1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 6/30は厄除けと無病息災を祈願する〝夏越の祓〟!厄を落とす茅の輪くぐりのお作法まとめ

6/30は厄除けと無病息災を祈願する〝夏越の祓〟!厄を落とす茅の輪くぐりのお作法まとめ

  • 2020.6.30
  • 1214 views

6月が終わりをむかえ、早くも1年の折り返し地点。6/30は1年の前半についた厄を払い、後半の無病息災と厄除けを祈願する夏越の祓(なごしのはらえ)の日です。この日の前後には、全国の神社で茅の輪くぐり(ちのわくぐり)と呼ばれる厄払いの儀式が行われます。身についた厄を払い、後半にそなえる茅の輪くぐりの手順やお作法をご紹介します。

1年の折り返し地点〝夏越の祓〟に厄払いと無病息災祈願を

1年間の折り返し地点である6/30は夏越の祓。1年の前半に身についた厄や穢れを落として身を清め、後半の無病息災や厄除け、家内安全を祈願する日です。昔から、6月に夏越の祓を、12月に年越しの祓を行うことで、体や心が浄化されて1年間清らかに過ごせるとされてきました。

茅の輪くぐりで半年間の厄を落とし、身を清らかに

夏越の祓の頃、全国の神社に茅でできた大きな輪が飾られます。この輪をくぐる儀式〝茅の輪くぐり〟を行うことで、厄落としと無病息災を祈願します。茅の輪の飾られている期間や行事の対応など、実施状況を調べてから行くことをおすすめします。

茅で作った輪で疫病から逃れた日本の神話が由来

備後国(今の広島県)で暮らしていた蘇民将来が、旅をしていたスサノオノミコトを貧しいながらも喜んでもてなすと、スサノオノミコトは泊めてくれたそのお礼として「茅がやで輪をつくり、腰につけなさい。」という教えを授けました。その後多くの家が疫病で途絶えたにもかかわらず、教え通りにした一家は逃れることができたといういい伝えがあります。腰につけていた輪が歴史の間で変化を遂げ、今の茅の輪くぐりの由来となったといわれています。

茅の輪くぐりの手順・お作法をCHECK!

茅の輪のくぐり方をチェック!

■手と口を清めてから茅の輪の前に立ち一礼

神社に入ったらまず、通常の参拝と同じように手水舎で両手と口を清めましょう。心身ともに清めたら茅の輪の前に立ち、一礼します。

■左→右→左の順で8の字に3度くぐる

茅の輪は8の字に3度くぐります。1回目は左足から輪をまたぎ左回りにくぐって正面に戻り、一礼します。2回目は右足から輪をまたぎ、右回りにくぐって正面に戻り、一礼。3回目は再び左足から輪をまたいで左回りにくぐります。

■正面でもう一度お辞儀したら、茅の輪をまたいで参拝

正面で再び一礼したら、左足から輪をまたいでご神前に進み、お参りしましょう。

〝唱え詞〟を唱えながらくぐるのが一般的

茅の輪をくぐる時には唱え詞と呼ばれるものを念じたり、唱えたりしながらくぐることが一般的です。もっとも代表的なのは、神様にお祓いとお力添えを願う「祓へ給ひ 清め給へ 守り給ひ 幸へ給へ(はらえたまい きよめたまえ まもりたまい さきわえたまえ)」というもの。神社によっては違う唱え言葉を唱えるところもあるようなので、茅の輪の近くに掲示されていないか確認してみましょう。

穢れがついてきてしまうので茅を持ち帰るのはNG!

「ご利益があるかも…」と思って、茅の輪についている茅を引き抜いて持ち帰るのはNG!たくさんの人がくぐった茅の輪には、穢れや厄が詰まっています。そのため、茅を持って帰るということは他人の穢れや厄を家に持ち帰ること同じ!せっかく身を清めても意味がなくなってしまうのでやめましょう。

2020年前半の厄を落として後半に備えましょう

茅の輪くぐりで知らず知らずのうちについてしまった厄や穢れを落とし、無病息災を祈って、2020年後半に備えましょう。お近くの神社の実施状況を確認し、混雑しそうな時間はさけるなど気をつけながら行ってみてください。

文/andGIRL編集部

元記事で読む