1. トップ
  2. おでかけ
  3. 東京ディズニーランドに『美女と野獣』の世界が広がる新エリア「ニューファンタジーランド」誕生

東京ディズニーランドに『美女と野獣』の世界が広がる新エリア「ニューファンタジーランド」誕生

  • 2015.4.28
  • 1308 views

東京ディズニーランドに『美女と野獣』の世界が広がる新エリア「ニューファンタジーランド」誕生

2020年に向けて大規模開発を行なっている東京ディズニーランドの新エリア「ニューファンタジーランド」が、2020年4月15日(水)にオープンすることが決定した。

undefined
©Disney

『美女と野獣』の世界が広がる新エリア「ニューファンタジーランド」

2017年4月の工事着手から約3年、総投資額約750億円という同パーク史上最大の開発を経て大きく進化を遂げる東京ディズニーランドは、トゥモローランドにある「グランドサーキット・レースウェイ」や「スタージェット」、一部の飲食施設、商品施設をクローズ。

新たに誕生するエリア「ニューファンタジーランド」に、大型アトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」や、屋内シアター「ファンタジーランド・フォレストシアター」をオープンするほか、隣接するトゥモローランドにライドアトラクション「ベイマックスのハッピーライド」、トゥーンタウンにミニーマウスと出会える「ミニーのスタイルスタジオ」を導入する。

ディズニー映画『美女と野獣』の新エリア

ディズニー映画『美女と野獣』の世界を体感できる新エリアには、野獣の住む城やベルたちの住む村があり、まるで映画の世界に入り込んだような風景が広がる。野獣の住む高さ約30mの「美女と野獣の城」には、ディズニー映画『美女と野獣』をテーマにした日本オリジナルの大型アトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」が導入されるほか、ベルたちの住む村にはグッズを販売する「ビレッジショップス」やレストラン「ラ・タベルヌ・ド・ガストン」もオープンする。

城の中に誕生する「美女と野獣“魔法のものがたり”」は、映画に使用された名曲に合わせて踊るように動くライドに乗り込み、映画のストーリーに沿っていくつもの名シーンをめぐる、というロマンティックな大型アトラクションとなっている。

初の本格的な屋内シアター「ファンタジーランド・フォレストシアター」

映画『美女と野獣』をテーマにしたエリアを抜けて、さらに森の奥へと進んだ先にあるのが、東京ディズニーランド初となる本格的な屋内シアター「ファンタジーランド・フォレストシアター」。

ここでは、ミッキーマウスをはじめとするディズニーのキャラクターたちが、"音楽の世界をめぐる旅"をテーマにライブパフォーマンスを披露。ダイナミックに変化するステージを舞台にした、オリジナルのエンターテイメントプログラムが楽しめる。

『ベイマックス』をテーマにしたライドアトラクション

トゥモローランドには、ディズニー映画『ベイマックス』をテーマにしたライドアトラクション「ベイマックスのハッピーライド」を新設。“ケア・ロボット”が引っ張るライドは、予測不能な動きでゲストに驚きを与える。

初のポップコーン専門ショップ

また、アトラクションの隣には、東京ディズニーランドおよび東京ディズニーシーを通じて初となるポップコーンの専門ショップ「ビッグポップ」も展開。宇宙をテーマにしたショップでは、様々なフレーバーのポップコーンとポップコーンバケットを組合せて購入することができる。

ミニーマウスと出会えるグリーティング施設

トゥーンタウンには、東京ディズニーランドで初めて、ミニーマウスと会えるキャラクターグリーティング施設「ミニーのスタイルスタジオ」が登場。ゲストは、ファッションデザイナーとして活躍する、お洒落な衣装に身を包んだミニーマウスとの写真撮影が楽しめる。

詳細

東京ディズニーランド 新エリア「ニューファンタジーランド」
オープン日:2020年4月15日(水)

≪ニューファンタジーランド≫
・「美女と野獣エリア」
・大型アトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」
アトラクションの形式:ライドタイプ
体験時間:約8分
・ライブエンターテイメントシアター「ファンタジーランド・フォレストシアター」
定員約:1,500名

≪トゥモローランド≫
・アトラクション「ベイマックスのハッピーライド」
アトラクションの形式:ライドタイプ
体験時間:約1分30秒
・ポップコーン専門店「ビッグポップ」

≪トゥーンタウン≫
・キャラクターグリーティング施設「ミニーのスタイルスタジオ」

【問い合わせ先】
東京ディズニーリゾート・インフォメーションセンター
TEL:0570-00-8632(9:00〜17:00)

元記事で読む