1. トップ
  2. おでかけ
  3. 世界初!乗れるエヴァ、京都に降臨 東映太秦映画村にオープン

世界初!乗れるエヴァ、京都に降臨 東映太秦映画村にオープン

  • 2020.6.30
  • 1477 views

世界で初めてエヴァンゲリオンに乗ることができる新アトラクション「エヴァンゲリオン京都基地」が、東映太秦映画村に10月3日にグランドオープンする。

東映太秦映画村に登場するのは、LCL(エントリープラグの中に注水される液体)のプールから上半身をのぞかせた高さ15mのエヴァンゲリオン初号機。新アトラクションはこの初号機のエントリープラグ(コックピット)と手の平に乗ることができる、体感型かつフォトジェニックなアトラクション。エヴァンゲリオンに“乗る”ことができるアトラクションは世界で初となる。

エントリープラグ搭乗者は、搭乗ゲートより入場後、様々な角度からパイロットとしての適性を検査。最後にエントリープラグに乗り込みコントロールレバーを握れば、あなたのシンクロ率も測定可能。

そしてエントリープラグ、エヴァの手の平のほかにも、エヴァンゲリオン京都基地には多数のフォトスポットが。世界でここでしか撮れない写真を撮影して楽しめる。

アトラクション・ストーリー

京都に使徒反応! 特務機関NERVは「第3新京都市支部」を設立、太秦の地に「エヴァンゲリオン京都基地」を建設した。新しいパイロットを必要とするNERVは、新規パイロットの公募を決定。応募者は様々な適性検査を経てシンクロ率を測定、初号機エントリープラグの搭乗テストを受けてもらう。求む、シン・パイロット!

なお、グランドオープンに先立ち、8月1日(土)から1日限定120名でプレミアム先行体験が実施予定となっている。

「エヴァンゲリオン京都基地」は10月3日(土)より東映太秦映画村(京都市右京区)にグランドオープン。

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は近日公開。

元記事で読む