1. トップ
  2. ティモシーの“ツンデレ”で熱いキスシーンが公開!ニューヨークが舞台のロマンティック・コメディ

ティモシーの“ツンデレ”で熱いキスシーンが公開!ニューヨークが舞台のロマンティック・コメディ

  • 2020.7.3
  • 140 views

『ミッドナイト・イン・パリ』『マジック・イン・ムーンライト』などの映画作品で知られるウディ・アレン監督の最新作『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』が、7月3日(金)より全国公開される。

同作は、古きよきアメリカの風情が残るニューヨークの街を舞台に、運命のいたずらに翻弄される男女の姿を描くロマンチック・コメディ。

恋人のアシュレー(エル・ファニング)に約束をすっぽかされたギャツビー(ティモシー・シャラメ)は、偶然、参加することになった学生映画の撮影で、元カノの妹チャン(セレーナ・ゴメス)とキスをする展開に。

撮影が始まると同時に雨が降りだし、ロマンチックな雰囲気の中でキスシーンの撮影に成功した二人。チャンはキスする前に「緊張して口を閉じたままよ」と皮肉な台詞を投げかけ、キスした後にも「できるじゃないの。恋人には秘密ね」と上から目線のツンデレな言葉をかける。

このほど解禁された本編映像では、そんなティモシーとセレーナが“ツンデレ”で熱いキスをするシーンが切り取られている。恋人がいるにもかかわらず、熱いキスをしてしまったことにドギマギする、ティモシーの表情にも注目だ。

映画は7月3日(金)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかで全国公開。

元記事で読む