1. トップ
  2. グルメ
  3. 春水堂が京都初出店、“ほろ苦”宇治抹茶×台湾スイーツ「豆花」の限定メニュー発売

春水堂が京都初出店、“ほろ苦”宇治抹茶×台湾スイーツ「豆花」の限定メニュー発売

  • 2020.6.30
  • 2877 views

春水堂が京都初出店、“ほろ苦”宇治抹茶×台湾スイーツ「豆花」の限定メニュー発売

台湾発のタピオカミルクティー発祥の店・春水堂(Chun Shui Tang)が京都初出店。2020年7月21日(火)、立誠ガーデン ヒューリック京都内に、「春水堂 京都木屋町店」をオープンする。

undefined
www.fashion-press.net

京都の宇治抹茶×豆花のスペシャルスイーツ

京都初店舗となる「春水堂 京都木屋町店」では、同店限定メニュー「宇治抹茶豆花」を特別に提供。京都ならではの上質な宇治抹茶に、春水堂の看板スイーツ「豆花」を融合させているのが特徴で、全てひとつひとつ丁寧に作り上げられている。

砂糖を一切使用していないという「宇治抹茶豆花」は、抹茶本来のほろ苦さを楽しめるのもポイント。絹ごし豆腐のように“つるっ”とした食感の抹茶豆花に、抹茶のわらび餅やタピオカ、愛玉ゼリー、小豆、ホイップクリームなどを贅沢にトッピングした、スペシャルな味わいを堪能してみてはいかがだろう。

本場“台湾の味”を提供

そのほか店内では、春水堂ならではの香り高い茶葉を使用した人気タピオカドリンク「タピオカミルクティー」をはじめ、鉄観音ラテやタピオカ抹茶ミルクなどのアレンジティー、ローカルフード「牛肉麺」などの台湾ヌードル・点心も勢ぞろい。本物の木や石など自然素材を使用したアジアンモダンな店内で、本場の味わいを楽しむことができる。

詳細

「春水堂 京都木屋町店」オープン
オープン日:2020年7月21日(火)
所在地:京都府京都市中京区蛸薬師通河原町東入備前島町310-2
営業時間:11:00~21:00(ラストオーダー:フード20:30、ドリンク21:00)
定休日:施設に準ずる
席数:28席
<限定メニュー>
宇治抹茶豆花 850円+税
<レギュラーメニュー>
メニュー数:ドリンク約60種、フード約40種
ドリンク:タピオカミルクティー500円、鉄観音ラテ500円、香醇ミルクティー450円など
フード:五香湯麺750円、豆漿鶏湯麺850円、牛肉麺930円、台湾風粽(ちまき)400円など
スイーツ:愛玉マンゴー400円、豆花500円、黒胡麻湯圓650円
セット価格帯:1150円~(麺、ドリンク、点心orミニデザート)、台湾利き茶セット850円(台湾茶とミニ豆花)

元記事で読む