1. トップ
  2. おでかけ
  3. 熊本駅周辺の再開発 -「アミュプラザくまもと」にシネコンやユニクロ出店、ホテル「ザ ブラッサム」も

熊本駅周辺の再開発 -「アミュプラザくまもと」にシネコンやユニクロ出店、ホテル「ザ ブラッサム」も

  • 2020.6.30
  • 2866 views

熊本駅周辺の再開発 -「アミュプラザくまもと」にシネコンやユニクロ出店、ホテル「ザ ブラッサム」も

JR熊本駅周辺の再開発により、「熊本駅ビル(仮称)」と「熊本駅北ビル(仮称)」が誕生。「熊本駅ビル(仮称)」には、商業施設「アミュプラザくまもと」が2021年春に開業するほか、ホテル「ザ ブラッサム クマモト(THE BLOSSOM KUMAMOTO)」も同ビルにオープンする。

undefined
www.fashion-press.net

JR熊本駅周辺が生まれ変わる!商業施設「アミュプラザくまもと」が誕生

JR熊本駅周辺の再開発によって誕生する2つのビルは、どちらも地上12階建て(「熊本駅ビル(仮称)」は地下1階あり)。新たなランドマークとして、商業店舗を誘致するほか、ホテルおよびオフィス、ウエディング施設も備える。

九州7つめの「アミュプラザ」が熊本に

なかでも注目したいのが「アミュプラザくまもと」。小倉・長崎・鹿児島・博多・大分・宮崎に続く7つめのアミュプラザだ。ファッション・雑貨をはじめレストラン、フード、さらにシネマコンプレックスまでが出店する。

現在(2020/6/30)、発表されている「アミュプラザくまもと」の出店テナントは6店舗。ユニクロ(UNIQLO)やジーユー(GU)などのファッション店舗と、アミューズメントパーク「セガ(SEGA)」、スーパーマーケット「ハローデイ(HalloDay)」などが名を連ねる。

10スクリーンを有する、九州初のピカデリー

九州初出店となるピカデリーも登場。10スクリーン約1,400席を構える同館では、松竹作品をはじめとする邦画、人気のアニメ作品、ハリウッド洋画大作の他、コンサートやスポーツのライブビューイングや松竹グループならではのコンテンツ「シネマ歌舞伎」等バラエティに富んだ魅力的な作品を上映予定だ。

カフェ併設のメトロ書店

熊本初出店となる「メトロ書店」にも注目したい。長崎に本店を構える同店では、約40万冊の蔵書のほか、文具・雑貨、 CD・DVDを取り揃える。またカフェも併設しているので、待ち合わせまでの時間やちょっとした空き時間に立ち寄るにも最適だ。

JR九州ホテルズ宿泊主体型ホテルの最上位ブランド「ザ ブラッサム」

「熊本駅ビル(仮称)」に誕生するホテルは、JR九州ホテルズの宿泊主体型ホテルの最上位ブランド「ザ ブラッサム」。国内外からの利用者を迎えるだけでなく、地域の人々にも愛されるホテルブランドを目指す。

「熊本駅北ビル(仮称)」にはビックカメラ

「熊本駅北ビル(仮称)」には、熊本県初出店で九州では4店舗目となるビックカメラが登場する。カメラ、テレビ、パソコン、冷蔵庫、洗濯機などの家電製品のほか、時計、ゲーム、おもちゃ、スポーツ用品、化粧品といった非家電製品など、幅広い商品を取り扱う予定となっている。

【詳細】
■熊本駅ビル(仮称)
敷地面積:19,000㎡
延床面積:109,000㎡
商業店舗面積:39,000 ㎡
階数:地上12階・地下1階建て
用途:1~7階 商業ゾーン、8階 ウェディング(ザ ・ フォレスト テラス 熊本)、9~12階 ホテル(ザ ブラッサム クマモト)
<アミュプラザくまもとについて>
開業日:2021年春
出店テナント:熊本ピカデリー、ユニクロ、ジーユー、メトロ書店、セガ、ハローデイ
※出店テナントは2020/6/30現在の情報

■熊本駅北ビル(仮称)
敷地面積:3,910㎡
延床面積:17,547㎡
商業店舗面積:3,550㎡
階数:地上12階建て
用途:1~3階 商業ゾーン、4~12階 オフィス
出店テナント:ビックカメラ
※出店テナントは2020/6/30現在の情報

元記事で読む