1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. フタを開けるのが楽しみ♪簡単「紙コップ」ラッピング

フタを開けるのが楽しみ♪簡単「紙コップ」ラッピング

  • 2020.7.6
  • 28184 views

紙コップは、プチギフトを包むのにピッタリなラッピングアイテムなんですよ♪しかも、紙コップは普通飲み物を入れるために、内側は衛生的です。中に手作りクッキーやプチケーキを入れることもできちゃうんです。 しかも、今回ご紹介する紙コップのラッピング方法は、紙コップ自体をハサミで切ったりなど、加工はしません。なので、紙コップいっぱいに物や食べ物を入れることもできます。

フタを開けるのが楽しみ♪簡単「紙コップ」ラッピング

作り方も、紙コップの上側のフチにノリをつけて、紙を置き、乾いたらハサミで切って完成と簡単です。見た目の紙コップにフタがされているので、まるでお店の商品のような見た目になります。

簡単なのに、見た目もいい紙コップラッピング方法です♪

材料

・紙コップ
・フタ用の紙
・ハサミ
・ノリ

作るポイント
「紙コップ」選び

紙コップは、無地でシンプルなものよりも、イラストや柄があるデザインを選んだ方が可愛くなります。

無地の場合は、メッセージを書いたり、シールを貼ってみたり、マスキングテープをグルグル一周貼ってみてデコレーションするといいかもしれません。

フタ用の「紙」選び

基本的には、身近にある「折り紙」がオススメです。あれば、これも柄が入っているものの方が、華やかでデザイン的なのでいいと思います。

他にも、透明で中身が見える「セロハン」、マットで半透明な「クッキングシート」、すてきな柄が多い「包装紙」、英字がオシャレな「英字新聞」などもオススメです。

後は、「紙コップ」と「フタの紙」の組み合わせを、先に確認してデザイン的にバランスがいいかを確認してみましょう。デザインの組み合わせが難しい場合は、「紙コップ」や「フタの紙」をデザインをシンプルにするといいですよ♪

制作時間(10分+ノリの乾燥20分)

※制作にかかる時間は「10分」程度ですが、制作途中でノリが乾燥するのを「20分」程度、待たないといけません。
 

手順①紙コップにプレゼントする物を入れる

紙コップに、相手に渡したいプレゼントを入れます。

このラッピング方法の特徴は、紙コップの上部分まで並々と物を入れられること。他のラッピング方法だと、紙コップをハサミで切って物を入れる内容量が少し減ってしまいます。

手順②紙コップのフチにノリを塗る

紙コップの上部分のフチに、ノリを一周塗ります。フタ用の紙がしっかりと接着できるように、ノリは垂れない程度にたっぷり塗ります。

手順③フタ用の紙をのせる

紙コップの上に、フタ用の紙をのせます。ノリが紙にしっかりと接着するように、指でなぞります。

手順④ノリが乾くのを待つ

紙コップのフチに塗ったノリが完全に乾くのを待ちます。途中でさわると、ズレてしまうので注意!

手順⑤フタの紙を切る

初めから、キレイにハサミで切ろうとすると難しいので、先にざっくりと切ります。

それから、改めてフタ用の紙を丁寧にハサミで切っていきます。フタが開けやすいように、持ち手を作るのもオススメです。

もし、ノリの接着が取れてしまったら

ハサミで紙を切っていくと、不意にノリの接着が取れてしまう場合があります。その時は、隙間からノリを部分的に塗って、完全に乾燥するまで待ちましょう。

完成作品

完成した紙コップラッピングは、まるで売り物のようなきれいな出来栄えになります。このプチギフトをもらう人も、セルフラッピングしたことを自分から伝えないと気が付かないかもしれません。

「中に何が入っているんだろう♪」とワクワクドキドキしながら、フタを開ける瞬間がとっても楽しいラッピングです。今回は、いろいろな種類のアメを入れてみました。子供会やハロウィン、クリスマス会などでも役立つと思いますよ。ぜひ、作り方を覚えて紙コップラッピングに挑戦してみてください!

元記事で読む