーたちの上級者なアレンジテクニックを取り入れて、華やぎと気品を高めていきましょう。

元記事で読む