1. トップ
  2. 高岡早紀「モテモテです」、『探偵・由利麟太郎』で周囲をとりこにする魅惑のスターに

高岡早紀「モテモテです」、『探偵・由利麟太郎』で周囲をとりこにする魅惑のスターに

  • 2020.7.6
  • 535 views
5週連続特別ドラマ『探偵・由利麟太郎』第4・5話にゲスト出演する高岡早紀 (C)カンテレ width=
5週連続特別ドラマ『探偵・由利麟太郎』第4・5話にゲスト出演する高岡早紀 (C)カンテレ

俳優・歌手の吉川晃司が主演を務める5週連続特別ドラマ『探偵・由利麟太郎』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)の最終章となる第4話・第5話(7月7、14日放送)に、女優の高岡早紀がゲスト出演することが発表された。遺体となって見つかるオペラ界のスター女優を演じる。

【写真】周囲をとりこにするスター女優・原さくら役の高岡早紀

ミステリー作家・横溝正史が「金田一耕助」よりも前に生み出していたもう一人の名探偵・由利麟太郎。元・警視庁捜査一課長の由利は警視庁を辞めて学生時代を過ごした京都に移り、ミステリー作家志望の青年・三津木俊助(志尊淳)や大学の同級生でもある等々力警部(田辺誠一)とともに、謎に満ちた怪奇な殺人事件を解決していく。

最終エピソードとなる第4話・第5話「マーダー・バタフライ前編/後編」で高岡が演じるのは、オペラ界のスター女優・原さくら。周囲の人を魅了し、登場人物のほとんどをとりこにする物語のキーパーソンとなる役どころだ。

「マーダー・バタフライ」は、由利シリーズでも最も人気があり、横溝が世に送り出した戦後初の本格長編小説でもある『蝶々殺人事件』が原作。オペラ界のスター女優・原さくら(高岡)は、オペラ公演のため大阪へ向かう。夫やマネジャー、楽団員らも大阪に。さくらもオペラ会場に到着していると考えていた一同だが、公演当日、なぜかさくらはコントラバスケースに詰め込まれた遺体となって発見される。その場に居合わせた由利(吉川)。愛憎渦巻く人間関係からどのようにして犯人を特定するのか―。

高岡は自ら演じるさくらについて「周囲の人を魅了し、みんながみんな、さくらを好きになる。モテモテですよね」と話す。また、遺体となって発見されるシーンには「あんなに、キレイでドラマティックな遺体はなかなかないなと思います。殺されることは、うれしくはないけれど、ああいう形の美しい遺体はそうそう経験できるものではないので、ありがたいですね」と語った。

5週連続特別ドラマ『探偵・由利麟太郎』最終章の第4話・第5話「マーダー・バタフライ前編/後編」は、カンテレ・フジテレビ系にて7月7、14日21時放送。

元記事で読む