1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 13畳LDKのレイアウト特集!《長方形・正方形・L字》インテリアをご紹介

13畳LDKのレイアウト特集!《長方形・正方形・L字》インテリアをご紹介

  • 2020.6.27
  • 161568 views

13畳LDKのレイアウト術をご紹介

13畳のLDKにダイニングテーブルやソファなどの大きな家具や小物などを置いてみると、圧迫感がある空間になってしまったり動線が悪くなってしまったりすることがあります。

そういう場合は、家具をどこにおくのか、レイアウトを工夫してみると改善されることがありますよ。今回は、13畳LDKのレイアウト術についてご紹介します。

13畳長方形LDKのレイアウト

仕切った13畳LDKレイアウト

13畳長方形LDKでは、リビングスペースとダイニングスペースをソファで区切るインテリアコーディネートが多く、参考にもしやすいレイアウト術。

ソファを使ったレイアウト術はどんな間取りでも真似しやすく、区切ってメリハリのある空間にしたい場合におすすめです。

ナチュラルカラーでまとめたインテリアも、落ち着いた雰囲気でリラックスできます。

ソファを置かない13畳LDKレイアウト

ソファで区切るインテリアコーディネートも多いですが、ソファを置かないことで空間を広々と使うレイアウト術も人気です。

大きな家具を配置しないことで、圧迫感のない13畳長方形LDKが作りやすくなります。

家具の配置を少なめにすることで床が見える範囲が広がり、LDKを広く見せるインテリアコーディネートもポイントですよ。

省スペースの13畳LDKレイアウト

ダイニングテーブルをキッチンカウンター近くに平行に配置することで、省スペースのダイニングスペースとなり、リビングスペースを広く使えます。

キッチンとダイニングテーブルが近い配置のため、料理を運ぶのも楽になりますよ。

チェアの脚が細いとすっきりとした印象となり、洗練されたおしゃれな空間にぴったりな家具です。

ラグで仕切る13畳LDKレイアウト

13畳長方形LDKをソファで仕切るレイアウト術もありますが、ラグを使ってスペースを仕切るレイアウト術もあります。

ソファなど大きめの家具で仕切らないインテリアコーディネートがいい場合は、ラグを上手に活用するのがおすすめです。

ラグの柄や色でもインテリアテイストが変化し、ヴィンテージラグを敷くとおしゃれな北欧ヴィンテージ風の13畳LDKになります。

奥行がある13畳LDKレイアウト

ソファを窓や壁側に配置して中心に家具を置かない13畳長方形LDKは、すっきりとしているので奥行きがある空間が作れます。

動線の確保がしやすく、移動しやすいのが魅力的のLDKレイアウト術です。

また、ソファとダイニングテーブルが平行に置かれているのも奥行を感じさせやすいポイント!

淡い色でまとめたインテリアコーディネートも、LDKを明るく見せてくれます。

モノトーンの13畳LDKレイアウト

人気のモノトーンインテリアの13畳長方形LDKレイアウト。

白を基調としつつ黒で引き締めることでおしゃれでスタイリッシュなインテリアコーディネートになっています。

家具は壁際に配置することで、すっきりとしていて広く見せることができます。

背が低かったりスリムだったりする家具を配置するのも、お部屋を広く見せる重要なポイントです。

丸テーブルを置いた13畳LDKレイアウト

大きなダイニングテーブルは場所を取るため、圧迫感が少ない丸テーブルを配置した13畳長方形LDKレイアウト術です。

小さなダイニングテーブルのため、すっきりとしていてカフェのようなおしゃれなインテリアコーディネートになりますね。

また、キッチンに平行になるように置くことで動線がわかりやすく、広々として見えるシンプルなインテリアです。

13畳正方形LDKのレイアウト

テーブルなしの13畳LDKレイアウト

リビングにテーブルを置いているおうちも多いですが、13畳正方形LDKならテーブルを配置しないインテリアコーディネートもあります。

リビングテーブルを置かないかわりに小さめのキャスターつきのテーブルを置くと、飲みものやリモコンなどを置いておくのに便利になりますよ。

ライトの長さもお部屋を広く見せる重要なところです。

カフェのような13畳LDKレイアウト

窓際にダイニングテーブルを寄せた13畳LDKレイアウトは、おしゃれなカフェのようなインテリアコーディネートを作りたい方におすすめです。

窓際に寄せることで食卓が明るくなるというメリットもあります。

家具は背が低めのものを選びつつ、ものを少なくすっきりとした空間ながらもリースなどを取り入れることでワンポイントになりおしゃれです。

シャビーな13畳LDKレイアウト

シャビーなインテリアコーディネートが素敵な13畳正方形LDKです。

背が低い家具でまとめつつ、壁に小物を飾ることで目線が高いところに誘導できます。

淡い色を基調としつつ、ナチュラルなアイテムも取り入れているためやさしい雰囲気のインテリアとなりますよ。

種類が異なるダイニングチェアを並べても、同系色でまとめることで統一感も演出しやすいです。

ディスプレイができる13畳LDKレイアウト

13畳正方形LDKだと、ディスプレイスペースをどこに取り入れるかが悩みどころです。

そこで、キッチンカウンター下に棚を置き、グリーンなど小物を置いてディスプレイスペースとして活用するレイアウト術もあります。

また、キッチンカウンター下にラックなどを配置して無駄なく使うことで、13畳LDKを広々と使えますよ。

L字ソファを置いた13畳LDKレイアウト

L字ソファは空間を仕切りやすく開放的な空間を作りやすいのでLDKにもおすすめの家具です。

淡い色でまとめた13畳正方形LDKに暗色のL字ソファを配置することで、メリハリがあって落ち着いた空間になります。

また、ソファが大きめの場合は背が低く小さめのテーブルをチョイスすることで、バランスのいいインテリアコーディネートになります。

圧迫感が少ない13畳LDKレイアウト

ソファを壁際に寄せた13畳正方形LDKレイアウトですが、テーブル類の脚が細いデザインのためすっきりとして見えます。

ナチュラルカラーなどやわらかい色の家具でまとめたインテリアコーディネートのため、圧迫感が少なくやさしい雰囲気にしたいときにおすすめ。

背が低い家具でまとめつつ、壁の高い位置にポスターなどを飾ればアクセントとなり、バランスもいいですね。

ナチュラルな13畳LDKレイアウト

キッチンカウンターにチェアを設置して対面式にするのも素敵ですが、ソファを配置してスペースを広々と使うレイアウトも素敵です。

キッチンカウンター下にソファがすっきり収まっていて無駄がありません。

ソファと壁の間にかごを置いたりソファ横に絵本ラックを配置したりと、小さめの収納アイテムを設置したインテリアコーディネート。

収納力も高く、片づけもしやすいです。

13畳L字LDKのレイアウト

高さにメリハリがある13畳LDKレイアウト

L字のLDKは、ダイニングスペースとリビングスペースを分けやすく家具の配置も考えやすいタイプです。

こちらの13畳のL字LDKでは、やさしいカラーの家具でまとめられたインテリアのため、清潔感があり広く見せることができます。

背が低い家具の中に、背が高い植物を1つレイアウトすることで、高さにメリハリがあるインテリアコーディネートとなり、洗練された空間になります。

動線がわかりやすい13畳LDKレイアウト

13畳のL字LDKでは、幅が取るものを置いてしまうと動線が悪くなってしまう場合があります。

そのため、テレビやテレビ台などの家具はスリムなものを配置するのがおすすめです。

テレビは壁にかけるタイプのものにすると、動線の邪魔にならないうえに掃除もしやすくなるというメリットがあるのでおすすめです。

カウンターを利用した13畳LDKレイアウト

13畳のL字LDKでは、大きいダイニングテーブルを置くとスペースを取り圧迫感がある配置になってしまう場合も。

キッチンカウンターにチェアを設置してキッチンカウンターをテーブルとして活用すると、人が集まったときでも食事スペースが確保できますよ。

また、丸みを帯びたテーブルは圧迫感を少なくしてくれるので、広さを意識した空間にしたいときにおすすめの家具です。

色を工夫した13畳LDKレイアウト

シンプルモダンインテリアの13畳LDKレイアウトは、上品で落ち着いた雰囲気が素敵です。

LDKを広く見せるには家具の配置も重要ですが、色の使い方も大切なポイントなんですよ。

白を基調とすると、広さを意識した空間を作ることができます。

また、暗い色のテーブルやテレビ台を配置することで、色のメリハリがついて空間が引き締まりおしゃれです。

家具の小さな13畳LDKレイアウト

13畳のL字LDKを広く見せたい場合は、家具は小さめのものを配置すると広々とした空間に見えます。

小さめのダイニングテーブルをキッチン横に配置すれば、直線を邪魔するものがなく奥行がある空間に見えるのがポイントです。

また、ナチュラルカラーの家具はお部屋を広く見せてくれるため、テーブルなどはナチュラルカラーのものを選択するのもおすすめですよ。

ナチュラルな13畳LDKレイアウト

やさしい雰囲気が素敵なナチュラルカントリーインテリアの13畳のL字LDKです。

小さなキッチンカウンターは手作り家具で、ソファ横に置くことで仕切り代わりにもなり空間にメリハリが生まれます。

マンションや賃貸などで広さがない場合は、13畳のLDKに合う家具を揃えてインテリアコーディネートするのもいいですね。

背が低い家具でまとめているのも広く見せるポイントです。

13畳LDKのレイアウトまとめ

13畳LDKは、レイアウトを工夫することで実際の空間よりも広々を見せることができます。

家具の配置や色、サイズを意識してインテリアコーディネートすれば、おしゃれで素敵な13畳LDKとなりますよ。今回ご紹介した13畳LDKレイアウトを参考にして、家族が過ごしやすい13畳LDKを作ってみてください。

元記事で読む