1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 100均手ぬぐいで作る♪布張りノート

100均手ぬぐいで作る♪布張りノート

  • 2020.6.30
  • 47009 views

今回はノートに手ぬぐい生地を貼って作る布張りノートをご紹介します。 普段使いのノートも手ぬぐい生地を貼るだけで、雑貨屋さんにあるようなかわいい布張りノートに大変身♪

今回はノートに手ぬぐい生地を貼って作る布張りノートをご紹介します。

普段使いのノートも手ぬぐい生地を貼るだけで、雑貨屋さんにあるようなかわいい布張りノートに大変身♪

材料はすべて100均で揃います。工程も簡単ですので、工作感覚でオリジナルの布張りノートを作ってみてくださいね。

材料・道具

<材料>
・手ぬぐい
ダイソーで購入しただるま柄の手ぬぐいを使用しました。

・B6サイズのノート
ハーフサイズのノートです。ダイソーで購入しました。

・紙
のりしろを隠すのに使います。コピー用紙より少し厚めの紙がいいと思います。
今回は封筒を使用しました。

<道具>
・強力布用両面テープ
布を使用した手芸・工作用の両面テープです。ダイソーで購入しました。

・はさみ
・カッターナイフ
・定規
・しるしつけ用のペン
・ボンド(少量)
・カッティングボード
・アイロン
・アイロン台
 

作ってみましょう♪

それでは画像とともに作り方をご紹介します。
作り方の主な流れは下記の通りです。

①手ぬぐいにしるしをつけてカットする。
②背の部分を処理する。
③ノートに手ぬぐい生地を貼り付ける。
④のりしろを紙で隠して完成!

①手ぬぐいにしるしをつけてカットする。

手ぬぐいはアイロンをかけておきます。

ノートを開いて縦と横のサイズを測ります。

このノートは縦が18.2センチ、横が25.5センチでした。

サイズを測ったら、縦はそのままの長さで横は上で測ったノートの幅に厚みをプラスして手ぬぐい生地にしるしをつけます。中心のしるしもつけておきます。

このノートの場合は縦18.2センチ、横は25.5センチに厚み7ミリをプラスして26.2センチの長方形になりました。

しるしをつけたら周囲に1.5センチののりしろをつけて、手ぬぐいをカットします。

②背の部分を処理する。

上下ともに中心のしるしから左右1㎝を測ります。

のりしろの部分に写真のようにしるしをつけます。

しるしをつけたところにハサミで切り込みを入れます。2か所に切り込みが入ります。

2本の切り込みの間に両面テープを貼ります。

剥離紙を剥がして本体側に折ります。

下も同じようにしるしをつけて切り込みを入れます。両面テープを貼って本体側に折ります。

③布とノートを接着する。

中心に両面テープを貼ります。(両面テープの幅にもよりますが、1.5センチ幅の両面テープを2列貼りました。

両面テープの剥離紙を剥がして、ノートの左端を手ぬぐい生地の中心に合わせて置きます。

ノートの左側を押さえて、手ぬぐい生地とノートを接着させます。

次に左側の手ぬぐい生地をノートの上に被せます。

被せたら左端を押さえて、手ぬぐい生地と両面テープを接着させます。

ノートを開いて表紙の裏の左端に両面テープを貼ります。

剥離紙を剥がして、左端の手ぬぐい生地(のりしろ)を右側に折って接着します。

この時に少し引っ張りながら貼るときれいに貼ることができます。

表紙裏の上下にも両面テープを貼ります。

上下の手ぬぐい生地(のりしろ)も少し引っ張りながら折って貼ります。

裏表紙も同じように貼ります。

④のりしろを隠す。

表紙の裏です。

のりしろが見えていてこのままでは見栄えがよくないので、紙を貼ってのりしろを隠します。

角のほつれが気になる場合は、ここで赤い四角で囲った部分にボンドを薄く塗っておくといいです。

紙を表紙の大きさより縦横とも5~6ミリくらい短くカットします。

両面テープを貼ります。

剥離紙を剥がして紙を表紙の裏に貼ります。

これでのりしろが見えなくなりすっきりしました。

裏表紙も同じようにします。

完成です!

いかがでしたか?

100均手ぬぐいで作る♪布張りノートの作り方をご紹介しましたがいかがでしたか?
普段使いのノートも100均の手ぬぐい生地を貼るだけで、雑貨屋さんにあるようなかわいい布張りノートになりました♪
手ぬぐいを切って両面テープでノートに貼るだけなので工作感覚で簡単に作れます。手も汚れないので、お子さんと一緒に作ってもいいですね。
ぜひお気に入りの100均の手ぬぐいで布張りノートを作ってみてくださいね。

元記事で読む