タレ乳になんてさせない!バストを支える「クーパー靭帯」を伸ばさないポイント3つ

年齢によって胸がたれてしまうのは仕方のないことだけど、できるだけ張りのあるバストでいたいですよね。実は胸がタレる原因には「クーパー靭帯」という名の靭帯が大きく関わっているって知っていましたか? クーパー靭帯を守るために「胸元を締め付けない」「ストレスを溜めない」「お風呂にゆっくり浸かる」が美バストをキープする秘訣のようですよ。

■胸がタレるのは「クーパー靭帯」が原因

バストを丸い形で保つために重要なのが「クーパー靭帯」というコラーゲンを主成分とした硬い結合組織。バストには筋肉がないため、このクーパー靭帯が、乳腺組織と脂肪組織をまとめ、バストを支えているのです。

しかしながら、加齢により身体の組織全体がゆるんでしまうとクーパー靭帯もつられて伸びてしまいます。クーパー靭帯の主成分はコラーゲンですから、一度伸びたり切れたりすると、元の状態に復元するのは不可能。したがって、年齢を重ねるごとにバストが下がってしまうのは避けられないのです……。

■クーパー靭帯を守るポイント3つ

クーパー靭帯だけを鍛えることはできないの? と思うかもしれませんが、これがなかなか難しいのです。それよりも、まずは少しでもエイジングを滞らせることに力を入れた方が近道です。

(1)胸もとを締め付けない

血流をスムーズにすることで酸素や栄養が行き届くという原理からすると、キツいブラジャーや締め付けのある服装は、胸の血管のことを思うと好ましくありません。「谷間」を作るタイプのものよりも、胸の形に合ったブラジャーを身につけることが長期的に考えると胸にとっても良いのです。

(2)ストレスを溜めない

ストレスは自律神経が乱れてしまう大きな要因。自律神経が乱れると血流が滞ってしまうからこそ、数多くの血管が通っている胸にも悪影響を起こしてしまうと考えられています。血管からクーパー靭帯への栄養をたっぷり届けるためにも、日々リラックスを心がけて。

(3)お風呂にゆっくり浸かる

血流を良くするためにも一番てっとり早く効果的なのは、お風呂にゆっくり浸かること。さらに胸の血流を良くするためにも、お風呂に浸かりながら胸を優しくマッサージするのも良いかもしれませんね。

残念ながらクーパー靭帯を鍛える手立ては無いからこそ、少しでもダメージから守ってあげたいものですよね。

(前田紀至子)

元記事を読む
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理