1. トップ
  2. あのチーズハットグまで!? ウインナーを使った軽食5選

あのチーズハットグまで!? ウインナーを使った軽食5選

  • 2020.7.3
  • 1717 views
「チーズハットグ」 料理:市瀬悦子 撮影:鈴木泰介
「チーズハットグ」 料理:市瀬悦子 撮影:鈴木泰介

【画像を見る】スパイシーな生地とチーズがマッチする「カレーチーズドッグ」

パリッとジューシーなウインナーは、おかずやおつまみなどに幅広く使える食卓の救世主。ちょっと手を加えるだけで、オシャレな軽食にも活用できます。そこで今回は、ウインナーを使った軽食5選をピックアップ。韓国発祥の人気フード・チーズハットグも作れるので、ぜひチャレンジしてみてはいかが?

チーズハットグ

【材料・4本分】

ウインナソーセージ 2本、チーズ(裂けるタイプ) 2本、生地(ホットケーキミックス 100g、白玉粉 40g、牛乳 1/2カップ)、薄力粉、パン粉、揚げ油、砂糖、トマトケチャップ、マスタード

【作り方】

1. チーズ、ソーセージはそれぞれ長さを半分に切る。割り箸にソーセージ、チーズの順に1切れずつ刺す。残りも同様に刺し、薄力粉を薄くまぶす。

2. 生地を作る。ボウルに白玉粉、牛乳1/4カップを入れ、ゴムべらでよくすり混ぜる。だまがほぼなくなり、なめらかになったら、ホットケーキミックス、残りの牛乳を加え、さらによくすり混ぜる。

3. 手をぬらして2の1/4量を取り、1の具が見えなくなるようにまとわせる。パン粉適量をまぶし、手で包むようにして12~13cm長さに形を整える。

4. フライパンに揚げ油を2cm深さまで注いで低温(約160℃)に熱し、3を入れる。時々上下を返しながらきつね色になるまで4~5分揚げ、油をきる。

5. 熱いうちに砂糖適量をまぶす。器に盛り、ケチャップ、マスタード各適量(子どもの分はケチャップのみでも)をかける。

(344Kcal、塩分1.2g)

具材を扱いやすい大きさにしたら、割り箸にソーセージ、チーズの順で刺していきます。チーズがさけてしまう可能性があるので、ゆっくりと刺していきましょう。あとは生地をまとわせて揚げるだけで、甘じょっぱくてもっちもちのチーズハットグが完成!

カレーチーズドッグ

卵焼き器で生地を焼き上げるので、料理が苦手な人でも安心。最後はカレー粉をふってスパイシーな風味に仕上げてください。

【画像を見る】スパイシーな生地とチーズがマッチする「カレーチーズドッグ」 料理:坂田阿希子 撮影:澤木央子
【画像を見る】スパイシーな生地とチーズがマッチする「カレーチーズドッグ」 料理:坂田阿希子 撮影:澤木央子

アメリカンドッグ

生地の縁が乾き、表面に穴があいたタイミングでソーセージをのせます。竹串を縁にぐるりと入れ、手前から持ち上げるとキレイに巻けるはず。

「アメリカンドッグ」 料理:坂田阿希子 撮影:澤木央子
「アメリカンドッグ」 料理:坂田阿希子 撮影:澤木央子

なにわドッグ

ソーセージを包んだ生地に青のりを混ぜることで風味をアップ。完成したらソースや紅しょうがをかけ、たこ焼き風に仕上げましょう。

「なにわドッグ」 料理:坂田阿希子 撮影:澤木央子
「なにわドッグ」 料理:坂田阿希子 撮影:澤木央子

フライパンホットドッグ

生地を成形するときは、具材が包みやすくなるように中央にくぼみをつけます。焼きあがったらくぼみにソーセージをのせ、ケチャップをかけて召し上がれ。

「フライパンホットドッグ」 料理:高橋雅子 撮影:広瀬貴子
「フライパンホットドッグ」 料理:高橋雅子 撮影:広瀬貴子

今回はホットケーキミックスを使った簡単レシピから本格派志向のレシピまで、さまざまな作り方をご紹介しました。マスタードを使用するメニューがありますが、子どもに食べさせる場合はケチャップだけで作ってあげるのもいいかもしれませんね。

元記事で読む