1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 意気消沈してしまった娘をサポート!【口唇口蓋裂ちゃん、育ててます94】

意気消沈してしまった娘をサポート!【口唇口蓋裂ちゃん、育ててます94】

  • 2020.7.8
  • 16879 views

口唇口蓋裂の長女くぴこを育てています。

くぴこが生後11カ月のとき、初めて口唇口蓋裂の手術をおこないました。

無事に手術を終え、熱や痛み、喉の分泌液の処置など、なかなか落ち着かない状態のまま迎えた次の日。

朝から休む間もなく処置や診察が始まります。

すっかり病院関係者を見ると怖がるようになってしまい、

処置をしている時も大泣き!

暴れて私に助けを求める姿を見て、胸が痛みます。

お昼になる前には、泣き疲れて眠ったくぴこ。

起きてからもすっかり元気をなくしている娘を見て、

なにか気持ちが晴れるようなことができないか考えました。

いつもと同じ遊びをして、少しでも気が紛られるように、おもちゃや絵本などを使って遊びました。

そのうち、ぬいぐるみを使った話しかけなどに反応してくれるようになり、少しだけ表情を見せてくれるようになりました。


2013年生まれの長女くぴこは「口唇口蓋裂」ちゃん! この記事が、口唇口蓋裂についての理解につながり、ひとりでも多くの親御さんの励みになりますように。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。


著者:イラストレーター じぇにこ

1986年生まれ愛知県在住。 2013年生まれの長女と2017年生まれの次女、二児の母。デザイン学校卒業後、社会人経験を経てお絵かき主婦へ。 口唇口蓋裂や夫婦のこと、日々の育児で翻弄される様子を絵日記ブログで公開中!

ベビーカレンダー編集部

元記事で読む