1. トップ
  2. ダイエット
  3. もも裏セルライトは老けて見られる?今から美脚を手に入れるための方法は

もも裏セルライトは老けて見られる?今から美脚を手に入れるための方法は

  • 2020.6.29
  • 38581 views

もも裏セルライトの存在は気持ちをネガティブに…

これからの季節は薄着になる機会も多いですが、太ももの裏にボコボコしたセルライトが浮いた下半身で人前に出るのは何だか恥ずかしい気持ちになりますよね。筋肉のたるみに加え、表面がシワシワにも見えて「なんだか老けたみたい…」と、見つけた時のショックは大きいもの。セルライトはダイエットや筋トレをしてもなかなか落ちにくく、細い人であっても現れるのが厄介なところ。水着を着て海やプールに行けない、恋人にも脚を見られたくない…なんて事にもなりかねません。

セルライトはなぜできる?

セルライトは肥大化した脂肪細胞に老廃物が蓄積し、皮膚表面に凹凸として現れてくるもの。運動不足、脂肪過多の食生活、冷え、自律神経の乱れ、加齢などによって血行が悪くなり、リンパの流れも滞ることで起こります。そのため肥満が直接の原因とはいえず、たとえ痩せている人だったとしても起こり得ます。

セルライトのボコボコが解消されることで得られる嬉しい効果3つ

1.脚が若返り、美脚になれる

2.血行が良くなる

3.自分に自信を取り戻せる

セルライトが目立たなくなれば脚の見た目年齢を下げることができます。自分の脚を他人に見られるのが恥ずかしいという気持ちもなくなり、自信も取り戻せます。また、セルライトが目立たない脚というのは血流がいい状態でもあり、これまで悩まされていたむくみ解消に効果があります。

セルライトを増やさないために日常生活で気をつけるべきこと5つ

1.食事は脂肪過多、塩分多めにならないよう気をつける

ケーキ、スナック、ファーストフード、揚げ物、お肉の脂身、さらに塩分が多めの食事などはセルライトを増やす要因になります。そのためなるべくこれらの食品を控えるようにしましょう。カリウムは余分な水分や塩分を体外に排出する効果があります。普段脂肪や塩分が多めな食生活の人は、バナナや魚類、海藻類などカリウムが含まれる食事を取り入れてみて。また、レバー、豚肉、玄米などに含まれるビタミンB群や、豆腐、納豆、肉、魚、卵に含まれるタンパク質をとることも代謝アップにつながり、太りにくい体をつくるのにとても大切です。

2.お水は1日1.5リットル飲む

汗や尿で老廃物を流し、代謝をうながすためにお水を飲むことは欠かせません。1日にだいたい1.5リットルくらいを目安に飲むようにしましょう。飲み方も一気にではなく、少量ずつをこまめに飲むようにして、体内に必要な水分が常に失われないようにします。これからの季節は冷たいお水を飲みたくなりますが、体の冷えにつながるため常温のお水か、温めて飲むのをおすすめします。

3.シャワーで済まさずお風呂でしっかり温まる

これからの夏の時期はとくに熱いお風呂に入るのが面倒になり、簡単にシャワーで済ませてしまいがちになりますが、血行をよくするためにも湯船にしっかり浸かって体を温めるようにしましょう。おすすめは38度くらいの温度での半身浴。体内の老廃物が流れやすくなり、筋肉もゆるみやすくなるため、その後のマッサージの効果も高めてくれます。

4.ストレスは溜め込まず発散を

ストレスは自律神経を乱し、代謝も悪くする原因の1つです。生活リズムの乱れや睡眠不足はストレスを増加させてしまうことにもつながりますので、毎日規則正しい生活を心がけ、良質な睡眠をとるようにしましょう。息が詰まるなと感じたら深呼吸をしてみたり、何も考えなくていい時間を過ごしたり、瞑想してみたりなどして心が軽やかでいられる時間を意識的につくるようにしましょう。

5.適度な運動を心がける

セルライトはその部分の筋肉が日ごろ使えていないために起こります。血行不良や脂肪の蓄積を防ぐためにも、軽い有酸素運動、ヨガや筋トレなどで日ごろから筋肉を動かすようにしましょう。運動することによって筋肉がほぐれ、リンパの流れが良くなり老廃物を溜めにくくします。

すでにできてしまったセルライトを除去する方法

毎日お風呂上がりに老廃物を流すマッサージを!

セルライトは老廃物がそこに溜まっている状態です。リンパの流れや血行が悪く、老廃物がどんどん蓄積することであのボコボコを引き起こします。これを解消するには、しっかりとマッサージして老廃物を押し流すことが大切です。しかしながら、ももの裏側にセルライトがあるからといって、ももだけをマッサージすればいいというわけではなく、足先や足首、ふくらはぎも血液を循環させるのには欠かせない場所のため、血流が滞りやすい下半身全体を手でしっかり揉みほぐしていきましょう。マッサージは血行が良くなっているお風呂上がりにやるのがおすすめです。美容オイルやクリームをつけながら行えば摩擦も少なく、肌もなめらかになります。

時間に余裕はなくてもケアはちゃんと行いたいという人には、こちらの時短マッサージ法が参考になるかも。

千波*美容家 dietメンタルコーチ(@chinami19880612)がシェアした投稿 - 2019年 8月月6日午前3時22分PDT

この投稿をInstagramで見る
自重トレーニングで美脚に導く筋肉を鍛えよう!

マッサージと合わせてやったほうがいいのがセルライトになりやすい弱くなりがちな筋肉を鍛えていくトレーニングです。もも裏を若返らせ美脚に導くためには、お尻にある大臀筋や中臀筋、ももの裏側のハムストリングスという筋肉に特にアプローチしていくといいでしょう。

今回は2つともピラティスを使った美脚エクササイズ動画を紹介します!どちらも初心者の方でも負担なく行えるものです。

【美脚のためのお尻に効かせるエクササイズ動画

【引き締まったもも裏のためのエクササイズ動画】

まとめ

いかがでしたか?今回は女性が最も気にする部位であるもも裏のセルライトの解消法について紹介しました。食生活の見直しと運動不足解消、そしてリンパマッサージや筋肉量アップでセルライトが浮き出ない脚を目指せます。美脚を手に入れて若々しさを取り戻しませんか?

ライター/君嶋瑠里
ヨガインストラクター(RYT200)/F-Rピラティスインストラクター(BI) 日常に活かせるヨガ、健康的な体づくりのためのピラティスをテーマに実践中。ヨガスタジオ、ホットヨガスタジオ、スポーツクラブ、公共施設にてヨガやピラティス指導のかたわら、現在ストレッチトレーナーを目指して勉強中。Instagram:@ruripirarucu

元記事で読む