1. トップ
  2. グルメ
  3. 「グランポレール 安曇野池田ヴィンヤード」から新ヴィンテージ2品が登場

「グランポレール 安曇野池田ヴィンヤード」から新ヴィンテージ2品が登場

  • 2020.6.28
  • 426 views

サッポロビールの「グランポレール 安曇野池田ヴィンヤード」シリーズから、「グランポレール安曇野池田 シラー 2016」と「グランポレール 安曇野池田 メルロー 2017」が、6月30日(月)より全国で数量限定発売される。

安曇野池田ヴィンヤード

サッポロビールの自社畑である「安曇野池田ヴィンヤード」は、2010年の植栽開始以降、年々樹齢が上がるとともにその品質が着実に向上。2020年のSAKURAワインアワードでは、同シリーズの商品がゴールド賞を受賞している。

スパイシーな香り&豊かで滑らかなタンニン

今回発売の新ヴィンテージ2品は、グランポレールのフラッグシップと位置付けるシリーズで、単一畑の個性を活かした最高品質のぶどうから製造されたもの。

「グランポレール 安曇野池田 シラー 2016」5000円(税別)は、2016年の後半に日照に恵まれたために収穫できた、深みのある良質なぶどうを使った赤ワイン。黒胡椒のようなスパイシーな香りと、果実の成熟を感じさせる豊かで滑らかなタンニンを楽しむことができる。

ベリーの香り&柔らかく緻密なタンニン

「グランポレール 安曇野池田 メルロー 2017」4000円(税別)は、成熟期である8・9月の気温が低めで、9月に日照に恵まれたことでできた、熟度が高く適度に酸味のあるぶどうを使用した赤ワイン。果実由来のベリーの香りと上品な樽香が良く調和した、メルローらしい柔らかく緻密なタンニンが堪能できる。

「グランポレール 安曇野池田 シラー 2016」「グランポレール 安曇野池田 メルロー 2017」のアルコール分はいずれも13%。

情熱ある栽培者が育てた良質なぶどうと、高い技術をもった熟練の醸造家が造り上げた渾身の新ヴィンテージを、おうち時間でゆったり楽しんで!

元記事で読む