1. トップ
  2. 恋愛
  3. 通知が鳴る度ビクビク。監視癖のある男性と付き合うためのコツとは

通知が鳴る度ビクビク。監視癖のある男性と付き合うためのコツとは

  • 2020.6.30
  • 177 views

男性の中にはヤキモチ焼きで束縛が強い人もいますよね。特にその中でもクセが強いのが、監視癖のある男性。監視癖とは、彼女が今どこで何をしているのかを逐一細かく聞いて、行動をチェックする心理です。元々は、彼女のことが好きなあまり心配のため、相手の行動を把握しておきたい気持ちからくるのですが…。

この監視の度が過ぎると女性側としてはストレスを感じてしまうので、監視癖のある彼氏とはうまく付き合うためのコツを知っておくべきかもしれません。

監視癖は愛情表現だと理解する

監視癖とは束縛の一種です。そのため束縛がなぜ起こってしまうのかを知っておくことが、監視癖の彼氏と付き合っていくには非常に大事になってきます。

束縛とは視点を変えると愛情の裏返しです。束縛する男性は彼女のことをもちろん強く愛しているのですが、その愛情表現が言葉ではなく、彼女の行動を監視するという行為として出しています。相手の気持ちよりも自分の気持ちを伝えることに意識がいってしまっているため、常に余裕がない状態であることもわかっておきましょう。

彼に自信をつけさせる

さて、彼がそれほどまでに余裕がないのはなぜか…それは彼女からの愛情を信じられていないからです。自分に行動を教えてくれることが彼女からの愛情だと思う場合もあるため、監視癖がある男性に嘘をつくとかなり大変なことになるので覚えておきましょう。

彼の監視癖をおさえるには、ちょっとオーバーな位言葉で愛情を伝えることが大事になってきます。「好きだよ」と言葉にすることで、彼氏は愛情に自信を持てるようになるので、監視が緩くなる場合があるからです。他にも愛情ではなく彼氏自身に自信を持たせることも大切。そもそも彼女の愛情を疑ってしまうのは、自分に自信がないからだともいえるので、彼の良い部分を具体的に褒めて、自信をつけさせていきましょう。

彼のトラウマを解消する

監視癖の男性は、過去に恋愛に対して嫌な思いをしている人もいます。その恋愛がトラウマになってしまっている場合、いつか彼女も自分を裏切るのでは…と不安に考えてしまっている可能性もあるので注意が必要です。特に裏切りを体験していると、昔の彼女と今の彼女は違うとわかっていても、無意識に監視をしてしまう傾向があります。

なので、もしも彼氏が恋愛にトラウマがあるようであれば、あえて元カノの話を彼氏からじっくりと聞いて、元カノとは反対の行動をするように意識してみましょう。彼氏側からすると、トラウマになった元カノの話は非常に嫌がる可能性がありますが、いつまでもトラウマを抱えているようでは恋愛関係がうまくいきません。心の内に秘めていることをスッキリさせることによって、自身もトラウマと向き合うことができるので、監視癖が緩む場合もあります。

監視への受け入れ姿勢を見せる

監視癖のある男性との恋愛関係を良好にするには、自分が相手を信用することも重要な要素です。監視をしている彼氏に対して、「愛情を信じてくれない…!」と彼の行動に疑いを持ってしまうと、お互いにズレが生じて溝が埋められなくなります。

また、彼女が束縛を嫌がり相手を拒否してしまうと、男性は自分の愛情が受け入れなれなかったと、恋愛関係は破綻してしまうので気をつけましょう。場合によっては、彼氏はもっと束縛をしないといけないと感じてしまうこともあるので注意が必要です。

彼氏の監視癖をやめさせるのが最終目的ですが、「監視をするのは強い愛情の証拠である」と相手の気持ちを受け入れた姿勢を見せることもひとつの作戦です。彼女が彼氏に従うことによって、「この女性なら…」と彼女を信じたい気持ちが出てくるので、監視も少なくなる可能性があります。

元記事で読む
の記事をもっとみる