1. トップ
  2. スキンケア
  3. 美白・柔肌・毛穴引き締め……高機能の逸品だけ!【ベスコス2020上半期 乳液・クリーム部門】

美白・柔肌・毛穴引き締め……高機能の逸品だけ!【ベスコス2020上半期 乳液・クリーム部門】

  • 2020.6.27
  • 2535 views

ベストコスメ特設ページはこちら!

2020上半期ベストコスメ

乳液・クリーム部門◆3位

オバジ オバジC セラムゲル 80g ¥4000/ロート製薬

オバジ オバジC セラムゲル
オバジ オバジC セラムゲル
164点 /400点
164点 /400点
ビタミンCの威力を堪能できる1ステップケアの決定版!

昨年の賞レースで圧倒的強さを誇ったオバジCの新作は多機能ジェル。毛穴悩みからキメ、ハリ、くすみ、大人ニキビまでマルチに効くビタミンCの強みを最大限に活かすべく、ビタミンCの浸透量を約6倍に高めるナノファイバージェル®を採用。潤いニーズにもこたえ、手軽>効果で選びがちなオールインワンのイメージを全面的に覆す。

オバジ オバジC セラムゲル
オバジ オバジC セラムゲル

ミルキーな肌あたりでなめらか

小林ひろ美
小林ひろ美

「実力派オールインワン! オバジならではの毛穴引き締め効果もあり、コスパ最高です」

楢﨑裕美
楢﨑裕美

「ちゅるっとした質感であと肌もなめらか、と快適に使うだけで確かなビタミンCケアまで!」

乳液・クリーム部門◆2位

ディオール カプチュール トータル セル ENGY クリーム 50ml ¥13000/パルファン・クリスチャン・ディオール

ディオール カプチュール トータル セル ENGY クリーム
ディオール カプチュール トータル セル ENGY クリーム
235点 /400点
235点 /400点
心地よくとろけて幹細胞ケア! ふっくらパーンな柔肌が復活

幹細胞の潜在的なエネルギーを高めることで、加齢により衰えた肌の再生力を取り戻すクリームは、素早く肌に溶け込むみずみずしいテクスチャーが魅力。さらにバイオ発酵で生成されたセラミドや、オメガ3、6、9などを豊富に含む植物性オイルなどにより、若い頃のしなやかさと勢いを彷彿とさせる肌に。

ディオール カプチュール トータル セル ENGY クリーム
ディオール カプチュール トータル セル ENGY クリーム

するっとほどけて軽やかに浸透

安倍佐和子
安倍佐和子

「とろけるようになめらかな感触で、潤いとハリ弾力など“美肌の素”が注入できる傑作」

水井真理子
水井真理子

「瞬く間に肌と一体化するテクスチャーのこだわりと、なじんだ後の均一な輝きを感じる逸品」

乳液・クリーム部門◆1位

エスト エストG.P. エンリッチドセラム ホワイトニング〈医薬部外品〉80g ¥12000

エスト エストG.P. エンリッチドセラム ホワイトニング
エスト エストG.P. エンリッチドセラム ホワイトニング
289点 /400点
289点 /400点
激アツなオートファジー美白を搭載したハイスペックな美容乳液

シミ部位は細胞の浄化システムであるオートファジー機能がイマイチ→メラニンを分解しきれずに蓄積→さらにオートファジー機能が低下、という負のスパイラルを断ち切るハイパーな乳液が堂々の1位。肌自体に備わる機能を高めることで美白肌をゆるぎないものとし、同時にエイジングケアまで行い、漲るハリまでもゲットできる!

エスト エストG.P. エンリッチドセラム ホワイトニング
エスト エストG.P. エンリッチドセラム ホワイトニング

こっくり濃密。香りは華やか!

岡部美代治
岡部美代治

「エマルジョンベースゆえの贅沢な潤いと弾力あるハリ感、美白訴求のみにはとどまらない肌の手応えに確実なテクノロジーの進化を感じる」

入江信子
入江信子

「トロンとなじみ込み、これ一本でクリアさもふっくら感も! 肌自身のメラニン分解システムを高めるという考え方も無理なく自然」

丸岡彩子
丸岡彩子

「じっくり美白に取り組むのにふさわしい一品。肌の“美白力”をトレーニングしてくれるような使用感。春夏だけじゃなく、一年中使っていいと思う」


対象コスメ:2020年1~6月発売のコスメ、全部!(ただし、限定品は除く)
審査員:60名
選考方法:ジャーナリスト、スペシャリスト、エディター、ライター、VOCE編集部員はスキンケア部門(11)、メイク部門(16)のすべて、ヘアメイクアップアーティストはメイク部門(16)のみ、対象コスメを審査。1品につき10点満点で投票を行ったうえで合計点を算出し、各部門賞を決定。さらに各部門1位をリスト化し、審査員はあらためて今期を象徴する優秀なコスメを、スキンケア部門、メイク部門から各2品ずつ投票。投票した審査員の合計人数で最優秀賞、優秀賞を決定。

撮影/吉田健一、伊藤泰寛 スタイリング/坂下シホ 取材・文/中川知春、楢﨑裕美、穴沢玲子 構成/河津美咲、渡辺瑛美子

元記事で読む