1. トップ
  2. ファッション
  3. 「骨格診断で選ぶいちばん似合う服」CLASSY.2020年6・7月合併号での結論!【骨格診断アナリストが診断】

「骨格診断で選ぶいちばん似合う服」CLASSY.2020年6・7月合併号での結論!【骨格診断アナリストが診断】

  • 2020.7.8
  • 14103 views

CLASSY.2016年の5月号の『似合うシャツは〝骨格〟で決まる』企画を皮切りに、抜群の人気を誇る〝骨格診断〟メソッドを基にした、スタイリング紹介ページ。「CLASSY.ONLINE」では特別編として、骨格診断アナリストである本誌ライターの棚田トモコが本誌のスタイリングをすべてチェック!!その中から各骨格に似合うコーディネート、ベスト5をご紹介しています。 これを読めば、〝骨格に似合う〟はもちろんのこと、トレンドもCLASSY.らしさも兼ね備えた、コーディネートを知ることができちゃいます!
今回は、CLASSY.6・7月合併号を通して見た、総まとめ編です。

まずは3つの骨格の特徴をチェック!

ストレート体型はこんな人!

☑筋肉のつき方に特徴が出やすい
☑リッチで肉感的なメリハリボディ
☑身体に厚みがある
☑膝下はスッと細い
☑どちらかというと上半身に脂肪がつきやすい
☑肌はハリのある質感
☑どんなに痩せていてもガリガリに見えない
☑健康的で存在感がある
☑ウエストが出にくく、寸胴

ナチュラル体型はこんな人!

☑関節の大きさに特徴が出やすい
☑骨格フレームを感じるスタイリッシュボディ
☑関節や骨格がしっかりとしている
☑肉感をあまり感じさせない
☑肌の質感はドライな印象
☑マニッシュで中性的な雰囲気で少年体型っぽい
☑くるぶしや膝などがしっかりとしていて大きい
☑手や足も大きい傾向
☑可愛いものよりもかっこいい雰囲気のもののほうがしっくり

ウェーブ体型はこんな人!

☑脂肪のつき方に特徴が出やすい
☑華奢でなだらかなカーヴィーボディ
☑身体に厚みがなく、薄い
☑上半身には脂肪がつきにくいので、一見細く見える
☑実は下半身にボリュームがある
☑また肌が流れるように柔らかい
☑二の腕が細い人が多い
☑首が長く、水が溜まるような鎖骨が特徴
☑脚が短め

「CLASSY.」2020年6・7月合併号で、各骨格に一番似合うベストコーデは?

【ストレート体型に似合うコーデ第1位】
得意のストライプシャツでパンツコーデを格上げして
〝直線〟がよく似合う体型なので、ストライプ柄は大得意。同系色のテーパードパンツと合わせれば、Iラインが強調されて、すらりとした印象に。コーデの色合いを一つにまとめることがスタイルアップの近道です。

パンツ¥16,000(ジャーナル スタンダード レサージュ/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店)シャツ¥21,000(ユニオンランチ/サ ザビーリーグ)バッグ¥45,000(VASIC/ヴァジックジャパン)メガネ¥40,000(アイヴァン/アイヴァン PR)パンプス¥40,000(ロランス /ザ・グランドインク)

【ナチュラル体型に似合うコーデ第1位】
持ち前のフレームでカッコいいカジュアルを体現
ナチュラル体型は身体の〝フレーム〟がしっかりとしているのがウリ。だからこそ、かっちりとしたものやコンパクトなものを着ると窮屈な印象に。逆にゆるっとしたものを組み合わせたラフなコーデがよく似合います。

デニムパンツ「THE STELLA」〈SHORE〉¥23,000〈アッパーハイツ〉ジャケット¥45,000キャミソール¥13,000〈ともにハウント〉バッグ¥148,000〈ザン ケッティ〉(すべてゲストリスト)キャスケット¥10,000( CA4LA/CA4LA ショールーム)サンダル¥95,000(ピエール アルディ/ピエール アルディ 東京)イヤリング¥8,83 7(アビステ)

【ウェーブ体型に似合うコーデ第1位】
デニムスタイルは〝パリっぽく〟がおすすめ
カッコいい印象のグレーデニムをはくときは、パリっぽさを意識してスタイリングするとしっくり。たとえば、パリジェンヌの定番、〝赤〟をノースリニットで取り入れて。ウェーブ体型の細い二の腕も強調できるコーデです。

Tシャツ¥8,000(ebure)デニムパンツ¥23,000(ヤヌーク/カイタックインターナショナル)バッグ¥194,000サンダル¥87,000(ともにJIMMYCHOO)ネックレス¥2,840(JUIC YROCK)バングル¥39,000(ファリス/エストネーション)

以上を踏まえての、骨格診断アナリスト棚田の結論!

結論❶やはりカジュアルが得意なのはナチュラル体型。ですが…

実はここ最近、ウェーブ体型にもぴったりなデニムスタイルが増えてきた!

〝Tシャツ〟と〝デニム〟が主役だったCLASSY.6・7月合併号。大特集は『カッコいい人は、Tシャツとデニムと〝素敵な何か〟でできている。』でした。Tシャツとデニムが得意なのは、ストレート体型とナチュラル体型だと思われがちですが、実はここ最近、ウェーブ体型にもぴったりなデニムスタイルが増えてきました。その理由は、〝パリシック〟な着こなしがすっかり定着したからが大きな理由の一つ。〝パリっぽい〟はCLASSY.においてはもはや定番の着こなし。カジュアルだけれど、どこか品のあるように仕上がるそれは、カジュアルスタイルにもきちんと感をほんのり残したい私たちにぴったり。とくにウェーブ体型は、そこを目指すと、デニムはもちろん、パンツスタイルがしっくりくるのです。とくにここ数年はバルーン袖のトップスや、衿に特徴がある華やかなデザインのもの、コンパクトなサイズのものなどが出てきました。それらとデニムを合わせれば、ウェーブ体型らしいコーディネートが簡単に完成します。つまり、それまでカジュアル感が強過ぎて、デニムスタイルがなかなかしっくりこなかったというウェーブタイプにもぴったりなスタイルが見つかったと言ってもいいのかも。しかもそれは〝可愛らしい〟一辺倒ではなく、〝どこかモード〟な印象のオーラをまとえるという嬉しいポイントも。このように、定番のカジュアルなデニムの着こなしはもちろん、ストレート体型らしい凛としたデニムコーデ、そして大人のウェーブ体型が目指したい、辛口フェミニンな雰囲気をまとったスタイリングもずらりとラインナップされている特集でした。

結論❷ストレート体型が苦手なカジュアルトレンドにも攻略法はある

「極力ハリのある生地で、ジャストサイズのものをセレクト」すればクリア

そうであるなら、ここ数年見受けられる〝ナチュラルタイプの人に似合うものばかり…〟という現象は少なくなったのかということになってきますが、そこは相変わらず、L.Aっぽい、ダボッとしたサイズ感のTシャツに、ハイウエストのややゆったりとしたシルエットのデニムがトレンド。ストレートタイプもウェーブタイプも苦手なものです。ハイウエストは胸下から骨盤までの距離が短く、ウエストのくびれがあまりないストレート体型には難しいし、ダボッとしたサイズ感のTシャツはストレートタイプの凹凸のある身体の凸の部分に引っかかってしまい、着太りしてしまう原因に。だからこそ、大切なのは、極力ハリのある生地で、ジャストサイズのものをセレクトし、縦に長く見えるシルエットになるよう工夫をすること。イメージで言うと、カジュアルの中にもどこかキリリとしたエッセンスのある、ニューヨークっぽい着こなしです。

結論❸カジュアルがもっと苦手なウェーブ体型にもデニムコーデの解決策あり

「とにかくパリっぽい着こなしを意識するのが大事!」

カジュアルがもっと苦手なウェーブタイプは、デザイン性のあるトップスに細身のデニム、それはできればウェーブタイプのとろんととろけるように柔らかい肌質とリンクするような、伸縮性ばつぐんのものを合わせること。そして、足首をしっかり出すことも大切です。そうすれば、ときに寂しく見える華奢な上半身を華やかに演出しつつも、今年らしいスタイルに仕上がります。ちなみに、デニムのシルエットですが、ウェーブタイプにしか似合わないスキニーパンツを取り入れつつも、旬の形である、テーパードパンツやブーツカット、フレアシルエットに挑戦してみるのもおすすめ。足首がしっかりと見えるものであれば、スタイルアップします。
いろいろなルールを書きましたが、ウェーブタイプは、とりあえず〝パリっぽい〟を意識すれば苦手なデニムスタイルもさらりと着こなせます。たとえば、注目のツイードジャケットを羽織ってみたり、ボーダートップス、繊細な文字で描かれたロゴT、差し色で赤を使ってみたり。骨格診断は、細かいルールがたくさんあって、ときに煩わしく感じる人もいるかもしれません。けれど、骨格タイプに似合うイメージだけでも頭の片隅に置いておけば、意外にさらりとスタイルアップできちゃいますよ! 日々のコーディネートがもっと簡単に楽しくなることを願って…。

解説・執筆したのは…
棚田トモコ
ライター・骨格アナリスト
光文社「CLASSY.」や「JJ」を中心にファッションや美容ページ企画などのライターとして活躍する傍ら、骨格診断ファションアナリスト協会認定校(ICB INTERNATIONAL)にて骨格診断のディプロマを取得。以降〝骨格アナリスト〟としても活動中。ファッション・美容ライターとして培った知識と骨格診断を融合して、いかに今っぽくその人を輝かせるかを提案します。韓国と舞台観劇、チョコレートが大好きで、愛称は〝ティナ〟。

元記事で読む